MAKMAX 太陽工業株式会社

PERSON
10
萩田 豊樹
HAGITA TOYOKI
  • 生産統括本部 生産技術課
  • 2013年入社 総合工学システム学科 環境都市システムコース 卒

太陽工業を選んだわけ

就職活動は、本当は何がしたいのか見定める期間でした。最終的に考えていたのは「分野にとらわれずチャレンジしたい」ということ。高専に在学していたので、他の企業や公務員、進学といくつか選択肢もありましたが、太陽工業の「自分の可能性にチャレンジできる」「将来はリーダーを目指して欲しい」というメッセージに魅力を感じ、ここでならやりがいのある仕事ができると思えたのが一番のポイント。加えて面接の中で先輩社員の方に「失敗も次につながればOKという社風だから、どんどんチャレンジして欲しい」と言っていただいたのも決め手になりました。

成長を感じた瞬間

3年目から生産技術課で、生産設備の設計開発や現場への導入を行っています。機械や電気、制御プログラム、製品知識等、幅広い知識が求められますが、やりがいのある仕事内容です。学生時代に学んだ分野と異なる業務ですが、OJT等の勉強の機会も多く、実践でもチェレンジできる環境にあるので、成長が実感できます。今では国内の工場だけでなく、海外工場や他の事業部からも依頼をいただけるようになりました。

初めて自分が設計・製作した設備に不具合があり、使用できず失敗した経験が自分を成長させたと思います。その設備は自走しながら膜の表面を0.01mm単位で研磨するものでしたが、膜を破ってしまう事があるため使用中止となりました。結局、その設備には改造を加えられ別の用途として使用される事になり、導入は失敗に終わりました。ですが、次の別の物件では現場の方にもアドバイスをもらいながら試行錯誤した結果、導入に成功することができました。成長した今の自分なら成功させる自身がありますのでひそかに再チャレンジの機会を伺っています。

やりがいを感じる時

開発や、稼働中の設備の不具合を解決できた時に一番のやりがいを感じます。現象をよく観察し、原因を論理的・技術的に考えて適切な処置ができた時に不具合は解決できる。例えるなら推理小説の謎を解き明かしたような気持ちになります。時には、早急な対応を求められることもあるので、焦る場面もありますが、「さすが!ありがとう」と声を掛けてもらえた時の達成感はこの業務の醍醐味です。最近では、不具合が起きた時は真っ先に自分を頼りにして欲しいと思うようになり、原因の追求が難しいほど必ず解決してやろう!燃えるようになりました。

これから挑戦したいこと

新しい加工技術の開発にチャレンジしたいです。今ある膜の加工方法をさらに進化させるか、全く別の発想であっと驚くような、また経済的なインパクトのあるものを開発したいと考えています。それともうひとつ、マーケットインとプロダクトアウトのバランスをみた判断をできるようになるため財務知識も得たいです。自分がリーダーになるためには生産技術の知識を活かして現場のカイゼンとコストダウンのスペシャリストとして活躍する必要があると考えています。

太陽はどんな会社?

「チャレンジ」の会社です。先輩たちの過去の失敗談を聞くと、思わず笑ってしまうようなことにもチャレンジしていますが、その反面それが成功したらすごいことだなとも思います。そんなワクワクするような仕事ができ、失敗しても笑い話にできるような前向きさが太陽工業にはあると思います。一見恥ずかしいような事も自信を持って口に出せる環境にあるので、失敗は恐くなくなります。また、チャレンジする時は全力で考えてヘトヘトになるまで働き、かなりの責任感を感じますが、それが評価に変わるような社風であることも魅力です。