MAKMAX 太陽工業株式会社

PERSON
12
米田 悠佑
YONEDA YUSUKE
  • 国土事業本部 営業 主任
  • 2015年入社 経済学部 現代ビジネス学科 卒

入社までの経緯

ドームの屋根、倉庫用テント、海に浮かぶ汚濁防止膜、就職活動の際、手にしたパンフレットでそのような製品を見て、どれも巨大で印象的だったことを覚えています。自分のやったことが“はっきり目に見えてわかる”仕事をしたいと思いましたし、自分の手で創り上げることができれば、家族や周りの友達に自慢できると思ったのが選考に参加するきっかけになりました。決め手になったのは製品が他社にはない特徴的なものだったからです。こんな特別な製品を創る体験は他社ではできないと思い入社を決めました。

一番のやりがい

お客様に自社の製品の価値を理解していただけたときに、営業としての一番やりがいを感じます。自社が扱っている製品は、他社と比べ値段が高いことが往々にしてあります。しかしそれは値段が高いことに理由があるからです。このことをお客様にわかっていただけるときが、仕事をしていて良かったと思える瞬間です。高価格の理由は製品の特異性や、高い品質の施工等、多様ですが、お客様が何を必要としているのかを理解し、うまく訴求できるように心がけています。

そのように営業の役割は、単に製品の紹介ではなく、製品の価値を理解させることにあると考えるようになったのは名古屋で担当したある案件がきっかけです。そのお客様はこの製品が従来製品と比べ高価格であることで、購入を避けられていました。そのことを受け私はお客様の営業所、支店、本店それぞれに営業活動に行い、製品のサンプルをお渡しして、随時、経過の状況をヒアリングしました。サンプル品で効果を実体験していただいたことで、製品の価値を分かってもらい、購入する営業所が増えました。本来の製品の良さがお客さんに伝わり、営業職としての仕事の役割を実感するきっかけになりました。

私が次のステップに進むために必要なのは、周りを巻き込んでいくということ。新製品の開発や、大型案件への製品提案は形になるまで長い時間もかかることも少なくないですし、多くの方の協力が必要になります。ただそこで、目先の成果にばかり注力してしまうと営業としてまだまだと感じます。目先の数字は自分の責任で、将来的な案件はその推進者として周りをうまく巻き込みながら、進めていくような営業になりたいと考えています。

これから挑戦したいこと

ヒット商品を生み出すことです。ヒット商品を開発することで、自分の携わったものがより多くのお客様に、長期にわたり利用されるようになりたいです。私が想像するよりとても難しいことだと思いますが、お客様の困りごとを聞く最前線にいるため、製品開発のアイデアを得るチャンスは多くあります。一緒に仕事をする人に真摯に向き合うこと、そして知識を増やすことで頼られる存在になり、アイデアを得るチャンスをもっと増やそうと思います。

太陽はどんな会社?

自分が主役になることができる会社です。太陽工業は、自分のやり方で営業ができる会社だと思います。つまり自分が主役に立てるということです。1対1の製品のPR活動から、大勢の前での製品の実演まで、自分が中心となって動くことのできる場面は多くあります。仕事を任せられると、自分でいろいろ考えることがあり、思い通りにいかないことが多いですが、やりきったあとは大きな達成感があります。