TOP > MakMaxプラス > 土木 > コンクリートでの法面保護より手軽な工事方法とは
土木
2019/11/07

コンクリートでの法面保護より手軽な工事方法とは

高谷裕美
MakMaxプラス

日本は国土の70%を山岳地帯が占めることから、法面工事が様々な場所で行われています。

中でも「法面保護工事」は重要です。崩壊を防ぐためにコンクリートを用いて堅固に作られるのが一般的で、コンクリートは法面の敵である雨水の浸透を防ぎ、崩壊を食い止めます。

コンクリートでの法面保護

しかし、コンクリートにもデメリットがあり、工事の際に重機が必要だったり、紫外線による劣化を受けやすい、そしてコストがかかるという課題があります。今回はこれらのコンクリートの欠点を克服して新しく開発された用材、「コンクリートキャンバス」をご紹介いたします。

 

 

法面災害について

法面災害で顕著なものの一つとして高速道路における事例が挙げられ、梅雨や台風のシーズンには必ずといっていいほど、法面崩壊のニュースが報じられます。

引用:2011年一般財団法人土木研究センター『道路斜面の災害事例の収集・分析の取組み』

近年では、幅数十メートル・縦二十メートルにわたり法面が崩壊した事例があり、復旧には一ヶ月以上の時間を必要としました。

朝日新聞デジタル「西九州自動車道、のり面120メートル崩れる 佐賀」
https://www.asahi.com/articles/ASLB13QFWLB1TIPE00Q.html

法面が崩壊に至る原因の一つとして地盤の脆弱性が考えられます。高速道路の建設や改修工事ではボーリング調査が行われますが、隣接する法面で顕著に弱い地盤が見つかることがあります。その場合、盛り土や水抜きボーリングなどの応急処置が行われ、工期が遅れることもしばしばあります。

その後も法面の崩壊を防ぐためには、厳重な法面保護工事が必要となります。


関連情報:法面保護に関する資料をダウンロード
 

法面保護工事について

法面とは狭義には、切取りまたは盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。
(広義には自然傾斜面を含むこともあります。ここではこの狭義の法面を扱います。)

法面は基本的に脆弱性を持っています。特に雨に弱く、流水による侵食だけではなく、水が入り込むことで土が軟らかく不安定になります。雨の内部への浸透によって法面は崩れやすくなります。

そのため、法面では水を逃がすための水路を別途設けねばならない場合があります。特に斜面を切取る場合は必要度が高くなります。そして、この水路についても、補強を行う必要があります。

法面の水路

盛土にしても脆弱性には変わりなく、土のうを積む場合でも寿命はもって3年が一般的で、都度の置き換えが必要となってきます。

土のうだけでは最長でも3年で置き換えが必要

 
関連情報:法面保護に関する資料をダウンロード


特殊技術を活用したコンクリートキャンバスとは

「コンクリートキャンバス」は、コンクリートとキャンバス(布地)の複合材料で、水分を加えると硬化します。法面保護においてよく活用される吹付系と被覆系の利点を兼ね備えた資材と言えます。

コンクリートキャンバスは、人力での持ち運びが可能ですので、重機の運搬が難しい場所において施工を容易にします。重機の運搬が難しくなく場所でも重機手配のコストを削減することができます。

また、英国にて特殊な技術を用いた繊維を使用しておりますので、細かな形状の微調整や、切断もできるため、きめ細かな作業が必要なエリアにおいても活躍します。

コンクリートキャンバスならコンクリートを細かい形状に沿わせることができる


より詳しい内容に関しては「法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは」の記事に記載してありますので、ぜひご覧ください。 

まとめ

法面工事の新機軸であるコンクリートキャンバスは、手軽に利用ができ、低コスト、またその耐久性によって施工後の保守費用も押さえてくれます。

既に自衛隊や地方公共団体での導入事例がありますので、ぜひ弊社の公式ホームページをご覧ください。

水をかけるだけで薄く高耐久、水密性が高く火にも強いコンクリート面を作る
「コンクリートキャンバス」(公式HP)

▼コンクリートキャンバスの説明動画やオンライン商談、購入価格など
太陽工業オンライン展示会 

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む