TOP > MakMaxプラス > 写真台帳 > 【無料の台帳作成アプリが登場!!】工事写真を簡単に整理で手間いらず⁈
写真台帳
2017/05/10

【無料の台帳作成アプリが登場!!】工事写真を簡単に整理で手間いらず⁈

ミライ工事
MakMaxプラス

 

工事写真の管理の効率の悪さに、頭を悩ませていませんか?

「現場で撮った写真を事務所に持ち帰るまで作業ができない…」
「帰ってからの作業だからいつも夜が遅く、残業の原因になってしまう…」
「台帳作成に時間を取られて、他の仕事に影響が出ている…」

最近、インターネットとスマートフォンの発達のおかげで、『工事写真アプリ』なるものが登場してきました。

スマホ一台で、現場で簡単に工事台帳を作成することができます。

競合他社は、既に工事写真アプリを導入して圧倒的な業務効率化とコスト削減を実現しているかもしれません。

貴社でも導入を進めて、これまでの常識を変えてみませんか?

既に多くの企業が導入してお悩みを解決している工事写真アプリについて、必要な情報をこの記事にまとめています。

「アプリなどは、よく分からないから…」という不安を解消し、導入のお手伝いになれば幸いです。

工事写真にかかわる業務を効率化させるコラム集工事写真を効率よく整理するためのお役立ち情報


現場の課題(写真台帳)と、工事写真アプリの強み・導入するメリットとは?

この記事を今読んでいる方であれば、工事写真管理(写真台帳)の効率の悪さについて、一度は以下のような悩みを感じたことがあるはずです。

  • 現場でデジカメで撮影した写真を事務所に持ち帰って、パソコンにコピーして、エクセルを立ち上げて、写真を縮小してフォーマットに当てはめて…と、とにかく写真を台帳を作成するのに工程が多くて面倒。
  • 単純作業だけど作業量は膨大なため、作成にやたら時間がかかってしまう。
  • しかも、事務所に帰るまで工事写真台帳の作成業務が始められないので、担当者の帰りが遅くなってしまい、残業コストが発生している。
  • 作成のタイミングで写真に不具合が見つかっても、修正したり撮り直したりすることができない。
  • 夜間に現場でカメラを操作するので、破損や紛失がときどき発生する。
  • 解決するシステムを導入したいけど、使い方が難しくて現場がなじめなかったり、コストが高すぎて使えなかったりする。

これらの課題は自社への負担になるだけでなく、クライアント様へもご迷惑をおかけしたりすることになるなど、総合的なコストは莫大なものだといえるでしょう。

これを解決してくれるのが、工事写真アプリなのです。

そんな工事写真アプリとは、具体的にはいったい何をしてくれて、どんなメリットをもたらしてくれるのでしょうか?


工事写真アプリのメリット①:使いやすくて現場でもすぐに普及できる

今や、スマホの普及率は約80%とも言われており、「スマートフォンを触ったことがない」という人はほとんどいない世の中になりました。

そんな身近な道具であるスマートフォンが一台あれば、工事写真台帳や報告書の作成業務がすべて完結してしまうのが、工事写真アプリの最大のメリットです。

デジカメも不要、メモリーカードも不要、パソコンも不要、エクセルも不要で、工事写真管理は、今までにないほど簡単になります。

数ある工事写真アプリの中でも、太陽工業株式会社が提供する工事写真アプリ『ミライ工事2』は、特にアプリ操作に苦手意識を持っている方でも説明書なしで直感的に操作できるデザインを意識しています。

