軟弱地盤対策 「ストロンググリッドTSG」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 港湾・空港・海岸 > シルトプロテクター①
(タイプと仕様表)

軟弱地盤での埋立工事で敷設材工法(ストロンググリッド)として使用される強度と施工性を備えた土木シートです。

ストロンググリッド(TSG)は、軟弱地盤上に施工機械を進入させる場合や局所的に盛土する場合、陥没や破壊が生じ、作業が出来なくなります。この様なとき従来は、ファゴット工法や敷網工法等の表層処理工法で施工されてきましたが、長年の研究、経験からそれぞれの利点を生かしたストロンググリッドを開発しました。

軟弱地盤対策
「ストロンググリッドTSG」

特長

高強度

キャンバスの高強度とネットの剛性を兼ね備えたグリッド

透水性

メッシュ状となっているので、透水性に優れている。

伸度

高強力であるため、伸びが小さい。

摩擦性

摩擦抵抗が大きい。

目ずれ

繊維を樹脂でコーティングしているため目ずれしにくい。

主な部材・施工手順

荷重分散

軟弱地盤上で良質土砂のまき出しを行う時、上載荷重が、ストロンググリッドの引張力、及びまき出し土と、軟弱層の間に形成される拘束層により等分布荷重となり、地盤安定と同時に、トラフィカビリティーの確保が計れます。

軟弱地盤対策
「ストロンググリッドTSG」

不同沈下防止

ストロンググリッドが敷設される事により、軟弱地盤、盛土の間に拘束層ができ、これによって盛土の拡がり、不等沈下が制約を受け、かつヘドロ等の側方流動も制約する事が出来ます。(押え盛土効果)

軟弱地盤対策
「ストロンググリッドTSG」

分離

拘束層が造られた後、土砂などの盛土材料が軟弱地盤に落ち込むことを防ぎます。グリッド効果により大きな摩擦抵抗を得ることができます。

軟弱地盤対策
「ストロンググリッドTSG」

事例

物性値

物性値

用途

・超軟弱地盤表層処理工(水搬)
・超軟弱地盤表層処理工(陸搬)

用途

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。