TOP > MakMaxプラス > 土木 > 舗装・路面の補修材の選び方で確認すべき7つのポイント
土木
2020/07/27

舗装・路面の補修材の選び方で確認すべき7つのポイント

高谷裕美
MakMaxプラス

現在、我々の生活には道路は切っても切り離せないものとなっています。 その道路はコンクリートやアスファルトで舗装されており、安全でスムーズな通行の実現に役立っています。

また、道路だけでなく建物や広場、駐車場など多くの箇所がコンクリートやアスファルトによって舗装されています。 この舗装や路面自体は日々少しずつ損耗していくものです。損耗・破損した箇所は事故の原因にもなりかねないため、適切に補修しなくてはなりません。

補修に用いる補修材はどのような基準で選ぶべきなのでしょうか。 本稿では、舗装・路面の補修材の選び方のポイントについてご紹介していきます。 補修工事を検討中の方は、ご紹介するポイントをよく理解して、それぞれの目的にあった補修材選びの参考にしてみてください。

 

【目次】

1 舗装・路面とは
   舗装
   路面
2 舗装・路面の補修が必要となる理由
3 舗装・路面の補修方法の種類
   業者へ補修工事を依頼
   一般小売店からアスファルト補修材を購入
   補修会社からアスファルト補修材を購入
4 舗装・路面の補修方法が抱えている課題
   「業者への補修工事依頼」の課題
   「一般小売店からアスファルト補修材を購入」の課題
   「補修会社が販売している補修材」の課題
   補修材・補修方法全般の課題
5 舗装・路面の補修材を選ぶときに押さえるべき7つのポイント
6 7つすべてのポイントを押さえた優れた補修材「KFロードメンテN」
   施工がしやすい
   施工の自由度が高い
   硬化が早い
   各種物性値も良好
7 まとめ

 

舗装・路面とは

そもそも舗装・路面とはどういったものかをまずは簡単にご説明します。

舗装

舗装とは、道路の耐久力を増すために、その表面を石、煉瓦、コンクリート、アスファルト、砂利などで敷き固めることを指します。

 

路面

舗装された道路の表面そのもののことを指します。

 

舗装・路面の補修が必要となる理由

上述したように、舗装・路面は車の通行などにより日々損耗していき、いずれは破損による段差が生じてしまったり、老朽化していくものです。 道路や駐車場に生じた段差や破損などを放置しておくと下記のような事態に繋がります。

  • 車や自転車などの車輪が引っかかることで事故の原因となる
  • 排水がうまくされなくなってしまう
  • 本来荷重がかからない場所に負担がかかり構造物が破損する原因となる

このような事態を防ぐためにも、舗装・路面の補修は非常に重要です。 なお、舗装の耐用年数は、一般的なアスファルト舗装で約10年とされています。 この耐用年数を目安に補修などを検討しておくと良いでしょう。 また、舗装・路面の破損や損傷には下記のような様々な種類があります。 状況によって補修対応も変わってきますので覚えておくと良いでしょう。

  • ひび割れ
  • わだち掘れ
  • 縦断方向の凹凸(コルゲーション)
  • 寄り
  • くぼみ
  • 剥離
  • ポットホール
  • 段差

 

舗装・路面の補修方法の種類

実際に舗装・路面に破損や損傷が発生した場合の補修についてもいくつか方法があります。大きく分けて下記の3つの方法が挙げられます。

業者へ補修工事を依頼

専門の補修業者に依頼して、舗装・路面の補修工事を行ってもらう方法です。

 

一般小売店からアスファルト補修材を購入

ホームセンターや通販サイトでアスファルト補修材を購入することができます。 全般的に、販売されているものは低価格で、品質も価格に見合ったものです。

 

補修会社からアスファルト補修材を購入

中には、補修材を販売している補修会社もあります。 ホームセンターなどより価格は高いですが、その分、品質は信頼できます。

 

舗装・路面の補修方法が抱えている課題

上記3つの補修方法には、各々課題も少なからずあります。よく理解しないまま対応してしまわないよう、課題についても整理してください。

「業者への補修工事依頼」の課題

自身で対応しない分、当然に専門の事業者の手配が必要となります。 事業者によっては重機を使用する可能性もあるため、対応できるか事前に確認が必要です。工事作業を依頼することになるので、その分、費用もかさんでしまいます。