高齢の方が多い現場であっても、スムーズに導入することができます。

工事写真アプリのメリット②:台帳作成の作業工数を大幅に削減できて、残業を減らせる・なくせる

企業にとって残業のコストは莫大であり、企業はそれを認識する必要があります。

工事写真アプリを使えば、これまで毎月何時間もかかっていた工事写真台帳の作成作業をグっと短縮することができるようになります。

クライアント様への報告書の提出期間も大幅に短縮できるので、顧客満足度の向上にもつながります。

工事写真アプリのメリット③:改ざん防止機能つきで信頼性も高い

改ざん防止機能を持ったアプリであれば、「写真データ自体が編集されていないこと」、「撮影日時のメタ情報が改ざんされていないこと」を証明することができます。

画像を加工・改ざんをしていないという信憑性が担保されますので、国交省直轄工事の電子納品に利用することも可能です。

ミスによる黒板のすり替えや、悪意のない画像編集によって「不正」と判断されるようなトラブルも避けることができます。
 

工事写真アプリのメリット④:現場で作業を完了できて、効率が大幅にアップする

工事写真アプリなら、これまでひとつひとつ手作業でつくっていた写真台帳を自動作成してくれます。

撮影した写真から台帳PDFが自動作成されるので、フォーマットさえ設定してしまえばあとはスマホで写真を撮るだけです。

さらに、電子黒板を使えば工事写真台帳の作成にかかる時間をもっと削減できます。

黒板に記入した内容が、自動で台帳の文章に転記されるからです。

これらがすべてアプリ内で完結するので、作業は現場で完了することができます。

文字で説明するより、実際に「見る」ほうが分かりやすいと思います。

工事写真アプリを使って、現場で一瞬にして写真台帳を作成する様子を動画にまとめました。

ご覧ください。

 

 

工事写真アプリの機能・料金比較

工事写真アプリのメリットは、しっかりと理解することができました。

そして、ここまで読み進めてくださっているということは、工事写真アプリの導入に前向きになっているということだと思います。

そうなると、次に気になるのが「たくさんある工事写真アプリの中で、どのアプリがいいの?」ということでしょう。

以下に、代表的な工事写真アプリの比較表を用意しました。

いずれも優れたアプリですが、「こんな違いがあるのか」という参考にしてみてください。

 


アプリ名

蔵衛門工事黒板

Photoruction

ミライ工事2

PhotoManager

現場DEカメラ

SiteBox

工事写真

対応機種

iOS9.0以上

iOS10.0以上/Android5.0以上

iOS11.0以上/Android5.0以上

iOS9.0以上/Android5.0以上

iOS8.0以上

iOS8.0以上/Android4.0.3以上

iOS8.0以上

有料版の値段

43,600円/台

要問合せ

カード決済:500円~1,980円/月、 法人契約:要問合せ

-

3,000円/台

無料版は無い.12,000円/年。容量10GBあたり6,400円

課金制

電子黒板作成

電子黒板の豆図描画(画像取込機能)

有料版のみ

電子黒板付き撮影

工事写真の位置情報

工事写真のパソコン同期

別途ソフトと蔵衛門工事黒板ライセンスが必要

無料版は1プロジェクト350枚まで有料版は無制限

無料版(クラウド容量30MB)~プロフェッショナル版(3GB)

無料15GB(GoogleDrive)

無料2GB(Dropbox)

有料版のみ(月額240円 1GB)~(月額9,800円 400GB)




太陽工業が提供する工事写真アプリ「ミライ工事2」

選択肢が多いのは良いことですが、特に初めての導入となると「結局どれがいいの?」と迷ってしまいます。

そんな方にまずご利用いただきたいのが、太陽工業株式会社が提供する「ミライ工事2」です。


ミライ工事2ロゴ

「膜構造物」を手掛ける太陽工業株式会社が、自社で工事の現場に携わってきた経験も参考にしてつくられた、「本当に現場が求めている機能」を持ったアプリで、既に多くの企業様に導入をいただいています。

「ミライ工事2」は、説明書がまったく不要であるほどの使いやすさが一番のポイントで、誰でもすぐに、直感的に操作することができます。

機能は本当に必要なものだけに絞っているので、操作が簡単なだけでなく、コストもきわめて低価格に抑えられているのも大きなメリットです。

さらに改ざん防止機能も付いていて信頼性も高く、専任の「お客様サポートセンター」を構えているので、困ったときにはいつでも電話で迅速に対応することも可能です。

 



「ミライ工事2」の主な機能

そんな工事写真アプリ「ミライ工事2」の充実した機能を、以下にまとめました。

「こんな機能がほしかった」というものはありませんか?

