TOP > MakMaxプラス > News Release > 服を着たまま入る膜製の低温サウナで“温活”
News Release
2022/02/01

服を着たまま入る膜製の低温サウナで“温活”

高谷裕美
MakMaxプラス

2022年東京インターナショナル・ギフト・ショー(春)へ出展
~新しい“癒し空間”としてオフィスやホールでの活用を提案~


2022年2月1日

<報道用資料>

太陽工業株式会社

 大型膜面構造物(テント構造物)や土木・物流資材などを手がける太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、2022年2月8日(火)~10日(木)、東京ビッグサイトで行われる第93回2022年東京インターナショナル・ギフト・ショー(春)にて、初公開となる膜製の“癒し空間”を展示します。

今回開発した膜製の低温サウナは、一般的なサウナと比較して低い温度(40℃以下)であることが特徴で、普段着やビジネスマンであればワイシャツ姿のまま入ることができる空間です。昨今、リラックス効果や血流改善への期待などで低温サウナによる“温活”が注目されています。今回展示する低温サウナは“温活”をさらに手軽に楽しめるよう「服を着たまま入る」ことを想定して開発しました。柔らかく、光を透過する特性のある膜材で癒しの空間を構成するため、軽量で容易に持ち運び設置することが可能です。オフィス内や商業施設、オープンスペースに手軽に設置できる「癒し空間」となります。 東京インターナショナル・ギフト・ショーでは、フッ素(PTFE)樹脂製の円柱型とポリオレフィン系樹脂製の台形型の2種類を展示します。本出展で国内企業や施設への本格的な導入を目指します。

漫画「サ道」(タナカカツキ氏原作)人気やコロナ禍の影響などにより、現在は空前のサウナブームと言われています。「2021ユーキャン新語・流行語大賞」で、サウナ用語の「ととのう」がノミネートされるなど社会現象となっています。こうしたブームを受けて東京インターナショナル・ギフト・ショーでも初めて「サウナフェア」が開催されることになりました。当社ではこれまでに無い膜製で軽い「服を着たまま入る癒し空間」をアピールするとともに、展示会を通じてユーザーのさまざまな意見を取り入れ本格的な事業化を進める計画です。

 

開発経緯

 弊社は社員の健康や幸せを重視したWell-beingに取り組んでおり、その観点から従来手掛ける膜構造の技術を応用し、職場環境の快適性を向上するような癒しの空間が提供できないか、との思いから開発が始まりました。また、防災製品の開発にも力を入れており、被災された方々の避難所生活におけるストレス軽減も大きな課題と捉えていました。日常のオフィス空間から被災時の避難所まで、膜構造の軽くて明るい特性を最大限に活かした“温活”による「癒し空間」の開発に着手しました。  お見舞い用防護スーツ「メディコン」やエアチューブ式緊急避難橋など、これまでも社会のお役に立てる製品としての開発方針の下、様々な製品を世の中にニーズに合わせた様々な改良を加えながらも製品化を実現して参りました。今回の出展を通じて、一人ひとりにとっての「癒し空間」とはなにか、さらに今後の製品開発に繋げ、反映していく所存です。

 

出展概要

① 展示会 第93回 2022年東京インターナショナル・ギフト・ショー(春)
② 日時 2022年2月8日(火)~10日(木)
③ 場所 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東展示棟 1-6ホール 東京都江東区有明3-11-1 
④ 展示内容 膜製の低温サウナ2種
 (ア) 円柱型 フッ素(PTFE)樹脂製
 (イ) 台形型 ポリオレフィン系樹脂製
⑤ 展示場所 東展示棟 4ホール 「第1回サウナフェア」内 (ブースNo. 東4-GLS-01)

 

【太陽工業について】

太陽工業は、社会価値の最大化を目指す「膜構造のリーディングカンパニー」です。軽くて丈夫な素材の特性を活かし、巨大ドームの屋根に象徴される各種建築事業をはじめ、土木や物流、さらには環境分野などにも製品を展開しています。特に近年では、各地で多発する災害時の緊急対応や、新型コロナ対策の医療用テント、お見舞い用防護スーツでも社会の注目を集めつつあります。公式HP:https://www.taiyokogyo.co.jp/index.html

 

本件を取材される場合、会場にてご対応いたしますので、下記までご一報ください。

この件に関するお問合わせ先

太陽工業株式会社 コーポレートコミュニケーション(広報) 電話:06-6306-3033
西川(090-8828-7063)/上田(090-6914-1449) /高谷(080-4017-4670)

または

共同ピーアール株式会社 蔭島(090-2147-4572)
t-kageshima@kyodo-pr.co.jp

関連記事

2022/06/13

イベントとの相性も抜群!2032年五輪での正式競技化を目指す大注目のスポーツ「パデル」って何?

作成者 :
阿江佐和子

「パデル」というスポーツをご存じでしょうか。1970年代に誕生したスペイン発祥のラケットスポーツで、世界の競技人口1800万人(※1)と、幅広い年代に親しまれています。ここでは、日本でもじわじわ競技人口が増えてきているパデルについて紹介。パデルはBBQなどと組み合わせて楽しめるので、「新しいスポーツに挑戦してみたい!」方はもちろん、「スポーツを介し、人と人が交流する場を作りたい」とお考えの方も、ぜ...


もっと読む
カテゴリ :
Topics 屋根
タグ :
人気のある記事
2022/06/13

人気急上昇スポーツ「パデル」とのタッグで、「人が集まる場づくり」を目指す

作成者 :
阿江佐和子

集客や「場づくり」に、どんなコンテンツが良いか悩んでいる企業担当者は多いはず。魅力的なコンテンツがあっても、予算がかかり過ぎたり、事業計画立案のリソースがなかったり、という壁に当たることもあるでしょう。そんな中おすすめしたいのが「パデル」というスポーツを通じた集客です。 パデルとは、ヨーロッパを中心に人気のニュースポーツ。日本ではまだ競技人口が少なく、プレーをするコートも海外から輸入したものがほと...


もっと読む
カテゴリ :
Topics
タグ :
人気のある記事 膜構造
2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む