TOP > MakMaxプラス > 元日本代表 大山加奈さんの指導で社員を活性化
News Release
2019/08/27

元日本代表 大山加奈さんの指導で社員を活性化

上田テツヤ
MakMaxプラス

~有名オリンピアンが掲げる「繫ぐ」バレーが、社員育成の現場で活躍~

2019年8月27日

<報道用資料>

太陽工業株式会社

 大型膜面構造物(テント構造物)などを手掛ける「膜や」の太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、「繫ぐ」をテーマに各種講演活動やバレーボールの普及に取り組む元日本代表 大山加奈さんをコーチに招き、バレーボールによる社員育成を全従業員に実施する事となりました。

 太陽工業が今回実施中の「バレーボールによる社員育成」は、アテネオリンピックでも活躍した元日本代表の大山加奈さんをコーチに招き、スタートした施策です。
 世界の厳しさを知り、かつその舞台で活躍してきたトップアスリートから直接指導を受ける事が狙いで、実際のビジネスにも通じる「繋ぐ」をテーマに、国内外の子会社も含めた当社の従業員約700名(39チーム)が、バレーボールの技術指導を通じて、チームとしての意識の在り方を学び、自ら行動する機会を提供しています。本施策は、昨年12月の大山加奈さんによる講演会から端を発し、4月より正式スタート、8月末の時点で北は北海道から南は九州福岡まで、計21回(15会場)の練習会が開催され、毎回、大山加奈さんが会場で直接指導をされました。
 今回の施策を通じて何ごとにも「自分ごと化」する精神とコミュニケーション能力を育んでもらうことを目指しており、各チームでも大山加奈さんが参加した練習会以外に、自主練習を企画・開催し、自発的な活動を継続中です。

 なお、「繫ぐ」をテーマに、1年近くにわたり続いた取り組みの集大成として、来る11月9日(土)、海外子会社の混成チームを含む当社、グループ会社の全選手が大阪府枚方市内の「パナソニックアリーナ」に集結、大山加奈さんも参加の下、「太陽杯争奪 太陽グループバレーボール大会」が盛大に開催されます。

 太陽工業株式会社は、「バレーボールによる社員育成」を通じて、大山加奈さんが掲げる「繫ぐ」意識を社内に浸透させ、企業の組織力強化を実現することで「社会のお困りごとを解決する企業」を目指していく所存です。

 


 

「バレーボールによる社員育成施策」の詳細

■バレーボールによる社員育成について

■導入までの経緯
太陽工業㈱の社長が大山加奈さん出演のテレビ番組を視聴、「繫ぐ」をテーマにチーム力を高める手法が企業の組織力強化に活かせると直感し、交渉を開始。「企業の社員教育」という異例の要請ではあったが、大山加奈さんの承諾を受け、挑戦する事となった。

■期待する効果
社員に、何ごとにも「自分ごと化」する精神とコミュニケーション能力が育まれる事を期待。

■競技ルールほか
コートサイズ=18m×9m、ネットの高さ=2m、使用球=ソフトバレーボール

■参加人数 
約700名、(太陽工業29チーム、グループ会社10チーム)

■練習形式
大山加奈さんを交えた公式練習会を最低1回(練習時間:90分)開催し、以降はチーム運営の中で各チームが会場確保や練習メニューの作成などを自主的に実践。

■「太陽杯争奪 太陽グループバレーボール大会」
開催予定日=11月9日(土)※10時開始予定 
会 場=パナソニックアリーナ (〒573-0091 大阪府枚方市菊丘南町2-10)
  ※当日のメディア取材も、ご要望に応じて臨機応変に対応いたします。



■大山加奈さんのプロフィール

■氏  名
大山 加奈(おおやま かな)、生年月日=1984年6月19日、出身地=東京都

■略  歴
小学校2年生からバレーボールを始め、小中高全ての年代で全国制覇を経験。高校卒業後は東レ・アローズ女子バレーボール部に入部した。
日本代表には高校在学中の2001年に初選出され、オリンピック・世界選手権・ワールドカップと三大大会すべての試合に出場。力強いスパイクを武器に「パワフルカナ」の愛称で親しまれ、日本を代表するプレーヤーとして活躍した。
2010年6月に現役を引退し、現在は全国での講演活動やバレーボール教室、解説、メディア出演など多方面で活躍しながら、スポーツ界やバレーボール界の発展に力を注ぐ。


大山加奈さん

■太陽工業株式会社について

■社  名
太陽工業株式会社、社長=荒木秀文、本社=東京・大阪の二本社制

■業  績 
連結売上=581億円(2018年12月期)

■略  歴
1922年創業のメーカーで、シートやフィルムなどの「膜素材」を駆使してさまざまな製品を展開している。その事業領域は建築、土木、物流業界と多岐にわたり、特に大型膜面構造物(テント構造物)の分野では、東京ドームの屋根や埼玉スタジアム2002のスタンド屋根をはじめ、各地の体育館や国内外の大型スポーツ施設の屋根を手掛けている。世界シェアナンバーワンを誇り、海外9か国に販売子会社を備える、グロバール企業でもある。

大山加奈さん指導による練習会の様子

■写真ダウンロード


報道用写真はこちらよりダウンロード頂けます。 


この件に関するお問合わせ先

太陽工業株式会社
コーポレートコミュニケーション(広報)担当:上田、高谷、丹羽(にわ) 電話:06-6306-3033

 

 

関連記事