MAKMAX 太陽工業株式会社

PERSON
16
大橋 優
OHASHI YUU
  • エンジニアリング本部 東日本工事部 施工管理
  • 2011年入社 普通科 卒

入社までの経緯

最初は枚方工場でアルバイトをしていました。3年間ほど働いた時、社員として入社することになりました。社員になりたいと考えたのは、実際に働くなかで、膜という特殊な材料で製作するドームや大型テントに魅力を感じたこと、完成した現場を見た時の膜の美しさに感動したこと。そして、その膜の素晴らしさを世の中に伝えていきたいと考え、社員になることを決めました。

やりがいを感じる時

東北工事課で現場管理をしています。現場管理とは工事現場で太陽工業の製品を図面など見て組み立てる作業を指揮する仕事です。また使用する書類作成などの事務仕事も行います。現場施工が終了し、完了検査でお客様に「綺麗ですね。ありがとうございました。」と言って頂けた時は、自分の頑張りが認められたようで、すごくやりがいを感じます。

工事課に移動し半年ほど経った頃、膜天井という製品の現場管理をする事になりました。膜天井はまだ製品としてできたばかりで、現場管理も未知数の出来事が多くあり、とても不安でした。当然、現場が始まるといろいろなトラブルが発生し、心が折れそうになる時もありましたが、一緒に仕事をしている職人さんと話し合い、挑戦する事で一つ一つ解決でき、完成した時には、膜天井の現場管理に対して自信を持てるようになりました。あきらめないで食らいついていけば成長できると実感しました。

これから挑戦したいこと

まだまだ現場経験の少なさが課題だと考えています。工事の仕事は現場経験があるかないかで大きく違ってくる。経験豊富な先輩の現場はスムーズに作業が行われることが多いです。それはトラブルなどの問題に幾度となく対応し、現場を納めてきているからです。私自身も先輩を見習って向上していきたいと思います。そして、今までに経験した事のない製品の現場施工に挑戦してみたいと思っています。わからない事がいっぱいで不安ですが、新しい発見に出会える楽しさもあります。

太陽はどんな会社?

「自由」な会社だと思います。やりたい事にチャレンジできる会社。やりたい事を後押ししてくれる会社。やりたい事を実現できる会社。そういう会社だと感じています。