TOP > MakMaxプラス > 【食品・電子材料業界注目!】湿気、酸素などをシャットアウト!する方法とは?
コンテナーバッグ・低温流通管理資材
2017/03/31

【食品・電子材料業界注目!】湿気、酸素などをシャットアウト!する方法とは?

串田圭
MakMaxプラス

せっかく充填したのに中身が変質しまう!という事態は、絶対避けないといけませんよね。

たとえば、コンタミ(異物)。きれいなバッグ、ほつれの少ない提案など色々手段があります。

では、湿度であったり、酸素などのガスに触れ、固まったり、変質してしまう場合は、どうしたらよいでしょうか?

1.カバーをする。

各種カバーを扱っています。

2.気密性の高いバッグを選ぶ

ミシンで縫製しない、高周波溶着タイプ=ランニング1種はいかがでしょうか?
各種汚染土壌などにも実績多数!

3.いやいや、もっと高い気密性がいるんだ!

いやいや、もっと高い機密性がいる、というお客様。
特殊内袋はいかがでしょう?
アルミ内袋はいかがでしょうか?


湿気バリア、ガスバリア機能が最も優秀!
普通のポリエチレンの袋では実現不可能な性能を持っています。

これまで電池材料、食品原料など、シビアな内容物向けに提案、問題解決をしてきました。
最近また問い合わせが増えています。

よくスナック菓子に使われるようなアルミ蒸着タイプよりも、さらに機能の優れたアルミ泊タイプもございます。

データ提供、仕様打ち合わせなど、ぜひお問い合わせください!
お問い合わせはこちらから!

合わせてこの記事も読まれています。

>>>コールドチェーン物流が最適化‼︎真空断熱材を使用した高性能の業務用保冷ボックス
>>>あったらいいな!を形にしました!!フレコン(タイコン)等の身近なヒヤリ・・・を解決しませんか?
>>>視認性(色分け)ってご存知ですか?
>>>飼料用米の保管手段の低コスト化研究報告

 


物流システムカンパニー
東京営業課
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-16
電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
カタログご請求
お電話でのお問合せ
東京:03-3714-3311
メールでのお問合せ カタログご請求
(紙カタログ)
資料請求フォーム

関連記事