MAKMAX 太陽工業株式会社

    

Talk Session

太陽をもっと輝かせるための
座談会

PROFILE

  • 執行役員
    中西 徹

    営業として30余年。数多くのプロジェクトを手がけてきた、太陽工業の昔の良さも知る大ベテラン。

  • エンジニアリング
    企画部 部長
    橋本 賢司

    エンジニアとして、20年空間系の施工に携わりながら、現在は、より強いエンジニア集団を目指し、改革を実行中。

  • 首都圏営業本部
    第1営業部 課長
    池田 真也

    超がつくほどの「抜擢」で、営業所所長に就任。プレイングマネージャーとして、営業、指導に勤しむ。

  • 設計本部
    東日本設計部
    藤田 晴太

    大学時代に、触れた太陽の「膜」の特殊性に惹かれ、入社。現在、大きなプロジェクトに設計者として関わっている。

  • 人事部
    森下 舞美

    若手にチャンスがあることに魅力を感じ入社。その魅力通り、新入社員として早速「新卒採用」を任されている。

Session

01

太陽工業の強みについて

森下
今日は諸先輩のみなさんから、太陽工業の強みや課題、これから目指すべき目標などをお伺いできればと思います。私が知らない魅力をたくさん教えてもらいたいです!早速ですが、太陽工業の強みについて、まずはお話できればと思います。私が実感してるのは、「任せてくれる」という文化ですね。
中西
「任せてもらえる」って魅力は、昔から変わらないね。それに若い年次でも割りとすぐに任せちゃう(笑)。いいか悪いかは別にして、どんどん仕事をこなしていくことに面白いと感じる人にとっては楽しい会社だろうね。逆に待っているタイプの人には少し厳しいかもしれない。
池田
確かにそうですね。ずっと根っこの強みは変わっていないと思いますね。昔から任せられていた部分があって、今、会社が様々な新しいチャレンジをしていますが、根っこのコアは守りながら、社員が向く方向を転換しているだけなのかなっていうイメージを持っていて。昔の太陽工業の強みを、チャレンジへの仕組みや取り組みを通じ、さらに強化しているイメージですね。
橋本
技術的なところでいうと、「膜構造」ってかなり特殊な分野なので、お客様から相当頼りにされる。当社の立場だと珍しく工程表の作成も依頼されることも多い。それくらいもうがっつり頼りにされているというか、特殊な分野の技術を持っていることは強みですね。ただ、「わからない」から「わかる」にもっていく難しさは、リーディングカンパニーだからこそですけど。。特に設計なんて、膜構造の設計ができるっていったら、国内であれば、ウチを含めてかなり少ないですからね。
藤田
設計でも、「信用」があるからお任せしますというケースも少なくないですね。それほどの信用を得ているというのは、すごいことだなと思います。ただ逆に、お客様が自分たちのニーズをどう伝えればいいのかと悩んでいる部分もあるのかなと最近は感じています。
中西
営業としても技術としても、非常に専門性が高い仕事をしているので、あまり競争相手がいない。そこが強みだけれども、ニッチな仕事をしているので、そっちに偏ってしまっているところはある。他の分野に広がっていくタイミングがきている、というところはは確かにあるかもしれないね。

Session

02

太陽工業の課題とは?