現場の課題解決に役立ちそうなものがあれば、ぜひ「ミライ工事2」の公式サイトで詳しい情報をチェックしてみてください。

写真台帳の自動作成

  • 撮影した写真から台帳PDFを自動作成
  • 台帳レイアウトやページ番号の変更設定
  • 写真の並替え等の編集操作

写真台帳の共有

  • 台帳PDFをメール添付
  • 台帳PDFをURLで共有
  • 他アプリに直接保存も可能
  • 台帳毎にアカウントを招待

写真の取り込み・ダウンロード

  • デジカメ等で撮影した画像データを台帳に取込
  • アプリで撮影した写真をスマートデバイスもしくはPCにダウンロード
  • 工種毎に写真を自動フォルダ振り分け
  • 他社アプリ/ツールとの自動連携可能

改ざん検知機能/ CALS・EC対応

  • JACIC「一般財団法人日本建設情報総合センター」の改ざん検知機能と小黒板情報連携機能に準拠
  • 国交省直轄工事に対応(電子納品可能)
  • アプリで撮影した写真は、画像データと撮影日の改ざんを検知可能

電子黒板付き撮影

  • 電子黒板を付与して撮影が可能
  • 履歴機能により手入力を最小化
  • 文字大きさ、レイアウト変更
  • 黒板内への画像差込

PCで操作

  • PCからアプリと同一データを確認
  • PCの機能はアプリと同等以上
  • PCのみの利用も可

複数現場の管理

  • 複数ユーザーの台帳を一括管理
  • 現場作業員に一切負担のかからないチーム設定
  • 完了フラグによりステータス管理

トーク機能

  • 台帳毎の掲示板
  • 既読の確認
  • メール、PUSH通知、アプリ内表示による着信連絡

ファイル共有

  • 台帳毎にファイルをアップロード
  • 複数人でファイルを共有

台帳テンプレート

  • 台帳をテンプレートからコピー作成
  • 現場では写真を差替えるだけ
  • 作成済の台帳をテンプレートにすることも可能
  • チームでテンプレートを共有

セキュリティ/サービスレベル

  • 暗号化通信
  • 本人確認によるなりすまし防止
  • データのバックアップ(複数拠点)
  • 稼働率99.9%の実績
  • OSバージョンアップ対応
  • 仕様改善アップデート

「ミライ工事2」の運用のイメージ

運用イメージをより分かりやすくお伝えするために、動画を用意しました。

「ミライ工事2」の概要をすぐに・簡単に理解できますので、まずはこちらをご覧ください。



 

「ミライ工事2」はとにかく操作が簡単で、現場にすぐに浸透させられるのが特徴です。

また、以下のような多様な機能性でいろいろな種類の現場・場面にも対応できるので、複数のシステムを使わなくても、1つのアプリで全部完結できることも魅力です。

現場で撮った写真を事務所で編集?

「クラウド」技術により、複数人でリアルタイムに台帳を編集。
修正もその場で対応が可能です。


短期で終わる現場や定期周回が多い?

「テンプレート」や「自動作成」機能を使えば、短時間で同フォーマットの台帳を簡単に作成。

現場での差替え撮影だけで作業が完了。


点検や検査の現場?

