MAKMAX 太陽工業株式会社

PERSON
15
中村 進之介
NAKAMURA SINNOSUKE
  • 建築事業統括本部 大阪営業部 主任
  • 2018年入社 法学部法学政治学科 卒

入社までの経緯

入社前の社長面接、役員面接が決め手になりました。人材不足の昨今、面接時に会社の良いところばかり前面に出す企業は珍しくありません。そんな中、太陽工業の良いところ、おもしろいところだけではなく、難しいところや厳しいところも話してくださったことが、逆に安心することが出来ました。綺麗ごとだけではなく、課題をしっかりと認識していて、どういうビジョンを描いているのかという認識が社内でも共通化していると感じ、入社を決めました。

一番のやりがい

役所やコンサル・設計事務所への提案営業、受注されたゼネコンへの価格交渉、社内各部門と顧客の調整など営業の仕事は多岐に渡ります。その中で一番ウエイトが大きいのは提案営業の部分。仕事の種を見つける、時には種を蒔く部分にあたります。既存のお客様への定期訪問や、客先に飛び込んでPR活動も行います。一番重要なのはお客様が本当に望んでいることを引き出すこと。それに膜製品であればどんなお手伝いができるかを伝えていくことが私たちの役目です。


これまで太陽工業を知らなかった、もしくは知っていたけど採用したことがない企業から採用いただくことに一番のやりがいを感じます。過去の営業マンができなかったことをやり遂げたときは、営業マンとしての自分の介在価値を感じることができます。逆に難しさを感じるのも同じ部分。これまで膜製品を採用されていないお客様の価値観を覆すことが一番難しい。入社して期間が浅いので経験や知識の裏付けをもって、説得力のある営業がまだまだだと実感しています。

難しいのはこの「本質」への意識を揃えていくことです。工場の現場スタッフとメンテナンススタッフでは本質を見極めるということに差があるように感じます。些細な異音や振動などは、毎日その機械を扱っている現場スタッフだからこそ気づくことができる。現場スタッフが感じる違和感をうまく吸い上げるような仕組みを作っていく必要があると考えています。

これから挑戦したいこと

自分の仕事が目に見える形で残る仕事ができるのも、太陽工業の仕事の魅力です。私も、いつかランドマークになるような大きな仕事をして、その仕事を家族や友人に自慢したい。また、膜は多様な可能性を孕んでいるといる素材ですが、新しい用途を見つけることは世間の価値観を一変させることができると思います。価値観を変えることは世界の在り方を変えることです。そんな世界を変える仕事がしてみたいと考えています。

太陽はどんな会社?

長い歴史の中で培ってきた社風や風土、そこから変えていくべきところと残すべきところを今まさに会社として選定しているタイミングだと思います。そういう過渡期にある会社にいること自体にも面白さを感じます。