 

「一般小売店からアスファルト補修材を購入」の課題

小売店で販売されている補修材の多くは、あくまで仮設用の補修材のため、専門事業者が用いるものと比べて耐久面で劣ります。 陥没や破損も発生しやすいため、応急処置用であるといえるでしょう。

補修材の粒形が大きいため、凹凸が出てしまったり、勾配をつけにくい点なども難点です。 粒度が粗い補修材が多く、仕上がりも粗くなりがちです。

 

「補修会社が販売している補修材」の課題

小売店などで購入できる補修材に比べ、価格は3~4倍程度となってしまいます。 その反面、耐久性は高いものが多く、綺麗な仕上がりも期待できます。 但し、扱うためには一定の慣れは必要となるうえ、施工後は使用した器具をシンナーで洗う必要もあるなど、取り扱う上で注意すべき点もあります。

 

補修材・補修方法全般の課題

補修材全般として耐久性が低いものも少なくなく、そのような補修材は、ポットホール(局所的な円形状の破損)など破損が発生しやすくなるため注意が必要です。
また、素人による補修は処置が不十分になりがちで、補修材本来の耐久性を発揮できない傾向があります。
そういった場合は、補修業者にダンパーで舗装してもらう方が良いでしょう。 臭いが発生する補修材も多いため、近隣に考慮が必要な場所では選ぶ商品のニオイにも気を付けましょう。

 

舗装・路面の補修材を選ぶときに押さえるべき7つのポイント

次に、舗装・路面の補修材を数ある種類の中から選ぶために、基準とすべきポイントをご紹介します。 下記の7つのポイントを押さえて、失敗しない補修材選びを実現してください。

  1. 硬化が早い
  2. 硬化速度のバラ付きが少ない
  3. ニオイが少ない
  4. 取り扱い・左官が簡単
  5. 施工後の洗いも簡単
  6. 仕上りがキレイで段差が少ない
  7. 耐久性が高い

 

7つすべてのポイントを押さえた優れた補修材「KFロードメンテN」

上記の7つのポイントを満たしているオススメの補修材として、「KFロードメンテN」という補修材があります。 この優れた補修材の性能を具体的にご説明します。

 

施工がしやすい

KFロードメンテNは、非常に施工が簡単に行えます。 取り扱いやすさとしては以下のような点が挙げられます。

  • 粉体と樹脂が混ざりやすい(30秒程度で撹拌を完了できる)
  • 粘度が低く簡単に敷き均せる
  • コテにこびりつきにくい
  • 取り扱い・左官が簡単
  • 臭いが少ない
  • 水で簡単に洗える
  • 発生するゴミが少ない

 

施工の自由度が高い

KFロードメンテNは、施工の自由度が高く場所や状況を選ばない補修材です。 この汎用性の高さは他にはない魅力です。

  • 濡れた路面などでも施工が可能
  • 一度に10cm程度の厚みもつけることが可能で、深い補修箇所にも短時間で対応可能
  • 粒径が小さく滑らかな表面・斜面を形成できる

 

硬化が早い

道路の補修工事において、施工後にすぐ使用できるようにするために補修材の硬化時間の早さは重要です。 KFロードメンテNは硬化の早さも備えています。

  • 業界最短水準の硬化の早さで、40分以内で硬化完了(60分で通行も可能)
  • 施工可能温度は5~40℃と気候によらず施行が可能で、硬化時間も一定

 

各種物性値も良好

他社製品と比較しても、KFロードメンテNは各種物性値が高水準です。 これは端的に言えば耐久性が高いことを指しているので、優れた補修材と言えます。

  • 付着強度が高い
  • 圧縮強度が高い
  • 曲げ強度が高い
  • すべり抵抗値も一般的な車道比で高水準

 

まとめ

舗装・路面の老朽化や破損などは放っておくと非常に高リスクです。 事故などが発生しないようしっかりと管理し、必要な際には適切な補修を行えるように、本稿の内容を覚えておいてください。 また、今回ご紹介したKFロードメンテNは、様々な破損の種類にも対応できるので、補修工事をどうするか判断に迷われている方は、まずはお気軽に下記よりお問い合わせください。

>>お問い合わせはこちら

>>お求めはこちら(楽天市場)

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む