ETFEフィルム膜構造

膜構造で創る新しい透明建築

ETFEフィルム膜構造は高性能フッ素樹脂フィルムが生みだす、透明かつ超軽量で高い耐久性が特徴の次世代建築です。
フィルムへの印刷により、可視光や紫外線の透過率をコントロールすることも可能です。

ETFEフィルム膜構造

自然光に満たされる上質な空間

透過性に優れた高機能フッ素樹脂膜材「ETFEフィルム」は20年以上の高い耐久性を備え、なおかつ紫外線による白濁も少ないことが特長です。また軽量な膜構造は、最小限の部材で大スパンの開放空間が実現可能なため、まるで屋外にいるような心地よい全天候型の空間を実現できます。

ETFEフィルム膜構造

フィルムの使い分けで光をコントロール

紫外線・可視光・赤外線の領域で高い透光性を保持するETFEフィルム。
色味やプリントを施すことで、透過する光をコントロールすることが出来ます。
*250NJ(透明・250μm)の可視光透過率90.8%

ETFEフィルム膜構造

ETFEフィルム膜構造

*記載の数値は実測値であり、保証値ではありません。

高い透光性を活かし、美しい夜景を演出

ETFEフィルムは透明で柔らかな特性は、ガラスを使った建物とも異なる、曲面的な建築デザインが可能です。
また、光を透す為、夜間のライトアップにも最適です。
国内でも、ETFEフィルムを使った光演出が広がり始めています。

ETFEフィルム膜構造

複層ガラスと同等の遮熱・断熱性能も可能

フィルムを二重に張り、内部に空気を送り込みピロー状に膨らませる「クッション形式」や膜表面にはドット状のプリントを施すなどの技術を合わせることで複層ガラスと同等の断熱性を持たせることが可能です。なおかつ、ガラスと比べ圧倒的な軽さと柔軟性で安全性にも力を発揮します。
●画像を拡大

ETFEフィルム膜構造

*記載の数値は当社による実測値・計算値によるもので保証値ではありません。

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。