TOP > MakMaxプラス > 地震による天井脱落を未然に防ぐ!最新の耐震天井をご紹介
天井
2019/08/09

地震による天井脱落を未然に防ぐ!最新の耐震天井をご紹介

高谷裕美
MakMaxプラス

大きな地震が発生したとき、建物の中で特に大きな被害をもたらす危険性がある部材が「天井」です。

東日本大震災の九段会館の事故のように、天井が脱落することで下にいる人がケガをしたり、最悪の場合亡くなってしまったりするケースが多くあります。

また、政府・地震調査委員会が平成30年6月に公表した「全国地震動予測地図2018年版」によると、今後30年以内に震度6弱以上の大きな地震が発生する確率は、横浜市、千葉市では80%を超えています。東京、大阪、神戸、埼玉でも50%前後の確率とされています。

建物の安全性を守るため、地震発生時の天井脱落の危険性と、その対策、さらに各社の事例についてご紹介します。

 

地震発生時における天井脱落の危険性とは

大型の建物では、天井に「吊り天井」という構造が多く用いられています。屋根裏にあたる部分から金属ボルトなどで格子状の枠を吊り下げ、そこに天井材を張り付けるのが吊り天井です。

天井裏のスペースを活用して様々な機能を持たせられるメリットがある一方、細い金属で重い天井材をぶら下げる構造のため、地震の揺れに対して弱く、建物の構造によっては天井脱落の危険性があります。

東日本大震災において天井脱落による被害が大きかったことを受けて、政府は吊り天井に対して新たに安全基準を設けました。

吊り天井を「軽くする」か、「脱落しないように補強する」ことを求めたのです。このうち、天井材が落ちないよう補強することでも天井脱落のリスクを小さくすることはできますが、かえって危険性が増しているという見方もあります。万が一、天井が脱落した場合、補強材の分の重量が増しているためインパクトが大きくなるからです。

 

天井脱落対策として新たに設けられた安全基準と特定天井について

政府が新たな安全基準を求めた吊り天井のことを「特定天井」といいます。特定天井とは「脱落によって重大な危害を生ずるおそれがある天井」のことで、次のすべてに該当するものが、これにあたります。

  • 吊り天井(直天井は特定天井に該当しない)
  • 天井の高さ:6m超 •面積:200㎡超
  • 質量:2kg/㎡超
  • 人が日常利用する場所に設置されている

特定天井について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「特定天井」の基本を徹底解説、建築士が抑えるべきルートとは?!

新築・既存を問わず、建物の天井が特定天井に該当する場合、新たに定められた安全基準を充たすよう証明するか、天井の構造を変更する必要があります。既存の建物の場合、改修となります。その方法が、上述の「軽くする」もしくは「脱落しないように補強する」です。特定天井の安全性の確認について、詳しくは下図をご覧ください。

 

各社による天井脱落対策・耐震天井の例

天井の脱落を避けるためにさらなる安全性が求められる中で、天井の施工に携わる各社から様々な提案が生まれています。

 

桐井製作所:耐震 Power天井

施設の用途に合わせた天井の耐震化ができる安全性の高い天井下地工法です。

引用:https://www.kirii.co.jp/products/ceiling/taishin-power.html

 

三洋工業:SZⅡ特定耐震天井

東北地方太平洋沖地震後、建築基準法の改訂により定められた「特定天井」の、最大震度数における脱落対策に対応した耐震天井です。

引用:http://www.sanyo-industries.co.jp/products/env/sz01_1.html

 

NIKKEI PANEL SYSTEM:耐震天井NEQRES® ネクレス

平成26年4月の建築基準法施行令改定に合わせ、新たな耐震基準の適合したパネル仕様の耐震天井。

引用:https://www.nikkeipanel.co.jp/products/earthquake-resistant/

 

OKUJU:耐震天井下地 OSシーリング

国土交通省告示“特定天井”に対応 【耐震天井下地部材】。大地震時における天井材の脱落被害に対する、天井下地補強対策“OSシーリング”です。

引用:https://premium.ipros.jp/okuju/product/detail/2000136312/

 

この他に、天井材の軽さを求めた商品も多く生まれています。軽量天井の事例紹介については、下記の記事おをご参照ください。

軽量天井とは?構造から特徴まで細かく解説

天井の脱落を防ぐ工法や天井材は多岐にわたり、日本の建物の地震に対する安全性は少しずつ高まってきています。選択肢は数えきれないほどありますが、数ある天井脱落対策のうち、特におすすめなのが「膜天井」を用いる方法です。

 

天井脱落のリスクを軽減する「膜天井」というソリューション

特定天井にも該当せず、万一の脱落時にもリスクを低減でき、独自のデザイン性を実現できる天井構造が膜天井です。

膜天井は、大空間であっても特定天井に該当せず、重い補強材も必要ないため高い安全性を持ちます。

軽い・柔らかい・強い、という特徴を持っており、吊り材が不要で、室面積や天井高さに制限されることなく大空間をデザインすることができます。

膜天井について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

膜天井とは:安全で快適。意匠性に富み、環境にも優しい、これからの天井です。

関連記事