膜のプールハウス

安全・安心の膜のプールハウス
水を守り、子供たちを守るプール上屋をつけませんか!

”水質の保持”が最も大切。プール全体を膜で包めば、簡単で安心。水を守ることで子供たちを守ります。
ゴミや農薬といった外部からの様々な飛来物を遮断することができ、衛生面の水質を管理しやすくなります。
落ち葉の侵入を防止でき、清掃のメンテナンスが軽減されます。

降灰対策の実績
雲仙・普賢岳噴火による降灰でプールが使えなくなりましたが、膜屋根が設けられ、夏場には例年のように子供たちの笑顔が戻ってきました。

膜のプールハウス

膜のプールハウスのメリット

1.地震に強い「軽量構造」

通常の建築素材に比べ、はるかに軽量であるため、大きな地震の際にかかる負担も少なく、災害時には比類ない耐震性を発揮します。

膜のプールハウス

2.屋内が明るい「高透光率」

太陽光の投稿率は約10%~60%(膜種によって異なる)です。日中なら、十分な照度を得ることができ、省エネによる環境にやさしい施設となります。
拡散光が屋内プール全体の照度を確保し、施設内の照明コストを大幅に軽減します。

膜のプールハウス

3.紫外線をカット

紫外線をほぼカットすることができます。子供たちは安全に楽しむことができ、保護者にとっても安心できる環境づくりを実現します。

膜のプールハウス

4.塩素対策「錆びない」

膜材には耐薬品試験をクリアした優れたものを使用しています。これまで多くの実績がその性能を照明しています。膜構造(鉄骨)は溶融亜鉛メッキ仕上げにより、再塗装などによるメンテナンスコストを省きます。

5.驚くほど汚れにくく、長期にわたり美観を保つ
自然の力を利用した環境にやさしいセルフクリーニング昨日で従来にはない防汚性を実現します。

【屋外暴露試験の結果】
屋外暴露試験の結果、ほとんど汚れていない色差範囲内の数値を示しました。
なお、色差とは2色間の定量的な差のことを表し、膜材料の使用前と使用後の色を比較することで防汚性能を測定しています。防汚性能を定量的に評価する指標として色差を用いています。

膜のプールハウス

【セルフクリーニングのしくみ】
自然の力を利用した酸化チタン光触媒膜の働き
酸化チタン光触媒膜は、太陽光があたると有機物である汚れを分解する現象が起こります。また親水性機能によって水滴が横に広がり水膜を形成します。そのため水が膜材の表面の汚れの間に入り込んで汚れを浮き上がらせ、雨で汚れを洗い流します。(固定式に使用しています。)

膜のプールハウス

低予算で実現できる固定式と使いやすい可動式
立地条件やご要望に合わせて柔軟に対応できる、信頼と実績(技術力、ノウハウ)があります。

【固定式】
屋内でも、明るく気分も爽快

【ジャバラ可動式】
光が差し込む全面開放

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。