高分子系遮水防草シート 「マックスグリーンターフ」

市街地の鉄道・道路法面において、法面の安定と景観への配慮が同時にできる遮水・防草シート。

法面安定のための防水性を保ちながら景観に配慮できる遮水シートと人工芝を組合わせたシート。
防草層のポリエステル織布を耐久性の高いシートで挟み込んだ三層構造の防水層の表面にナイロン繊維の人工芝を張り合わせて遮水シートと人工芝を一体構造にした製品です。

高分子系遮水防草シート
「マックスグリーンターフ」

特長

高い防水性

盛土、切土法面では、降雨にともなう水の浸透が法面を不安定にさせますが、降雨水の浸入を防ぎ、土構造物の安定を促します。

高い景観性

周囲の景観に配慮できます。高架下など自然光が届かない環境だどでも、周囲と調和します。

高い防草性

優れた防草性で法面の維持、管理を容易にします。

高い耐震性

製品が軽量なので、表面滑落の心配がない。

主な部材・施工手順

マックスグリーンターフ

形状・寸法
1.7m(W)×20.0m(L)×7.4?(t)

高分子系遮水防草シート
「マックスグリーンターフ」

事例

物性表

項目 規格及び物性
1.7m
長さ 20.0m(標準)
厚さ 約7.4mm(内、パイル長さ6mm)
重量 約2.0kg/m2(約70kg/標準長さ20.0m)
引張強度(タテ) 390N/5cm以上
引張強度(ヨコ) 245N/5cm以上
引張伸度(タテ) 約35%
引張伸度(ヨコ) 約40%
遮光率 100%
透水性 不透水
難燃性 あり
耐久性 10年以上

物性表

性能設計のレベルに合わせた法面工の選定と計画。

性能設計のレベルに合わせた法面工の選定と計画。

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。