TOP > MakMaxプラス > 天井 > 膜天井の仕様
天井
2017/07/10

膜天井の仕様

小崎竜仁
MakMaxプラス

膜材料種別

膜材料 材料構成・特長 厚さ [mm]
重量 [g/m²]
生地幅 [mm]
可視光反射率/透過率 [%]

吸音率[NRC値] ※1
カラーバリエーション 防火性能






BATYLINE
Aw

しなやかで、吸音性能も高く、施工性の良い膜材。
0.7
JIS K 6404

600
JIS K 6404

2,700
ホワイト 91/7
グレー  64/2
ベージュ 53/2
ブラック   4/1

0.68
標準:ホワイト/グレー

特注:ベージュ/ブラック
防炎製品※3

認定番号 F-26117
(公財)日本防炎協会



VERVYFINE
Aw

しなやかで、吸音性も高い不燃材料。
0.47
JIS K 6404

490
JIS K 6404

3,000
78/18

0.69

ホワイト
不燃材料※2

認定番号 NM-4223-1
建築基準法第2条第九号
GOTY Aw
2辺定着タイプに特化し、吸音性も高い和紙風の不燃材料
0.60
JIS R 3420

460
JIS R 3420

2,000
64/28

0.70
ホワイト
不燃材料※2

認定番号 NM-4355
建築基準法第2条第九号
UNITYFINE Aw

複層化によって、より高い吸音性能を発揮する膜材。
0.32
JIS K 6404

290
JIS K 6404

2,670
(ガラス繊維織物は含まず)
(合成)
ホワイト 65/7
ライトグレー 49/2
アンスラサイト 8/1
クォーツ 65/6
サンディベージュ 48/3

0.74


ホワイト/ライトグレー/アンスラサイト/クオーツ/サンディベージュ
不燃材料※2

認定番号 NM-4071
建築基準法第2条第九号






RESTYFINE

耐水性に優れ、多用途に使えるエアタイトな膜材。
0.37
JIS K 6404

502
JIS K 6404

2,000
91/4

0.10

ホワイト
不燃材料※2

認定番号 NM-4200
建築基準法第2条第九号










FT381

伸縮性に富み、28%弱の開口率を有するメッシュ膜材。
0.95
JIS K 6404

550
JIS K 6404

2,670
28%
(開口率)


0.12

アッシュブロンド/グレー/ベージュ/ビートンメタル/メタリック
防炎製品※3

認定番号 F-25272
(公財)日本防炎協会

※ 上記は代表的な例であり、その他の仕様も対応可能です。
※ 製品の仕様は予告なく変更することがあります
※ 上記の数値は測定値に基づいており、保証値ではありません。
※ カラーバリエーションはイメージであり実際の製品と異なる場合がありますので、生地サンプル等でご確認ください。
※ すべての膜材料は、第3者機関にて F☆☆☆☆同等品であることを確認済みです。(ホルムアルデヒド放散速度: 0.005mg/m²・h 以下)
※ プールでの使用に際しては、注意が必要です。
※1 NRC値(Noise Reduction Coefficient)とは、250・500・1000・2000Hzの各周波数の吸音率の算術平均値です。
※2 不燃材料とは、建築基準法で定められる不燃性能を有する材料として、国土交通大臣から認定された建築材料です。
※3 防炎製品とは、「防炎製品認定委員会」が定めた防炎性能基準等に基づいて、公益財団法人・日本防炎協会から認定された製品です。

検証動画

BATYLINE Aw

ガラスクロス不燃膜材

FT-381

ボールが激突した場合の試験はこちら


試験内容

耐貫通性能試験

3kgのストライカ(杭)を1mの高さから膜面の中央分と端部に落下。
※この試験は厚生労働省が定める労働安全衛生法第42条の規定に基づく「保護帽の規格」に準じたものです。

落下衝撃試験

  1. 10kgの砂袋を1mの高さから膜面の中央分と端部に落下。
  2. ボードを仕上げ材料と想定した吊天井を膜面に水平落下。
  3. ボードを仕上げ材料と想定した吊天井を膜面に斜めに傾けた状態で落下。

※吊天井の重量は108kg(44kg/m²)となります。

ご相談・お問合せ

建築物に合わせた膜材や工法、デザインを提案致します。

  • 事例紹介を交えて、膜天井の詳細をご紹介。
  • ご要望を盛り込み、個々の建物に合わせた意匠や御見積をご提案致します。

太陽工業株式会社 空間デザインカンパニー

お電話でのお問合せ
東京:03-3714-3461
大阪:06-6306-3065
メールでのお問合せ カタログご請求
(紙・電子カタログ)
資料請求フォーム

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井