TOP > MakMaxプラス > News Release > 新発想、シートの壁で豪雨の建物浸水を抑制
News Release
2020/07/14

新発想、シートの壁で豪雨の建物浸水を抑制

上田テツヤ
MakMaxプラス

~作業時間は土のうの10分の1、「デルタパネル」8月3日より販売開始へ~


2020年7月21日

 

太陽工業株式会社

 大型膜面構造物(テント構造物や土木資材)などを手がける「膜や」の太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、従来の土のうに替わってゲリラ豪雨などによる浸水被害から店舗や住宅などを護る、画期的な水防ツール「デルタパネル」(特許出願中)を開発、8月3日より販売を開始致します。


 太陽工業が開発・製品販売を開始する「デルタパネル」は、ゲリラ豪雨などが発生し建物への浸水が予想される際に、水の侵入部を膜素材で帯状にガードして被害を抑制する水防ツールです。 従来の土のうと異なり、土の確保や袋への注入、さらには完成した土のうを積み上げる一連の作業が一切不要で、現地にて組み立て、連結するだけで設置が完了します。 これにより、設置までの作業時間は約10分※1と、土のうの10分の1に短縮し※2緊急時の負担が大幅に軽減されます

 室内の床と地面との高低差が少ないコンビニエンスストアなどの店舗や住宅などを想定した今回の「デルタパネル」は、シート状の膜素材にアルミフレームやパイプ、メッシュシートなどで構造的にも安定した三角の断面を形成(特許出願済み)、増水による水の力に対抗します。 さらに、パネルを(長さ:1mタイプと50cmタイプの2種類)横に連結する事で広い開口部にも対応し、高さ50cmまでの浸水被害を抑制します。

 メインの膜素材も、合成樹脂製で、高い防水性と大きな力に耐える強度を確保、さらに加工面でも、主要な部分は生地同士の表面を溶かして一体化させる溶着技術で水を漏らさない仕様を実現、パネルの連結部分も二重のファスナーで止水性を高めました。
また、緊急時以外は、コンパクトに折り畳んで収納できるため、保管にも便利です。

 今回の「デルタパネル」は、同じく水防ツールとして誕生し、消防防災製品推奨品として高い評価を得ている「デルタチューブ(三角水のう)」のニーズを反映して昨年7月より開発をスタート、水や土を使わずに素早く設置でき、使用後の後始末やメンテナンスが容易な点を特長に、製品化されました。価格は、長さ5mタイプが22万5千円(税抜き、端部シート無し)で、中期(3年後)の売上で5億円を目指しています。


太陽工業株式会社は、ゲリラ豪雨や大型台風の襲来など、近年多発する水災害への被害拡大を抑制するためにも、「デルタパネル」をはじめとする各種水防製品を充実化させる方針で、それら製品の供給を通じて、人々が安心して暮らせる社会の実現をサポートしていく考えです。

 

※1: 設置時間は、コーナーパネル(2つ)と1mのパネル(2つ)、合計長さ4mの製品を組立て・連結するのに要する時間とします。
※2: 当社での実作業を基にした概算値です。 条件としては、設置する高さ約45cm、長さ4m、作業員2名、とします。なお、「土のう」の場合は土を袋に封入し、積み上げる作業にトータルで約100分を要すると見込んでいます。

今回、製品化した「デルタパネル」の詳細情報は以下の通りです。

【デルタパネルについて】

■製品名 デルタパネル
■機 能 ゲリラ豪雨などが発生し建物への浸水が予想される際に、水の侵入部をガードして被害を抑制する水防ツール。
■用途対象 室内の床と地面との高低差が少ないコンビニエンスストアなどの店舗や住宅など。
■使用素材 膜素材(合成樹脂製)とアルミフレーム、アルミパイプ、メッシュシート及び、パネルの接続部には二重ファスナーを装着。
■サイズ コーナーパネル/1辺の長さ50cmのL字型(合計長さ:1m)中間パネル/長さ1mもしくは長さ50cmの2タイプ。
■適用水深 50cm以下
■価 格 1mタイプ:4万5千円、コーナータイプ:7万5千円 税抜き

【アルミフレームのフックを装着して「三角の断面」を形成し、その後パイプを挿入して1パネルが完成】

【「デルタパネル」の試作品による止水実験の様子】

【「デルタパネル」の試作品による止水実験の様子】

【「デルタパネル」の試作品による止水実験の様子】


【店舗に設置した場合のイメージ図】

【参考:デルタチューブについて】

可搬式特殊堤防「(三角水のう)デルタチューブ」は、防水性の高い膜素材を用いて製作した三角形の長い袋体です。堤体の上に伸ばして敷設し、その中に水を注入することで、堤防からの越水を防止します。
これまでの土のうに替わる水防ツールとして開発、軽量で、コンパクトに折りたたんで収納・移動する事が出来、すばやく設置できます。

2013年には財団法人日本消防設備安全センターより、消防防災の分野において有効に活用できる製品であると認められ、「消防防災製品推奨」を取得しました。



報道用写真はこちらよりダウンロード頂けます。

デルタパネルについて詳しくはこちらから。

 

<この件に関するお問合わせ先>


コーポレートコミュニケーション(広報)担当:上田・高谷・西川 電話:06-6306-3033

 

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む