TOP > MakMaxプラス > 工事写真 > すぐに始められる!フリーソフトの『工事写真アプリ』。効率アップする理由と活用方法
工事写真
2018/05/17

すぐに始められる!フリーソフトの『工事写真アプリ』。効率アップする理由と活用方法

ミライ工事
MakMaxプラス

工事写真をスピーディに収集し、管理する良い方法はないでしょうか。従来のデジカメとメールを用いた情報共有では、情報の整理に手間がかかります。情報の受け手も自作業に必要な情報がないため、確認のための連絡に時間を取られてしまいます。このような問題は、スマホの工事写真アプリを活用すれば解決されます。写真撮影と同時に工事写真台帳が自動で作成され、クラウド型アプリであれば複数人にリアルタイムでデータが提供されるからです。

建材商品のフェンスやガードレール、橋脚に設置される製品の取付工事では、特に「工事写真」は重要です。現場はもちろん、工場から出荷された部品の確認において証憑となるからです。また、施工管理部門では、現場や工場の情報、部品製作や塗装、或いは梱包輸送の情報を保管します。正確かつスピーディーな情報収集と管理のための手段は必須です。

また、非常に重要な工事写真は枚数がかさばりますが、アプリで自動化できればその分、効率化の恩恵は大きなものになります。

スマートデバイスの工事写真アプリが広く使われ始めている理由として、まず、基本サービスが無料ということが挙げられます(フリーソフト)。追加サービスは有料という料金体系ですが、基本サービスだけでも効率化を図れるケースがほとんどです。次にアプリには説明書がありません。直感的に操作できるように作られているため使い勝手が抜群です。機能がシンプルであればある程その傾向にあります。また、いつでもどこでも使える点もあります。スマホやタブレットはどこにでも携帯できるため、作業する時間と場所に限定されず、空いた時間を有効に使えます。

ざっと挙げただけでもこれだけのメリットがあることが分かりますが、更に詳細やその他の理由についてご説明していきます。

 

現場の工事写真が満たすべき3つの条件

現場の工事写真の役目を果たすためには3つの条件を満たす必要があります。それらを紹介します。

1-1現場で必須となる工事写真

アスファルト舗装の工事写真

工事写真は様々な場所で必須とされています。一般的に見られるのは、道路工事などで利用される例で、小黒板に現場名や日時などの情報が記載されます。小黒板は現場風景と共に撮影され、工事完了の証拠とされます。工事中の道路の横を通ると、黒板とデジカメが置かれているのをよく目にします。

1-2写真ストックの重要性

デジカメで工事写真を撮影

 

工事写真は工事内容や施工完了の証憑の意味がありますので、工事の発注元に提出されています。しかし、施工側も資料としてストックする必要があり、その度に写真が複製されている状況があります。

1-3素早い資料化の有用性

工事写真には素早い資料化が望まれます。素早い資料化は、顧客へのフィードバックの点でも有用となります。そして、仮に現場の施工などに修正があった場合にも、素早い対応を可能とします。また、施工の経緯をまとめておくことで、作業委託元と委託先の相互理解にも繋がります。例えば図面と異なる施工に至った場合などです。


現場調査でスマホ・タブレットが大活躍する理由3つ

2-1スマホ・タブレットで撮影のメリット

外溝工事の工事写真

防護柵などの工事では高い確率で現場調査を行います。調査結果は工事着手の準備ですので、現場写真を施工部門内に素早く共有することが重要です。また、写真撮影はスマホの写真アプリを用いることで利便性が高まります。スマホはネットワークに繋がっているため都度、情報を送信できます。更に常に持ち歩いているものなので好きなタイミングで現場写真を撮影できます。最近では、デジカメよりもスマホの方がオートフォーカスやホワイトバランスの調整などが簡易で、解像度の品質も高いケースが多くあります。

2-2外観から部分写真まで自動的に整理される

施工においても現場写真が必要不可欠なのは言うまでもありませんが、現場の規模に関する情報を共有するためには、現場の外観と部分写真が必要になります。携帯アプリで撮影した工事写真の共有は、自動で整理されている点で工事の加速に有用です。

2-3スマホ・タブレットから写真データをクラウドに転送・保存できる

クラウドアプリで工事写真を共有

かつてはデジカメで撮影して社内サーバーなどで保管するケースが多かったですが、工事写真アプリではクラウドに直接写真を保存できます。

撮影現場から写真を転送・保存できることで、撮影した写真を無くす心配とリスクを減らせるほか、すぐにチームメンバーが写真にアクセスすることができるため、工事の生産性向上とトラブル回避に貢献します。

この時に大事なこととしては、工事現場のネットワーク回線・電話回線が早くなくても、クラウドへの保存を確実に行うサービスを利用することで、ストレスが軽減されます。

 

