①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ
(バッグの分類・内袋との組合せ)

TOP > 製品・サービスから探す > 物流資材 > 物流 > ①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ
(バッグの分類・内袋との組合せ)

充填時・排出時に発生する静電気によって粉じん爆発などの災害を防止するフレキシブルコンテナバッグ。

充填時・排出時に発生する静電気によって粉じん爆発などの災害を防止するフレキシブルコンテナバッグ。
弊社の数ある「TAICON」製品群の中において、静電気による事故防止のためのフレキシブルコンテナバッグをご紹介します。

*フォークリフト荷役作業時の安全対策もご検討されてる方は『あったらいいな!を形にしました!!フレコン(タイコン)等の身近なヒヤリ・・・を解決しませんか?』も併せてご覧ください。

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

製品ラインナップ

ランニング1種

Type-C
①導電性CRタイコン(導電性ゴム原反使用)

[特徴]

•アースを接続(接地)することにより、バッグのすべての部位において漏洩抵抗値107Ω以下の機能があります。(IEC、JIS規格)

•全面が導電性のゴムをもつバッグのため、内面に発生した静電気は外面からアース端子を通して即座に除電されます。

•バッグ内面から外面への通電により、バッグに導電性を持たせているため、タイプCとしての機能があります。

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

ランニング2種

Type-C
②導電性E-MAX(導電性PE原反使用)

[特徴]

•アースを接続(接地)することにより、バッグのすべての部位において漏洩抵抗値107Ω以下の機能があります。(IEC、JIS規格)

•全面が導電性のラミネートをもつバッグのため、内面に発生した静電気は外面からアース端子を通して即座に除電されます。

•バッグ内面から外面への通電により、バッグに導電性を持たせているため、タイプCとしての機能があります。

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

クロスタイプ

Type-C
③導電性クロスタイコン

[特徴]

•アースを接続(接地)することにより、バッグのすべての部位において漏洩抵抗値107Ω以下の機能があります。(IEC、JIS規格)

•抵抗値の低い導電糸をもつバッグのため、導電糸から帯電と逆極性の電荷が集まり、局部的な表面電位の上昇を抑えます。 (導電糸が格子状の場合50間隔以下、ストライプ状の場合20間隔以下)
(IEC、JIS規格)

•絶縁層の織布は絶縁破壊電圧6kV以下の材料を使用しています。
(IEC、JIS規格)

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

クロスタイプ

Type-D
④放電性クロスタイコン

[特徴]

•アースを接続(接地)しないタイプのバッグで、帯電はしますが、放電形態をコロナ放電に変える機能があります。

•クロスタイコン タイプ Dは200回の着火試験に合格しております。
(IEC、JIS規格)

•絶縁層の織布は絶縁破壊電圧6kV以下の材料を使用しています。
(IEC、JIS規格)

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

クロスタイプ

Type-B
⑤沿面放電 火花放電防止クロスタイコン

[特徴]

•バッグの材料が低電圧で絶縁破壊を起こし、沿面放電、火花放電を防止する機能があります。

•薄いラミ層をもつバッグのため、内面に発生した静電気は絶縁破壊により高電圧による沿面放電を防止します。

•絶縁層の織布は絶縁破壊電圧6kV以下の材料を使用しています。
(IEC,JIS規格)

①静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグ<br>(バッグの分類・内袋との組合せ)

静電気災害防止フレキシブルコンテナバッグの分類

[規格]
IEC61340-4-4:ed2
JIS C 61340-4-4:2015
Type 概要 要求事項
A 静電気災害防止対策が施されていない一般的なバッグ 通常の一般的なバッグ(絶縁性)であるため、静電気対策バッグとしては使用できない
B バッグ(材料)の絶縁破壊により沿面放電や火花放電を防止する対策が施されたバッグ バッグ(材料)が6kV以下の電圧で絶縁破壊する材料で構成する
C 導電性の樹脂シート又は導電性の糸(繊維)を織り込んだバッグであり、接地によりブラシ放電、火花放電、沿面放電を防止する対策が施されたバッグ • バッグ(材料)が6kV以下の電圧で絶縁破壊する材料で構成する
• 接地可能接続点までの抵抗は1.0×107Ω未満
D バッグを接地することなくブラシ放電、火花放電、沿面放電を防止する対策が施されたバッグ •バッグ(材料)が6kV以下の電圧で絶縁破壊する材料で構成する
• 着火試験により着火のないこと

タイプ別内袋の選定と組合せ

*内袋の特徴や機能についてはブログ『【食品・電子材料業界注目!】湿気、酸素などをシャットアウト!する方法とは?』の『3.いやいや、もっと高い気密性がいるんだ!』も併せてご覧ください。



内容物の着火性と充填、排出現場の環境


内容物の最小着火エネルギー(MIE) 使用環境(充填・排出時)
1J以上 ▼不燃性雰囲気
A・B・C・D
▼粉塵危険区域
B・C・D
▼ガス危険区域又は粉塵危険区域
C・D
1J > MIE > 3mJ ▼ 不燃性雰囲気
B・C・D
▼ 粉塵危険区域
B・C・D
▼ガス危険区域又は粉塵危険区域
C・D
3mJ以下 ▼ 不燃性雰囲気
C・D
▼ 粉塵危険区域
C・D
▼ガス危険区域又は粉塵危険区域
C・D

フレキシブルコンテナバッグのタイプと内袋組合せ

FIBC 内袋
Type-B
(タイプB)
▼ タイプL1(抵抗値:10⁷Ω未満)
×内袋使用不可
▼ タイプL2(抵抗値:10⁹~10¹ ²Ω間)
○内袋使用可
▼ タイプL3(抵抗値:10¹ ²Ωを超えるもの)
○内袋使用可
※但し、内袋の絶縁破壊電圧が4kV以下であること。
Type-C
(タイプC)
▼タイプL1(抵抗値:10⁷Ω未満
○内袋使用可
▼ タイプL2(抵抗値:10⁹~10¹ ²Ω間)
○内袋使用可
▼ タイプL3(抵抗値:10¹ ²Ωを超えるもの)
×内袋使用不可
Type-D
(タイプD)
▼ タイプL1(抵抗値:10⁷Ω未満)
×内袋使用不可
タイプL2(抵抗値:10⁹~10¹ ²Ω間)
○内袋使用可
▼ タイプL3(抵抗値:10¹ ²Ωを超えるもの)
×内袋使用不可


製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。