TOP > MakMaxプラス > Topics > 防災関連製品で大規災害の早期復旧を支援
Topics
2020/02/17

防災関連製品で大規災害の早期復旧を支援

高谷裕美
MakMaxプラス

~和歌山県日高町と災害協定締結~

 去る1月28日(火)、太陽工業と和歌山県日高町(松本秀司町長)は大規模災害発生時に救援物資の一時保管庫や各種緊急用途で活躍する「防災テント」等を供給する協定を締結いたしました。

 正式名を「災害時における天幕等資機材の供給に関する協定書」(以下災害協定)とする太陽工業の新しい取り組みは、南海トラフ地震や近年全国で頻発している風水害への備えとして、締結したものです。有事の際には、和歌山県日高町からの要請に応じて緊急用エアーテントや大型テント、さらには避難所内で使用する間仕切りなどの物資を速やかに供給し、被災地の早期復旧を支援します。

 1月28日(火)に執り行われた協定締結式にて、日高町の松本町長より「近年発生している台風や豪雨などの災害において、避難を余儀なくされる場面が増えると予想される。 本協定を通じて支給される製品は避難所生活に不可欠なもので、今回の協定締結に感謝している。」とのお言葉を頂戴しました。

 太陽工業株式会社は、日高町を含め11の自治体と災害協定を締結しており、今後も災害への備えを支援する事で、人々が安心して暮らせる社会の実現に貢献していく所存です。

 防災製品について、詳しくは公式ホームページから。

関連記事