軽量盛土工法 「EDO-EPS工法」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 道路・鉄道 > 軽量盛土工法 「EDO-EPS工法」

大型発泡スチロール(EDO-EPSブロック)を盛土材料として積み重ね道路などの盛土を構築する工法です。

大型発泡スチロール(EDO-EPSブロック)の優れた特長、軽量性・耐圧縮性・自立性・耐震性・経済性・施工性を持つ工法です。

軽量盛土工法
「EDO-EPS工法」

特長

軽量性

重量は、土砂の約1/100で人力での運搬が容易です。

耐圧縮性

圧縮強さは密度(タイプ)に応じて20~200kN/m2の値を示し、道路の盛土材などさまざまな用途に使用できます。

自立性

EDO-EPSブロックを直立てに積上げた場合、自立面が形成され上部に荷重が作用しても側方への変位は極めて小さい。

耐震性

土砂などに比べ軽量なので、大きな地震においても高い安全性があります。

施工性

軟弱地盤や急斜面拡幅盛土などで大型重機が使用できない場所でも施工が容易です。

軽量盛土工法
「EDO-EPS工法」

経済性

傾斜面地の拡幅盛土などでは、最小限の用地で済み、擁壁などの工事が縮小でき工期が短縮できます。

主な部材・施工手順

EDO-EPSブロック

形状・寸法
1.0m(W)×2.0m(L)×0.5m(t)

軽量盛土工法
「EDO-EPS工法」

緊結金具

積層されたEDO-EPSブロック相互を一体化する。

軽量盛土工法
「EDO-EPS工法」

事例

種類・規格

種類・規格

用途

拡幅道路盛土・軟弱盛土・構造物の荷重軽減・橋台の土圧軽減など

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。