連続箱型鋼製枠 「マックスウォール」

一体性と優れた耐久性を兼ね備え隙間の無い土堤を設置できる連続箱型鋼製枠。

マックスウォールは、災害復旧等の仮設工の土留として使用する、連続性を付加した箱型鋼製枠であり、、枠は溶融亜鉛メッキ鋼メッシュ状のカゴを連結した構造で、カゴの内側には充填材のこぼれ出しを防止する耐候性不織布を張り、ジャバラ状で展開・連結して設置し、現地発生土など充填することが可能な連続箱型枠である。
新技術情報システム「NETIS登録」:連続箱型鋼製枠マックスウォール 登録番号KK-130035-A

連続箱型鋼製枠
「マックスウォール」

特長

高い安定性

鋼製枠が連結されているので、一体性が強く、結束ベルト補強した大型土のうと比べ約4倍の荷重に耐える構造です。

高い耐久性

亜鉛メッキ鉄線を溶接した鋼製枠は、海水飛沫地域で5年程度、陸上・土中では10年以上の耐久性があります。

良い施工性

組立済みで、現場荷下ろし後すぐに展開・充填設置でき、分割・延長・屈曲や段積み施工も可能です。

土地の有効利用

盛土面を垂直化出来るため、土地の有効利用が可能です。

主な部材・施工手順

マックスウォール

形状・寸法
1.0m(H)×1.0m(W)×10.0m(L)

連続箱型鋼製枠
「マックスウォール」

事例

種類・規格

種類・規格

用途

仮設工事用道路盛土・堤防嵩上げ工・土留工・仮締切り工・仮設導水工など

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。