橋本
中西さんがおっしゃっているように、ニッチな分野で強い分、言ってしまえば胡座をかいていたようなところが、少し前ぐらいまでは、顕著だったと思います。そこから、このままではまずいね、いけないね、。ということで、組織をはじめとして、社内で様々な変化が進んでいるという現状がある。例えば組織の改編が進む中で、課題として浮き上がってきたのが、技術の伝承だと私は感じています。エンジニアが持つそれぞれ個性やノウハウを標準化していくのがとても難しい。加えて世代の差というのもあるから、どう伝えていくべきかというのを試行錯誤していますね。
中西
表裏一体だよね。「任せる」という強みも、任せた本人だからこそできた、という周囲の理解の仕方だと、なかなか標準化できない。ずっと、この状態を継続していく、ニッチな分野でやっていくならそれでいいかもしれないし、私や橋本君の世代だと「それでよし」で育ってるから違和感もないんだけれど、これから積極的なチャレンジや変化をしていく、例えば新しい事業分野に出て行くって時には、標準化や見える化、伝承も、ちゃんとやらないといけないね。
池田
個人と組織のバランスって難しいですよね。私の世代は、分からないなりに、若いうちからの色々な仕事を任せてもらっていた世代ですから、それが良かったと感じることも多いんです。20代、30代の経験が、40代でもっと花開くと思っているので、ポンと任せた方が、自分が経験した営業にはいいのかなとも感じたりしますね。
中西
そうだね。「放任」と「フォロー」のバランスがとても重要だってことだよね。池田くんがいうように営業は任せた方がいいと私も感じているし。でも、それも、それぞれの社員の個性にもよる。個性の活かし方は、当社で一番取り組むべき課題だね。それと、専門性が高い仕事でずっと勝ち続けてしまったので、仕事が広がっていきにくいというのもビジネスの面でやっぱり変えていきたいと思っている。
森下
会社内では結構、新規事業も進めていこうという流れがあると思いますが、実際に現場ではどうですか?
中西
当然、いろんな取り組みが進んでいるよ。あと、社員の活かし方だと、役職やプロジェクトへの抜擢なんかもそのひとつ。もっと若い人の自由な発想を生かそうということが多くなってきている。新しい事業とか、例えば5年後、10年後を見据えた動きというのは、さらに活発になると思うね。
橋本
先行投資をするというのが、当たり前の感覚に近くなってきていますよね。もちろん投資をするにはきちんとしたロジックがないと話にならないけど、昔に比べて、将来的な話がしやすくなっているとは思いますね。
藤田
エンジニアとか、設計の人間って、新しいことをしたいという欲が結構強いと思います。私もそうですから、だから、新規事業とか基本的には関わりたい。関わりたいけど、目の前の仕事がたくさん、なんてこともまだ多い現状もあります。だから「働きやすさ」みたいな面の見直しもこれからもっと進めばいいなと個人的には思っています。

Session

03

目指すべき未来

中西
おそらくは来年とか再来年に入ってきた方が10年経つ頃って、今のマネジメント世代は第一線からは間違いなく退く時期。。だからこそ、若い世代に、仕事を任せるとか、部門を任せていくことで、どんどん成長をしてもらいたい。勿論。僕たちの世代が本気で、その世代を育てていかないといけない。
橋本
待ったなし、ですよね。
中西
そういった意味で、これから入る人達って、すごくチャンスがあると思う。世代交代が上手くいくように、それぞれの仕事の標準化もしかり、新規事業とか、流れは作っておきたいと思いますね。
橋本
技術的にいうと、新設案件も勿論ですが、いかに長く使ってもらえるものづくりを実現するかという部分を伸ばしていかなきゃいけない。実は、改修、張り替えって新設するより難しいんです。できるだけ維持コストを下げて、稼働も考えながら、お客様に提案して、実際に施工していく力を身につけていく必要があると思いますね。
藤田
私は、やっぱり「教育」の部分をもっと強化したいですね。私が入社した時は「同じような資料があって、どれを見たらいいのか、誰に聞いたらいいのかも分からない」という状態でしたから(笑)。先輩方の資料から発想することも多いので、そのノウハウなりナレッジが整理できているっていうことは大前提と思っています。そして、整理されているだけでなく、新しい知見の共有の方法や、資料のまとめ方を進化させる方法、それにあわせた管理体制を含めて考えていきたいですね
池田
営業も当然若手の教育が急務であることは変わりません。ただ技術と少し違う面もあるとは思います。数年前に営業のガイドブックみたいなのがあったんですけど、お客様の状況などで経験できることって毎回違うので、ガイドブックを応用する力が必要だと思ってます。だから、営業課長としては、OJTを通して一緒にお客様に訪問して、大丈夫そうかなと思ったらもう任せるようにしています。あれこれ細かく指示を出すのではなくて、一緒に横にいて、メインはこの担当者、ですと。多分、任された若手は最初はとても緊張していると思います。でも日常的にお客様や、上司や先輩と対話することで、知識は絶対に身についてくるので。標準化できるところはする。できない部分は伸ばせるように。そういう切り分けも大事かなって思っています。
森下
私は採用担当として、まず前線の皆さんの意見を聞くのがとても大事だなって改めて思っています。どういった学生がいいのかなって、現場の方の意見を聞くことで、もっと当社で活躍する人物像が明確になっていくと感じます。採用した方に活躍してもらうべく、現場と一緒になって学生さんと対話していく、現場の方と未来を話し合う場を作るなど、自分なりのチャレンジをしていきたいと思います!。