製品・部品の確認時にも工事写真アプリが活躍

製品搬入の工事写真

3-1工場から施工前の部材写真を確認

工場製造での施工前の部材確認も、施工管理者には大切です。こういった場面でも工事写真は重要な役目を持ちます。そして、工場は撮影に不利な環境も多いため、写真アプリは大きなメリットを持ちます。

3-2業者から製品の部品確認写真を確認

製品の部品確認も重要なパートで施工管理者も確認する場面が多々あります。特に業者製造部品の写真確認は重要ですから、工事写真アプリの利便性は、ここでも発揮します。 

3-3さまざまな部品を社内各部署での共有化

特に防護柵などは強度や耐候性など、品質面が重要で、施工管理者と品質管理者の連携が出来栄えにも影響します。ですから、工事写真の共有は重要で、アプリでのクラウド上の保管と管理は有用性を増します。

 

電子小黒板機能で黒板いらず

4-1施工状況の報告写真はアプリで見やすい台帳に

住宅現場で工事写真を撮影

今でも施工完了時など、チョーク書き黒板やホワイトボードに情報を書いて撮影しているケースは多いですが、工事写真アプリは電子小黒板機能もあり、黒板への手書きの必要がありません。多くの電子小黒板は、過去に入力した内容を履歴として持たせたり、事前準備できる機能が備わっています。アプリ上で選ぶだけです。チョーク書きのように現場で時間を取られることはありません。また、電子小黒板を邪魔にならない部分に配置して、写真に埋め込むことが出来るので、見やすい写真と台帳を作れます。

工事写真アプリと台帳作成については、合わせてこちらもご覧ください。
『【無料台帳アプリ登場!!】現場/工事写真を簡単に整理で手間いらず⁈』

 

4-2スマホ・タブレットでの撮影は高所・狭い場所での撮影も便利

高所や狭い場所で工事写真を撮影

施工時には細かい部分の撮影が必要な時もあります。工事写真アプリは、スマホで利用できるので携帯にも便利で、高所や狭い場所での撮影も簡単です。また、撮影した写真を拡大してその場で細部を確認できます。念のためにということで同じ構図の写真を不必要に多く撮影することもなくなりますので写真整理にも優れます。同じ箇所を念のため複数枚撮影しておく必要もありません。

4-3顧客への報告が素早い

工事写真アプリはクラウドに保存するので、すぐに写真の共有ができます。よって顧客への資料提出がよりスピーディーになります。デジカメの様に一旦パソコンに保存してから、サーバーに保存する手間を省くことができ、スマホ・タブレットからクラウドにダイレクト保存ができます。

 

5 工事写真アプリでクレーム処理もスピーディーに

5-1クレーム状況をすばやく関係部署に共有
工事のクレームを迅速に対応

現場での破損、施工不良などのクレーム発生の場合は、関係部署との情報共有が重要になります。必要な情報をクラウド経由で各部門へ素早く伝達することは、素早いクレーム対応を可能とします。デジカメのように撮り貯めた写真を整理するところから始まると、後手に回ります。工事写真アプリは、現場毎に自動的にフォルダを分けて保存してくれるものがありますので、その場合、いちいち写真をフォルダ分けする手間がなくなります。

5-2タブレットが利用可能

タブレット端末は画面が大きいことが利点で、現場で撮影された写真の確認にとても便利です。印刷しなくても現場で工事写真を確認できるので、現場のメンバー・顧客に現場写真をすばやく見せることができます。また、撮影した写真をその場で確認できるので、撮り直しもスムーズになります。撮り貯めた写真の整理の手間がなくなります。

5-3クレーム発生時の現地報告もタブレットで

クレーム発生時には、現地で顧客に状況説明する場面も多いです。工事写真アプリをタブレットに入れておけば、写真をその都度見せることが可能となり、写真を交えた親切な説明も可能となります。

 

工事写真アプリはフリーでも使える

6-1スマホで使える便利さ

アプリを活用して効率よく工事写真を整理

アプリをスマホにインストールすれば、その場ですぐに利用が出来ます。また、PCに比べて操作がシンプル化されているケースが多いです。インストールも簡単で、難しい操作はありません。工事写真アプリには、手軽さと簡単さを両立させた、高性能のフリーソフトもあります。

そして、工事写真アプリは工事現場に従事する方々をユーザーに想定しています。現場作業のスピードを止めることなく工事写真を撮影できるよう電子黒板を予め用意できたりと、かゆい所に手が届く使いやすい仕様になっています。現場の施工担当、工場の製造担当、設計担当などで写真の共有が更に効率化されます。

6-2無料で使える手軽さ

フリーソフトは無料の点が魅力的です。フリーソフトはあまり機能が期待出来ないと思われがちですが、正しく見極めれば今のフリーソフトは機能と経済性を見事に両立させています。アプリもまた、然りです。

 

工事写真アプリについて更に詳しい説明については、こちらをご覧ください。
『【無料台帳アプリ登場!!】現場/工事写真を簡単に整理で手間いらず⁈』

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む