MAKMAX 太陽工業株式会社

PERSON
14
工藤 竜次
KUDOU RYUJI
  • 生産統括本部 瑞穂工場 TM製造課 保全担当
  • 2013年入社 機械科 卒

入社までの経緯

わたしが会社を選ぶときに軸として重視したのが「会社特有のスペシャリティ」があるか、です。そういった会社は、プロフェッショナルとしてのプライドがあり、また働いた後も「自分もそうなりたいといった憧れ」につながりやすい環境があると思っていました。 そんな中、様々な求人票を見ている中で見つけたのが太陽工業という会社でした。会社を調べていく過程で、普段よく目にするドームや駅・ターミナルを手掛けていること知り、まさに私が考えていた「スペシャリティがある」企業だと思いましたし、ここでなら、多くの人の記憶に残るものを作れるはずだという期待感もあり、入社を決意しました。

やりがいを感じる時

一番やりがいを感じる時は、親族や友人から、過去納めたモノに対して「すごい!」「綺麗!」と言ってもらえた時です。普段自分がメンテナンスしている設備で生産しているモノが人に感動を与えていると感じると誇らしい気持ちになります。

以前、担当している生産設備が原因不明で停止している事がありました。外観上からは故障原因がわからずシステムをチェックしても異常がでている訳ではないので当然原因がわかりません。どうすることもできず諦めの気持ちもでてきそうになりましたが、生産を止めてはいけないという思いで、自分自身で設備の機械面・システム面をもう一度、源流から辿ってみると、不具合の原因を突き止めることができ、復旧させることができました。その時に実感したのが何事も物事の本質を理解していないと解決しないという事。それからは、どのような些細な設備トラブルであっても上辺だけの現象だけではなく本質は何なのかということを考えて行動するようになりました。

難しいのはこの「本質」への意識を揃えていくことです。工場の現場スタッフとメンテナンススタッフでは本質を見極めるということに差があるように感じます。些細な異音や振動などは、毎日その機械を扱っている現場スタッフだからこそ気づくことができる。現場スタッフが感じる違和感をうまく吸い上げるような仕組みを作っていく必要があると考えています。

これから挑戦したいこと

電気分野についてはまだまだだと感じるので知識の取得と技術を身につけるのと共に今後の新設備等を見据えてプログラミング分野の知識取得に力を入れていきたいと思っています。保全業務においても電気とは切っても切れない関係ですし、プログラミングの知識に関しても今後設備の更新などを行っていく上で設備を稼働させている本質が何か分からないと調整もできないのでとても重要になると思います。その為、電気・プログラム関係の資格の取得・講習会への参加を通して知識・技術を身につけて「電気とプログラムに関しては工藤に聞け!」と言われるようになっていきたいですね。

太陽はどんな会社?

「チャレンジできる環境を整えてくれる会社」だと思います。受け身での挑戦ではなく自発的な挑戦を行える場所だと感じています。自分のやりたい業務や取得したい資格など上司と相談すればどんどん挑戦させてくれます。
チームで挑戦する機会も多いのでメンバーとお互い切磋琢磨しながら物事に臨んだり、時には相談に乗ってもらったりととても楽しい環境で仕事ができます!
チャレンジが好きな方・チームで動くのが好きな方は是非太陽工業に!