TOP > MakMaxプラス > News Release > 大阪万博から半世紀、人気パビリオン製造工場が今も活躍
News Release
2020/02/14

大阪万博から半世紀、人気パビリオン製造工場が今も活躍

高谷裕美
MakMaxプラス

~愛・地球博からドバイ万博まで4回連続で参画、2025年大阪・関西万博も視野に~


2020年2月14日

<報道用資料>

太陽工業株式会社

 大型膜面構造物(テント構造物)などを手がける「膜や」の太陽工業株式会社(社長:荒木秀文)は、1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)で数々のテント施設を手掛け、社会に驚きを与えました。 今年3月で歴史的イベントから半世紀を迎えますが、人気パビリオンを製造した枚方工場は現在も当社の主要な生産拠点として稼働、当時の面影を残す製造棟内や万博経験者(元作業員)の証言など、貴重な情報が得られる“歴史の生き証人”として存在価値を高めつつあります。

 当社の枚方工場は、高度経済成長期の1967年に自動車内装工場として誕生、日本万国博覧会のテント供給をスムーズにする目的で、万博開催前年の1969年春に製造棟を増設しました。 最高高さが31.6mにも達した巨大なエアチューブ構造の「富士グループパビリオン」から製造がはじまり、その後も、世界初の低ライズ型巨大空気膜構造として、のちに東京ドーム(Big Egg)の原型にもなった「アメリカ政府館」など、建築の歴史に大きな足跡を残した施設が枚方工場から誕生しました。

 ※日本万国博覧会の当社実績紹介サイト

 現在、枚方工場は当社のマザー工場として国内はもちろん、海外グループ会社の製造ラインの手本として、当社のものづくりを支えています。 博覧会との関わりでは、その後日本で花開いた「地方博ブーム」をはじめ、2005年の「愛・地球博」や、「上海国際博覧会」、「ミラノ国際博覧会」でもメイン動線に大規模膜屋根を設置、さらに今年開催予定の「ドバイ国際博覧会」では、直径130メートルで世界最大の映像ドームを膜スクリーンで施工、革新的な計画にトライするDNAが今も継承されています。

 3月15日で日本万国博覧会の開催から半世紀を迎えます。 太陽工業の枚方工場は当時の面影も残しつつ、現在の国際博覧会とも繋がり続けることで、未来社会の実現をサポートしたいと考えています。
 また、大阪万国博覧会に関連する各種メディアの取材相談等に対応するため、製造当時の写真や完成後の8ミリビデオ映像なども取り揃えていますので、お気軽にご一報下さい。

 

太陽工業 枚方工場の概要

〇完   成:1967年12月自動車内装工場として稼働を開始 (翌年4月には大阪万博のテント工場が完成)
〇住   所:〒573-1132 大阪府枚方市招提田近3-20
〇敷地面積:16,581㎡
〇建築面積: 8,956㎡
〇大阪万博以降の代表的な実績: 
「ポートピア博覧会」に象徴される地方博ブームや「愛・地球博」等の国際博覧会での各種パビリオン、 ならびに、イスラム教の宗教施設「聖地メディナの大型アンブレラ」など。
〇日本万国博覧会の提供可能素材:    
アメリカ館、富士グループパビリオンの製造工程写真、建築模型、完成後の記録映像(8ミリをデジタル化) など     
※当時の製造従事者の証言は、都度調整となります。(既に退職された方ばかりですが、複数名がご存命です。)

【枚方工場の外観】

 

太陽工業が関わった国際博覧会(登録博)の代表施設

  1. 2005年日本国際博覧会(愛・地球博)の「グローバル・ループシェルター」
  2. 2010年上海国際博覧会の「世博軸」
  3. 2015年ミラノ国際博覧会の「Cardo e Decumano」
  4. 2020年ドバイ国際博覧会の「アル・ワスル・ドーム」 など

 

報道用写真ならびに、この件に関するお問合わせ先


報道用写真は、こちらよりダウンロード頂けます。

お問合わせ先
コーポレートコミュニケーション(広報)担当:上田、高谷、西川
電話:06-6306-3033

 

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む