TOP > MakMaxプラス > 屋根 > 価値ある空間を創造する | TMトラス Part3
屋根
2020/09/25

価値ある空間を創造する | TMトラス Part3

高谷裕美
MakMaxプラス

~レガシーを移設保存 最先端の天文学研究にも貢献 ~

軽量性、耐震性、デザインの柔軟性といった特徴を活かしTMトラスは私たちの生活のさまざまなシーンで用いられています。Part3ではコンピュータによって設計・管理された単一材で構成されるTMトラスの施工性能を活かした仮設建造物の移設、最先端研究での利用事例をご紹介します。

 

 

<青海アーバンスポーツパーク>東京五輪のレガシーを後世に遺す

2021年に延期となった東京五輪では陸上、柔道といった競技にくわえサーフィン、自転車BMXといった新競技が採用。東京湾岸地域で行われる3×3バスケットボール、スポーツクライミングもそんなスポーツの裾野を広げることが期待される新競技です。

競技会場となる青海アーバンスポーツパークは、選手村から近い青海地区に整備された仮設会場。観客席は屋外空間で正面にはクライミング用の壁が大きくせり出したように設置され、壁と同時に競技スペースの屋根機能を果たしています。この一見、不思議な形状を実現させているのがTMトラスです。建物横側から見ると三角形のトラス構造が壁の荷重をしっかりと支え、安定させていることが分かります。

東京五輪は施設をレガシーとして後世に残すことが一つのコンセプト。この建物も仮設として整備されたものですが、大会終了後には解体され別の場所への移設が計画されています。TMトラスが採用されたのは、壁のせり出し構造を実現する上で最適な工法である以外に、分解や移設への対応力の高さが評価されたことも理由のひとつです。

TMトラスは単一部材で構成されるシステムフレームで施工が容易なことから、これまで博覧会、展示会のパビリオンといった仮設建築物にも数多く採用されてきました。短期間で施工および解体ができ、部材ごとに細かく分解できることから移送コストが抑えられ、使用した部材を壊すことなく移設・再利用することが可能です。この利点はスポーツ施設に限らず、たとえば自治体イベントで利用した休憩施設を公園等に移設するなど、施設の有効活用にも活かすことができます。

 

<京都大学3.8m望遠鏡 せいめい>軽量化によって天文学研究に貢献

太陽工業がTMトラスを軸に開発に関わった、やや特殊な例のひとつに天体観測分野があります。大型の光学赤外線望遠鏡を支える架台はわずかなズレが観測精度に影響するため高い安定性が求められる一方、安定性を求めるあまり架台構造自体が大きく重すぎると、照準を素早く目標天体に向けることが難しくなります。安定性と追尾性という二律背反した条件をどうクリアしていくか、その解決策として注目されたのが軽量で安定した構造を持つTMトラスでした。

京都大学岡山天文台にある光学赤外線望遠鏡「せいめい」は、主鏡直径3.8mになる東アジア最大級の国産望遠鏡で、太陽系外惑星については30光年先の観測が可能。突発的な天文現象が起きた場合でも指向時間1分程度で焦点を合わせることができます。この追尾性能を支えているのがTMトラスの安定・軽量化技術です。「せいめい」では遺伝的アルゴリズムを用いて設計構造を最適化。同クラス望遠鏡の3分の1の重さという大幅な軽量化を成功させています。

「せいめい」を語る上で忘れてならないのは、京都大学の研究チームを中心に多くのメーカーが集った産学連携による純国産望遠鏡であることです。日本の科学界に新しい可能性を拓いたとも言われる「せいめい」の開発に関われたことは、私たち太陽工業の誇りでもあります。

 

まとめ

TMトラスは太陽工業が長年にわたって培ってきた、空間構造物分野における技術、ノウハウの結晶ともいえる製品です。スタジアム、体育館をはじめとしたスポーツ施設。駅などの交通施設、商業施設、公共建築、研究施設。そして耐震改修やリノベーション。私たちはこれまで培ってきた力を最新のテクノロジーによってさらに進化させ、あらゆる建築ニーズにお応えしていきます。

 

>>Part1 戻ってきたライブスポーツ 感動と興奮を倍加させる屋根という存在

>>Part2 体育館、アリーナ、商業施設 事例で見る<安心・快適な無柱空間>の可能性

TMトラスに関するお問い合わせはこちら

 

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む