TOP > MakMaxプラス > 低温流通資材 > 保冷機能は当たり前。考えたいのは「コスト削減」
低温流通資材
2020/04/22

保冷機能は当たり前。考えたいのは「コスト削減」

高谷裕美
MakMaxプラス

食や医療の領域を中心にニーズが多様化し、国内外を問わず低温物流・定温物流のニーズは年々高まってきています。

その影響で、大手企業や大型輸送に限らず、小規模な法人や小型トラックでも質の高い低温物流・定温物流が求められるようになってきました。

運送において特に重要なのは効率であり、徹底したコストの管理が必要になります。そして、効率を大きく左右するのが、業務用保冷バッグの性能です。

保冷性能が高いだけでなく、優れた効率を実現するために、業務用保冷バッグに必要な要素を確認していきます。

この記事で、たくさんの保冷バッグから最適な商品を選ぶお手伝いができればと思います。

 

 

保冷性能は当たり前。考えたいのは「コスト削減」

保冷バッグの保冷性能が高いことは当たり前です。徹底して効率を求めるには、さらにプラスアルファの要素で商品を選ぶ必要があります。

求めるべきは、いかに「コスト削減」につながるか、ということです。

物流業界で課題となっているコストを把握して、その解決のために必要なポイントをチェックしていく必要があります。

 

低温物流・定温物流にかかるコストとは?

では、業界ではどのようなコストが課題となっているのでしょうか。 各種調査によれば、次のような点が、多くの企業を悩ませているようです。

医療用の保冷バッグを選ぶ際には、次の6つの点を確認するようにしましょう。

  • 「バッグの保冷性能が不十分だから、保冷剤や蓄冷剤が大量に必要になってしまう」
  • 「外形寸法のわりに内容量が小さく、バッグの積載効率が悪くなってしまう」
  • 「保冷バッグの耐久性が低く、頻繁に修繕や買い替えが必要になってしまう」
  • 「使っていない保冷バッグがスペースをとってしまい、ムダな輸送コストや保管コストがかかってしまう」

この記事をご覧のあなたは、いかがでしょうか。同じような悩みをお持ちであれば、それを解決する商品を以下で紹介します。

 

性能にも優れ、折り畳んで収納も可能な業務用保冷バッグは?

優れた商品の一例として、太陽工業社の「シーパックE(エコノミー)」をおすすめします。

「シーパックE(エコノミー)」は、高い保冷性能だけでなく、抜群の収納性を誇る点で他商品より優れているといえます。

以下のような特徴を持ち、様々な現場の課題を解決してくれています。

画像でも分かるように、未使用時にはコンパクトに折りたたむことが可能で、収納スペースを1/3まで削減できます。

輸送効率300%という表現をすると、その効果の大きさが分かりやすいと思います。大幅な輸送・管理コストのカットが可能です。


(組み立てた状態の「シーパックE(エコノミー)」)

(1/3のサイズまで折りたたんだ状態の「シーパックE(エコノミー)」)

これだけだと他の商品でも同様のものがありそうですが、さらに以下のようなプラスアルファの機能も備えており、圧倒的な効率を実現するのが「シーパックE(エコノミー)」の強さです。

  • 遮光性、断熱効果および耐久性が抜群。
  • 軽量のため、取り扱いが簡単で作業効率を高める。(CE-1型はなんとわずか1.1kg)
  • 材質がソフトで、緩衝材の役目を果たす。

さらに、地域配送や小型トラックにもおすすめできる理由として、他製品にない次のポイントも挙げられます。

  • 価格もリーズナブルであり、地域配送には特に最適。(CE-1型は一箱、13,392円)
  • 社名などの印刷や特別サイズのオーダー品でも、わずか30個から注文可能。

太陽工業社の「シーパックE(エコノミー)」のような商品であれば、小型の物流事業でも徹底してコスト効率を高めることができます。さらに詳しい情報をチェックしたいという方は、無料のカタログをご覧ください。
https://www.taiyokogyo.co.jp/catalog_privacy.html

 

まとめ

小型物流においても質の高いコールドチェーンが求められる今、業務用保冷バッグの性能がコストに直結し、大きく影響するようになってきました。

保冷力が高いことは当たり前であり、プラスアルファの要素で保冷バッグを選ぶ必要があります。

業界の抱える大きな課題は主に次の点であり、それらを解決する機能を持った商品を選ぶことが正解であるといえます。

  • 保冷性能が不十分で、保冷剤や蓄冷剤が大量に必要
  • 積載効率が悪く、外形寸法のわりに内容量が小さい
  • 耐久性が低く、頻繁に修繕や買い替えが必要
  • 未使用時にスペースをとってしまい、ムダな輸送コストや保管コストが生じる

それを解決する商品の代表的なものが太陽工業社の「シーパックE(エコノミー)」であり、以下のような特徴・機能を持っています。

  • 高い保冷性能
  • 収納スペースを1/3まで削減する抜群の収納性
  • 遮光性、断熱効果と優れた耐久性
  • 取り扱いが簡単で作業効率を高める軽量設計
  • 緩衝材の役目を果たすソフトな材質
  • リーズナブルな価格
  • 小ロットから特別サイズなどがオーダー可能
  • 無料のカタログから詳細を確認できる
    https://www.taiyokogyo.co.jp/catalog_privacy.html

この商品を例として、自社に最適な保冷バッグを見つけてみてください。

 

「シーパックE(エコノミー)」に関する詳しい仕様は、『業務用の保冷バッグにか欠かせない機能性と課題とは』をご覧下さい。

 

「シーパックE(エコノミー)」をはじめとする当社の製品は、こちらのページ(楽天市場)からご購入頂けます。

関連記事

2022/06/13

イベントとの相性も抜群!2032年五輪での正式競技化を目指す大注目のスポーツ「パデル」って何?

作成者 :
阿江佐和子

「パデル」というスポーツをご存じでしょうか。1970年代に誕生したスペイン発祥のラケットスポーツで、世界の競技人口1800万人(※1)と、幅広い年代に親しまれています。ここでは、日本でもじわじわ競技人口が増えてきているパデルについて紹介。パデルはBBQなどと組み合わせて楽しめるので、「新しいスポーツに挑戦してみたい!」方はもちろん、「スポーツを介し、人と人が交流する場を作りたい」とお考えの方も、ぜ...


もっと読む
カテゴリ :
Topics 屋根
タグ :
人気のある記事
2022/06/13

人気急上昇スポーツ「パデル」とのタッグで、「人が集まる場づくり」を目指す

作成者 :
阿江佐和子

集客や「場づくり」に、どんなコンテンツが良いか悩んでいる企業担当者は多いはず。魅力的なコンテンツがあっても、予算がかかり過ぎたり、事業計画立案のリソースがなかったり、という壁に当たることもあるでしょう。そんな中おすすめしたいのが「パデル」というスポーツを通じた集客です。 パデルとは、ヨーロッパを中心に人気のニュースポーツ。日本ではまだ競技人口が少なく、プレーをするコートも海外から輸入したものがほと...


もっと読む
カテゴリ :
Topics
タグ :
人気のある記事 膜構造
2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む