TOP > MakMaxプラス > 遊び場 > 集客力のある公園遊具とは?大人にも子供にも嬉しい安全・安心・楽しい『ふわふわドーム』の紹介
遊び場
2021/03/25

集客力のある公園遊具とは?大人にも子供にも嬉しい安全・安心・楽しい『ふわふわドーム』の紹介

高谷裕美
MakMaxプラス

休日になると、各地域の公園は子供連れのご家族で賑わいます。

「どんな遊具が置いてあるか」という観点で公園を選ぶ保護者も少なくありません。人気の遊具がひとつあるだけで子供は喜び、親御さんも行く先に困らずに済むものです。そのため、公園管理者の方々には集客面も考慮してどういった遊具を置くべきかを検討中という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、集客に繋がる公園遊具についてご説明しながら、中でも特にオススメな遊具『ふわふわドーム』をご紹介します。集客に困っている公園管理者様は、ぜひ目を通してみてください。

 

集客性の高い公園遊具とは?

そもそも公園遊具における集客性において、どういった要素が重要なのかという点についてまずはご説明します。大きく分けて以下の4つの点が挙げられます。

  • 保護者にとって安心できる
  • 子供が楽しく飽きずに遊べる
  • 大人も子供もリピートしたくなる遊具
  • 話題性に繋がるインパクトがある

 

保護者にとって安心できる

訪れる公園を選ぶのは、一般的には保護者である親御さんです。公園の利便性なども選ぶ基準になりますが、やはり子供が安全に楽しく遊べる遊具があるかどうかが、とても重要な観点になります。

そのため、「安全性が高い」、「子供が遊びやすい」、「付き添いしやすい」などの保護者目線で嬉しいポイントをおさえた遊具を選ぶことが望ましいでしょう。

 

子供が楽しく飽きずに遊べる

もちろん遊具を利用するのは基本的に子供たちですので、子供たちにとって楽しくいつまでも遊んでいたい、と思うような遊具であることが大切です。

体を存分に動かし、日常ではなかなか味わえない解放感を感じる遊具は、子供にとても人気があります。また、広さがあってのびのびと遊べたり、順番待ちを気にせずすぐに遊べるといった快適さを備えた遊具であると、より好ましいでしょう。

 

大人も子供もリピートしたくなる遊具

集客を考える上で大切なことが、リピート性の高さです。

「また遊びに行きたい」、「また連れていきたい」と子供も大人も感じるような遊具があれば、次回の利用にも繋がります。そのため、上述した安全性や楽しさに加えて、利用しやすさや管理が行き届いているといった点も考慮すると良いでしょう。整備がしやすくトラブルにも対応しやすい遊具であれば、その分利用者側にも喜んでもらいやすいと言えます。

 

話題性に繋がるインパクトがある

遊具としての話題性が高ければ、その分注目を集め集客にも繋がります。

最近ではSNSなどが普及したことによって写真と合わせた口コミによる影響も大きく、見た目にインパクトがあったり特徴的な遊具であれば、情報をシェア(共有、拡散)されることにも繋がります。公園の一番の目玉となるような遊具を選ぶと、集客力も高まるでしょう。

 

人気のある遊具の例

ここで、人気のある遊具についてその一例をご紹介します。どれも見た目からワクワクさせる作りで話題性も高いと言えるでしょう。子供にとって日頃なかなか体験できない楽しさがあり、それゆえどれも人気な遊具です。

 

ロープウェイ

離れた台と台にロープが渡してあり、その間をぶら下がる形で滑走する遊具です。別名ターザンロープとも呼ばれています。 比較的広い公園に設置されていることが多く、爽快な遊び心地が子供に人気の遊具です。

ロープウェイ(つがの里ファミリーパーク・栃木県下都賀郡)(画像転載:『とちぎなび』)

 

アスレチック

主に木やロープで作られた遊具が多数並べられており、エリア一帯が一つの遊び場として機能するアスレチックは、特に子供たちに人気のある遊具です。

登ったりぶら下がったり、バランスを取りながら渡ったりと、全身を使って遊びを楽しめます。回遊性もあるので、長時間遊んでいても飽きない魅力があります。

アスレチック(庄和総合公園・埼玉県春日部市)(画像転載:『公園へ行こう!』)

 

ザイルクライミング

近年、色んな公園に設置されることが多くなった『ザイルクライミング』という遊具をご存じでしょうか。

ロープで組まれた搭のような形状が特徴的で、別名ロープジャングルジムとも呼ばれています。高さがあるため注意は必要ですが、動くことが好きな子供たちに大人気で、全身を使う良い運動になります。

