太陽光発電ベースマット工法「タコソル」

従来の架台・基礎を省略、斜面でも太陽光発電を設置でき、防草対策にも効果を発揮。

土木分野での太陽光発電工法で、合成繊維を使用した軽量で高強度の二重織生地(布製型枠)内にコンクリート(モルタル)を注入することにより、太陽電池を設置するための基礎を構築する工法です。

太陽光発電ベースマット工法「タコソル」

特長

施工性

軽量であるため重機等が入ることの出来ない山間部でも、容易に搬入できる。

侵食防止効果

タコム(布製型枠)により、十分な厚さで被覆されており、集中豪雨などによる地盤の侵食を防止できる。

防草効果

タコム(布製型枠)で地盤を被覆することにより防草効果が発揮し、草刈などのメンテナンスを軽減できる。

寸法(大きさ)が自由

施工現場にあわせた形状・寸法で設置が可能。

主な部材・施工手順

タコム(布製型枠)敷設

施工現場に合わせたタコム(布製型枠)を敷設し、コンクリート(モルタル)を注入する。

太陽光発電ベースマット工法「タコソル」

接続部材設置

太陽光パネル設置用の接続部材を設置。

太陽光発電ベースマット工法「タコソル」

太陽電池設置

太陽光パネルの設置。

太陽光発電ベースマット工法「タコソル」

事例

用途

公共施設・休遊地・処分場・道路法面など

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。