膜構造に用いる膜材料の規定

TOP > 膜構造建築物と建築基準法 > 膜構造に用いる膜材料の規定

膜構造建築物に用いる膜材料は建築基準法第37条第二号の規定により、「指定建築材料」として大臣認定された材料としなければなりません。(膜材料の品質基準は平成12年建設省告示第1446号別表第二第十八号に規定されています。)大臣認定された膜材料には「認定書」と構造計算に必要となる基準強度を指定した「指定書」が発行されます。膜構造建築物の設計に際しては、これらの書類の会社名、内容についてご確認ください。

平成12年国交省告示第666号の規定により、膜構造建築物に使用できる膜材料の素材が決められています。ご注意ください。

認定書

認定書

指定書

指定書