JACIC「一般財団法人日本建設情報総合センター」の改ざん検知機能と小黒板情報連携機能に準拠しており、国交省直轄工事にも対応(電子納品)可能です。

貴社の課題解決につながりそうな内容はありましたでしょうか?
試してみたいという方は、『ミライ工事2』のサイトよりお問い合わせください。

「ミライ工事2」の活用事例:ユーザーの声

実際にアプリを使っている企業様の声をご紹介します。
より具体的に、実用の場面をイメージしていただけるはずです。

「ミライ工事2」の活用事例①:株式会社タイコーさんの声

インタビュー記事より抜粋しています。
全文はこちらから。

【業態】

排水管・給水管・給湯管の「調査」「施工・検査」「アフターサービス・メンテナンス」を専門に、マンションの水回りをトータルサポート

  • 「報告書の作成に最も時間を費やしていた工事写真台帳が撮影と同時に作成されるようになりました。」

  • 「業務の簡素化・作業員の負荷軽減・工数軽減に繋がり、結果、業務フローが大幅に改善されました。」

  • 「事務員をアプリの管理者IDに設定する事で、現場で撮影した写真を社内でリアルタイムに確認・修正することが可能になりました。」

  • 「会社に戻らなくても現場で工事写真台帳を作成できるようになりましたので、作業員にとって大幅な負担軽減に繋がったと実感しています。それにより残業代の削減にも繋がりました。」

  • 「データをクラウドから取得することで、従来発生していた郵送代等がなくなり、コスト軽減にも役立ちました。」

  • 「改善効果としては、時間、費用共に約1/3に削減できました。」 


「ミライ工事2」の活用事例②:鷹藤興業さんの声

インタビュー記事より抜粋しています。
全文はこちらから。

【業態】

防水関連工事の複数現場を完全リモート管理

  • 「操作については説明書もなく、とりあえず使い始めたらすぐ慣れました。」

  • 「電話が半減しました。」

  • 「定時連絡も「それはさっき見たよ」といった感じで時間が短くなりました。」

  • 「現場の状況を写真から正確に確認することで誤った判断がなくなります。指示するまでの時間が短くなりました。」

  • 「工事写真台帳によって現場の状況がより正確に分かるようになりました。」

  • 「最初はITに抵抗がありましたが、何でも良いのでトライしてみたところ、仕事が楽になりました。」


「ミライ工事2」の活用事例③:兼松サステック株式会社さんの声

インタビュー記事より抜粋しています。
全文はこちらから。

【業態】

防腐・防蟻加工など木材の保存処理を行う「木材・住建事業」、その木材も活用しながら地盤改良を行う「ジオテック事業」、監視カメラのソリューションを提供する「CCTVシステム事業」の主に3つの事業

  • 「写真台帳の作成効率が、とにかく大幅に改善されました。」
  • 「現場からカメラが持ち帰られるのを待たずに、日中から台帳の作成作業に入れるようになったのは、かなり大きいです。」
  • 「施工会社や事務担当者の負担が軽くなり、残業も減らすことができました。」
  • 「データの破損や紛失などに困ることもなくなりました。」
  • 「撮り直しが必要になるような場合でも、その場で対応ができるようになりました。」
  • 「リアルタイムに写真を用いた状況確認できるようになったので、トラブルへの対応がより早く、より適切になりました。」
  • 「現場とのコミュニケーションが、全体的に円滑になったと感じています。」

 

「ミライ工事2」についてよくある質問と回答

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

次は「ミライ工事2」の導入にご興味をいただいている方に向けて、アプリに関する「よくある質問」をご紹介いたします。

気になるポイントについて、より詳細にご確認いただければと思います。

公式のFAQページに詳しく載っていますので、疑問を解消したい方はチェックしてみてください。

ここにない情報でも、お問い合わせいただればお答えすることができます。

さらに詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせください。

まとめ

建築の業界は歴史が長いこともあり、IT化が遅れがちであると言われています。
しかし世の中は進化を続ける一方であり、他業界との差は拡がるばかりです。

これをチャンスと捉えてみるのはいかがでしょうか?
遅れているということは、それだけ改善の幅が大きいということであり、競合他社に差を付けやすいということです。

「よく分からないから」、「うちには要らないと思う」と迷い続ける会社と、ここで一歩踏み出す会社で、大きな違いが出てくるタイミングです。

この記事が、あなたを「一歩踏み出す側」に近付ける助けになれば幸いです。

ぜひ、ご検討ください。


--------------------------------------------------------------------------------------------

  • アプリのダウンロードはこちら
    AppStoreからミライ工事2をダウンロード

    ミライ工事2_Android版


--------------------------------------------------------------------------------------------

関連記事