TOP > MakMaxプラス > Global > 高さ246メートルのエレベーター試験棟にメッシュファサード採用
Global
2019/09/07

高さ246メートルのエレベーター試験棟にメッシュファサード採用

高谷裕美
MakMaxプラス
ドイツ・ロットヴァイルの閑静な住宅街に突如として高さ246メートルのタワーがそびえ立ちます。ドイツ最大級の高さを誇るこのタワーは、白い蝋燭のように高く滑らかに伸びる姿がひときわ目を引きます。


JAHN ArchitectsWerner Sobekにより設計されたこのタワーは、世界でも大手の鉄骨メーカーであるThyssenkrupp AGが次世代のエレベーター開発、試験、検証の為に建設しました。

磁気浮上技術を応用したケーブルの無いエレベーターは未来の建物像を変える技術として期待されています。タワーの建設地としてロットヴァイルが選ばれた理由には、近郊の大学や教育機関にエンジニアリングを専攻する学生が1万人以上と多数在学していること、近隣の工業団地や研究機関、交通の利便性があげられます。


タワーの建設はゼネコンのZüblinが受注し、Taiyo Europe GmbHがメッシュ膜ファサードと鉄骨の設計、エンジニアリング、加工、施工を請負、イタリアのMaffeis Engineeringによる設計協力を得ながらプロジェクトを実現させました。

タワーの建設は2014年10月に始まり、2016年7月から膜の施工が開始しました。タワーは2017年12月に完工しました。



タワーのファサードには約15,900平米のPTFEメッシュ膜が使用されました。その白い膜材は自浄作用があり、耐久性が高く、タワーを風や日射から保護する役割があります。

時間帯や季節によってファサードが反射させる光が変わり、いつ見ても異なる印象を与えます。高くそびえ立つタワーの作業には仮設の施工用プラットフォームが特別に設計されました。

タワーの外周を囲うようにして上下するプラットフォームはメッシュ膜の施工に必要な機材、材料、そして作業員を含めて、総重量101トンになりました。作業用プラットフォームの運転はドイツの技術検査協会による特別な許可を得て実施されました。



エレベーターの試験棟という機能に加え、施設には展望デッキが設けられており、高さ232メートルに位置する屋外の展望施設としてはドイツ一の高さを誇ります。また、タワー内部には会議室やメディアルームも設けられています。







設計:JAHN ArchitectsWerner Sobek
構造:Maffeis Engineering
施工:Züblin

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む