TOP > MakMaxプラス > テント倉庫 > 「短工期&コスト」+「課題解決力」で 日本初の事業をサポート
テント倉庫/工場/作業場
2020/11/19

「短工期&コスト」+「課題解決力」で 日本初の事業をサポート

高谷裕美
MakMaxプラス

竹の総合利活用を目指す-バンブーフロンティア株式会社様-

>>動画はこちら

新規事業計画で大きな悩みである施設整備。前例の無い取り組みともなれば、不確定要素も増え慎重になりがちです。 そんな中、熊本県玉名市でスタートした竹を活かした日本初の取り組み「バンブーフロンティア」事業が注目を集めています。

その施設整備では、当社の産業用膜構造をご採用頂きましたので、バンブーフロンティア株式会社の代表取締役会長を務められている山田浩之様にお話しを伺いました。

 

 

各地の荒廃竹林問題に一石を投じる新事業

Q今回立ち上げられた事業についてお教えください。

持続可能な天然資源である竹を活かしてマテリアル利用・エネルギー利用といった総合利活用を行い、継続的に事業化するために竹の伐採・回収なども行い三位一体型の事業として 荒廃竹林問題やCO2削減などの社会問題も解決しようとの思いでスタートした事業です。

バンブーフロンティア㈱の山田浩之様

Qゼロからの仕組みづくりだった訳ですね?

そうですね、今まで様々な企業がトライしましたが、三位一体型で工場が完成したのは当社が初です。 エネルギー利用にしても、竹の成分はクリンカが発生して炉を傷めるためバイオマスに向いていませんでした。今回、バークと竹を混焼することでクリンカの発生を抑える事を世界ではじめて実証しました。国内で同じ悩みを持つ事業者さんは多いのでそれらの問題を解消することはもちろん、ASEAN地域からも今後ニーズは高まると思います。

竹などを原料にした再生材「ナンカンボード」と「バイオマス発電設備」

<目次に戻る>

 

「課題解決力」でお客様の施設整備の悩みを解消

SDGsへの取り組みで素材開発やエネルギー利用に取り組むだけでなく、竹の伐採・回収も事業化された点が、公益性の高い事業である事を物語っています。とはいえ、これらの事業を具現化するには、ご苦労も大きかったようです。

Q施設整備面での悩みはありましたでしょうか?

プラントには海外の設備を導入したのですが、法的なハードルなどがありましたし、今回のモデルが初の試みだったので、何よりローコストで作り上げることに苦労しました。その意味で太陽さんの製品はローコストで工期も短く当社のビジネスにマッチしていました。当初は本体工場以降の工事も、大手ゼネコンさんのシステム建築で計画していたのですが、テントに変更したほどです。

「材料処理施設」と「製品加工施設

Q実際にお使いになられての感想はいかがでしたか?

最初に実感したことは、工期が短い、コストパフォーマンスが良く、室内も非常に明るい。倉庫には最適だという印象を持ちました。明るい空間で作業性も良いので一気に設計段階から加わってもらい、倉庫だけでなく処理施設などさまざまな用途に取り入れました。中でも発電設備を覆った膜の建屋は画期的だったと思います。

発電施設を膜で覆うことは前例がなく、中のプラントに合わせて建物を設計し検討を行ってもらいました。役所側と何度も折衝を行い、最終的には屋根と壁を分割し、“爆発したら屋根だけが飛ぶようにして”役所承認を得ることができました。

「ORC 熱電併給設備」

<目次に戻る>

 

完成後もお付き合いを通して継続的なサポートを

私どもの仕事は、建物の引き渡しで終わりではありません。長期に亘り安心してお使い頂けるよう、きめ細やかなサポートを心掛けています。

Q施設面でさらに期待したいことはありませんか?

製品である木質ボードは空気中の水分を吸収するので、季節変動によって、保管物の含水率がどう影響するかは分かっていません。製品自体もこれから適正湿度を検証する段階です。製紙会社などでも採用実績があるので大丈夫だと思いますが、もし支障が生じる場合は、対策が必要かもしれませんね。

「製品保管倉庫」

Q最後に今後の抱負をお聞かせください。

おかげ様でこれまでに600団体を超える団体が見学に訪れるなど、私どもの事業は社会からも注目を頂いております。バイオマス発電は安定しており、今後このモデルが大きく拡がってゆく可能性も高まりつつあります。一方のマテリアル事業もこの度、竹を活かした新素材「ナンカンボード」が、大臣認定を取得できたので、引き続きJIS基準など取得し社会に浸透させてゆきたいと思います。

日本で初の事業ですので、目の前の問題を乗り越えながら今回のバンブープロジェクトを成功へと導けるよう頑張っていきます。

<目次に戻る>

 

【編集後記】

私どもは「バンブーフロンティア事業」の施設整備をお手伝いするにあたり、お客様のお困りごとを解消するためにコストや納期だけでなく、役所調整も含めた調整を行うことで問題解決を図ってきました。 結果として製品倉庫をはじめ、木材処理施設、製品加工施設、さらには竹を燃料にしたバイオマス発電施設まで、お手伝いする範囲が拡がりましたが、今後もアフターフォローを含めたきめ細やかなお付き合いを通して、事業の成功を支えてまいりたいと考えております。

取材時の様子(山田浩之様より貴重なお話をうかがいました。本当に有難うございました。)


<目次に戻る>

 

テント倉庫製品のお問い合わせは
>>テント倉庫製品サイト

太陽工業株式会社へのお問い合わせは
>>太陽工業株式会社│総合お問い合わせ

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む