膜天井

TOP > 建築分野 > 膜天井

安全で快適。意匠性に富み、環境にも優しい、これからの天井です。

天井落下の危険は、大地震のときだけではありません。下地材の老朽化・劣化や、日々の繊細な振動、風や熱収縮、このような原因による天井落下は今日、世界中で報告されています。 重くて硬い従来の天井に代わって、新しい発想のやわらかく、軽量、丈夫な膜天井が人々の暮らしを優しく包みます。

膜天井

膜天井とは

膜天井は、軽く、柔らかく、強いという”安全・安心”に加えて、”美しく快適な空間”を創る天井です。
非構造部材の耐震化が重視されている今日、スポーツ、教育、商業、交通、公共施設など様々な用途の建築に採用されています。

contentsNum01.jpg
contentsNum02.jpg
contentsNum03.jpg

大空間でも「特定天井*」に該当しません。

吊り材が不要で、軽量な膜天井は、国土交通省告示(平成25年8月)に定める「特定天井*」に該当しない天井です。室面積や天井高さに制限されることなく、大空間をデザインできます。

*特定天井とは「脱落によって重大な危害を生ずるおそれがある天井」の略称で次のすべでに該当するものを示します。

  ●吊り天井
  ●6m超の高さにある
  ●水平投影面積200m²超
  ●天井面積成部材等の単位面積質量2kg/m²
  ●人が日常利用する場所に設置されている

contentsNum04.jpgcontentsNum05.jpg

特長

かるい

  • 万が一落下しても被害が少ない
    膜材料の質量は約600g/m²。従来の天井材に比べてたいへん軽量で、まさかの落下時にも室内の人々や物品に与えるダメージを最小限にとどめることができます。

やわらかい  

  • 変形や衝突に強く、揺れにくい、落ちにくい
    薄く柔らかな膜材料が、室内の意匠性を高めるだけでなく、地震時の大きな揺れにも変形追従が可能な構造となり、天井脱落の危険性が極めて低くなります。

つよい

  • 落下物を受け止める
    厚さわずか1mmの極めて薄い素材ながらも、落下物を受け止める強度を保持していることを、自社試験にて実証済みです。

実績

 膜天井の実績集

関連リンク

 膜天井にボールが激突した場合の検証動画