TOP > MakMaxプラス > 低温流通資材 > 業務用の保冷バッグにか欠かせない機能性と課題とは
低温流通資材
2020/04/22

業務用の保冷バッグにか欠かせない機能性と課題とは

高谷裕美
MakMaxプラス

ご存じのとおり低温物流・定温物流のニーズは拡大し続けており、それに合わせて関連するプロダクトの供給も多様化しています。

コールドチェーンを途切れさせないために必須の業務用保冷バッグも、今ではたくさんの種類があります。数えきれない選択肢の中からベストなものを選びたいところですが、「どうやって選べばいいの?」、「何を基準に選ぶのが正解なの?」と迷ってしまう方も多いはず───ということで、今回は使いやすさに焦点を当てて、おすすめの保冷バッグをご紹介します。

保冷機能が優れていることは当然として、使い勝手が悪く取り扱いに時間がかかってしまっては、トータルでコスト削減になりません。

機能も使いやすさも妥協しない業務用保冷バッグとは、どのようなものでしょうか。今回は、業界の課題を浮き彫りにして、それを解決する商品に注目する───という視点で見ていきます。

 

 

業務用の保冷バッグに欠かせない機能性と、課題とは?

低温物流・定温物流はどのような課題を抱えており、それを解決するために業務用保冷バッグに求められる機能はなんでしょうか。

「保冷性能」はすぐにイメージできると思いますが、それ以外にもたくさんあります。妥協しない商品選びのためにも、以下のポイントはすべて押さえておきましょう。

課題 求められる機能
保冷性能が不十分で、大量の保冷剤が必要になってしまう。 高い保冷性能
積載効率が悪く、外形寸法のわりに内容量が小さくなってしまう。 コンパクトな外寸と効率的な構造
保冷バッグの耐久性が低く、頻繁に修繕や買い替えが必要になってしまう。 繰り返しの使用に耐える耐久性
多少の衝撃程度で内容物に影響が出てしまう。 中身を守るクッション性・衝撃吸収性
使っていない保冷バッグがスペースをとってしまい、輸送コストや保管コストがかかってしまう。 空輸送時のコストを考慮した設計
奥に入ったものが分からず出し入れに手間がかかると、せっかくの定温物流が途切れてしまう。 商品の出し入れが容易な使い勝手
大きすぎても小さすぎても効率に影響するため、本当に適切な寸法のものを選ぶ必要がある。 内容物に合わせた豊富なサイズ展開

 

いかがでしょうか。 これをお読みのあなたも、「そうそう、これに困ってるんだよね」と同じような課題を感じていませんか?

そうであれば、そんな悩みをすべて解決する商品をご紹介します。

 

妥協なく課題を解決してくれる、使いやすい業務用保冷バッグとは?

前述の課題を網羅して解決してくれるのが、太陽工業社の「シーパックE(前開きタイプ)」です。

ベース商品である「シーパックE(エコノミー)」の機能はそのままに、作業性を圧倒的に高めたのがこの保冷バッグです。

以下のような機能を備えており、まさに求められるものを妥協なくカバーしてくれます。「こういう商品を選べば間違いないのか」という商品選びの基準にしてみてください。

  • 遮光性、断熱効果および耐久性が抜群
  • 軽量のため、取り扱いが簡単で作業効率を高める
  • 材質はソフトで、緩衝材の役目を果たす
  • 折りたたみが可能なため、場所をとらず収納スペースが1/3ですみ、デリバリーコストを大幅に低減
  • 正面から開閉するため、商品の出し入れが簡単
  • 豊富なサイズ展開
  • 社名などの印刷や特別サイズのオーダー品も30個以上から特注可能

品番 W(mm) L(mm) H(mm) 重さ(kg) 梱包サイズ(mm)
CES-1 450 350 450 1.1 500mm×500mm×50mm
CES-2 550 350 450 1.2 600mm×500mm×50mm
CES-3 650 450 450 1.6 700mm×500mm×50mm
CES-4 750 450 450 1.8 800mm×500mm×50mm

 

さらに詳しい情報をご覧になりたい方は、同社が無料で提供するカタログをチェックしてみてください。

 

まとめ

よくある課題を解決する高い機能性を保ちながら使いやすさにも優れる商品として、太陽工業社の「シーパックE(前開きタイプ)」をご紹介しました。

  • 高い保冷性能
  • コンパクトな外寸と効率的な構造
  • 繰り返しの使用に耐える耐久性
  • 中身を守るクッション性・衝撃吸収性
  • 空輸送時のコストを考慮した設計
  • 商品の出し入れが容易な使い勝手
  • 内容物に合わせた豊富なサイズ展開

これらの要素をもれなくカバーしていることを基準にして、自社に最適な保冷バッグを選んでみてください。

 

「シーパックE(前開きタイプ)」をはじめとする当社の製品は、こちらのページ(楽天市場)からご購入頂けます。

関連記事

2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護に効果的なコンクリートキャンバスとは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/10/01

中型倉庫の『湿気対策』に有効な手段とは

作成者 :
高谷裕美

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。 湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。 この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。 【目次】 1 倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは 2 湿気が溜まると結露が発生。カビの原因...


もっと読む
2019/08/09

天井構造の仕組みと種類を詳しくご紹介

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井
2018/05/11

エクセルに負けない!工事写真台帳と報告書のレイアウトで自動調整したい5つのポイント

作成者 :
ミライ工事

エクセルはオフィスに広く普及し、表計算以外にも、様々な場面で活躍しているソフトです。ネット上には様々なテンプレートがあり、仕事に便利な環境が整っています。 工事写真台帳や点検報告書の編集でもエクセルを利用されている方は多いのではないでしょうか。しかし、エクセルは、デジカメ利用とメールでのやり取りを前提としたシステムになってしまいます。編集の度に写真を貼り付けたり、台帳の編集が終われば、ファイル送付...


もっと読む