ザイルクライミング(大和ゆとりの森・神奈川県大和市)(画像転載:『PARKFUL』)

 

集客力バツグン!何度も遊びたくなる公園遊具『ふわふわドーム』

人気のある遊具をご紹介しましたが、いずれも一般的であるため「集客力」という観点からいえば特筆すべきものでありません。

安心で、楽しく、リピート性が高くて、話題性も備えた理想の公園遊具。それが、太陽工業株式会社の『ふわふわドーム 』です。

 

公園遊具として『ふわふわドーム』をオススメする理由

膜製トランポリン『ふわふわドーム』は、名前のとおりふわふわとした乗り心地が特徴で、白く膨らんだ大きな見た目も印象的な各地で人気の遊具です。子供たちが跳ねたり転がったり走ったりと、思わず夢中になって遊んでしまう楽しさがあります。

遊具の中で特にオススメできる理由については、以下のような点が挙げられます。

  • 膜素材メーカーならではの高い品質と安全性
  • 過ごしやすい環境を作る付帯設備
  • 場所に合わせた応用が利くデザイン性

 

膜素材メーカーならではの高い品質と安全性

100年の歴史を持つ老舗メーカーである太陽工業株式会社は、公園遊具の専門メーカーではなく、テントなどに使用する膜素材をメインとした資材メーカーです。屋根構造や緊急時用テント、災害対策用資材など幅広く手がけており、それらの技術を応用した遊具の品質と安全性は折り紙付きです。

『ふわふわドーム』は太陽工業だからこそ作れる公園遊具と言えるでしょう。

常に一定の膨らみを維持できる構造で、多くの子供たちが同時に乗っても形は崩れず、誰もが安全にトランポリン遊びを楽しむことができます。 安全対策として、国土交通省による指針や日本公園施設業協会の設ける規準を踏まえた、社内基準を定めています。国内でもトップクラスの安全性を備えており、保護者目線でも安心して利用できる遊具です。

 

過ごしやすい環境を作る付帯設備

本体のみでなく、利用する現地を想定した各種付帯設備も充実しています。 こういった設備も用意することで、子供も楽しみやすいだけでなく大人も快適に過ごすことが可能です。「また来たいな」と思ってもらえるリピート性の高い環境づくりが、集客にも大きく影響します。

  • 子供が親しみやすく、分かりやすいサイン
  • 保護者の居場所確保(ベンチ・日除けなど)
  • アナウンスや、監視カメラなどによる危機状況の回避など

 

場所に合わせた応用が利くデザイン性

ふわふわドームの特徴は、膜素材を使った自由で応用の利くデザイン性です。

形の決まった遊具ではなく、公園や施設に合わせて設計することが可能です。そのため、インパクトのある見た目や工夫したデザインにすることで、話題性も高めることができます。 以下に、実際の採用事例をご紹介します。

 

▼安全領域に砂を敷き詰めたふわふわドーム。

裸足で安全に遊べるので、子供たちも大喜びで遊べます。この自然公園内でも人気の一角です。

 

▼大型施設に併設された特殊なデザインの事例です。

周囲に階段状の座れるスペースで囲まれた円盤型の土台を作り、その中央にふわふわドームを設置した専用デザイン。インパクトのある独創的な見た目が話題を呼び、地域でも人気のスポットになっています。

天理駅前広場コフフン ふわふわコフン

 

▼屋根を併設したタイプのデザインです。

周囲を人工芝で囲み、大きなベンチも多数設置することで、日陰の中でご家族全員がのんびり過ごすことができます。ここでも安全領域に砂を敷き安全性を高めつつ、エリア内を子供が裸足で走りまわれるようにしています。

国営讃岐まんのう公園

 

▼ふわふわドームは、遊具としてだけではなくちょっとしたオブジェにも応用できます。

遊具として利用しない夜の時間帯は、下からライトアップすることでオシャレなスポットに様変わりします。イルミネーションイベントなどを行う公園であれば、最適な活用方法でしょう。こういった話題性の作り方も、ふわふわドームならではの特徴です。

富山県美術館 オノマトペの屋上

 

まとめ

公園遊具というものは、詳しく知る機会がなかなか無いものです。遊具のメーカーは多く存在するので、理想的な遊具選びに苦労されている公園の管理者さまもいらっしゃると思います。

そういった方に向けて、老舗膜メーカー太陽工業謹製の理想的な公園遊具『ふわふわドーム』をご紹介しました。業界内でも高い水準の品質と親しみやすい遊び心地が、どんな公園にも対応できる優れた遊具です。ぜひ一度詳細をご覧ください。

>>「ふわふわドーム」カタログダウンロードはこちら

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井