TOP > MakMaxプラス > News Release > 大型土のうに代わる防災製品「ハイウェイデルタ」開発
News Release
記事公開日:2023/01/17 最終更新日:2023/01/17

大型土のうに代わる防災製品「ハイウェイデルタ」開発

高谷裕美
MakMaxプラス

ハイウェイデルタを設置し復旧 ※写真はイメージ

 

道路災害発生時の早急な復旧を支援


2023年1月17日

<報道用資料>

太陽工業株式会社

 大型膜面構造物(テント構造物)や土木・物流資材などを手がける太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:能村 祐己)は、道路災害発生時の早急な復旧を支援する土のうに代わる仮設大型水のう「ハイウェイデルタ」を、中日本ハイウェイ・メンテナンス中央株式会社(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:河合 朝仁)と共同開発し製造を開始しました。「ハイウェイデルタ」は2023年1月より、中日本ハイウェイ・メンテナンス中央株式会社から全国の道路維持修繕業務を請け負う会社や自治体を対象に販売されます。

(左)災害発生時、(右)ハイウェイデルタを設置し復旧 ※写真はイメージ

 地すべりや土石流、がけ崩れなどの土砂災害は近年増加傾向にあります。国土交通省によると2021年までの10年間は、それ以前の10年間と比較すると年平均の発生件数が約1.3倍に増加しています(令和3年の土砂災害/国土交通省砂防部)。道路斜面でこうした土砂災害が発生した場合は、土砂撤去などの応急処置をしたのち、道路へさらなる泥水や石が侵入することを防ぐ必要があります。「ハイウェイデルタ」はこうした泥水や石を防ぐための仮設大型水のうです。防水性の高いシートを用いて製作した三角形の長い袋体で、伸ばして敷設し、その中に水を注入することで強固な水のうとなります。これまでの土のう(トンパック)に代わる防災ツールとして軽量で、コンパクトに折りたたんで収納でき移動も容易で、すばやく設置できます。何回でも使用することができるため環境や資源にも配慮しています。

本製品は当社の水害対策製品「デルタチューブ」をもとに、中日本ハイウェイ・メンテナンス中央株式会社との協力により、約1年半をかけて道路脇で使用可能な製品として改良しました。三角形の形状を見直し、道路の方向を分かりやすくする矢印反射板や保護マットなど道路脇で必要なものを装備して製品化しています。

 

■おもな特徴

①可搬性
・ 従来の方法(大型土のう設置)と比べた場合、収納状態で現地へ運搬可能

②省力化
・大型土のうの設置には重機が必要となりますが、ハイウェイデルタは必要ありません
・運搬にかかる往復作業の必要がありません
・1基設置する場合、4人の作業員により15分で設置完了
※中日本ハイウェイメンテナンス中央の散水車を使用した場合

③再利用可能
・土のうの場合、撤去時に破損し土砂が散乱する場合がある
・雪氷用塩(塩化ナトリウム等)用袋を使用すると、撤去後の廃棄物処理が必要となる場合がある

④道路利用者の安全性
・大型土のうの場合、衝突が大事故につながる可能性が高い。ハイウェイデルタは水のうのため衝突の衝撃を緩和できる

 

■ハイウェイデルタ 概要

製 品: ハイウェイデルタ
販 売: 中日本ハイウェイ・メンテナンス中央株式会社
仕 様: 高さ1.1m×幅1.2m×長さ6m 重量40kg/基  容量4.5㎥
材 質: 基布:ポリエステル100%、コーティング樹脂:ポリ塩化ビニル(PVC)
開 発: 中日本ハイウェイ・メンテナンス中央株式会社/太陽工業株式会社
製 造: 太陽工業株式会社

 

■太陽工業株式会社について

 太陽工業は、社会の安心・安全を支え、人々の豊かな生活の実現に貢献することを目指す「膜構造のリーディングカンパニー」です。軽くて丈夫な素材の特性を活かし、巨大ドームの屋根に象徴される各種建築事業をはじめ、土木や物流、さらには環境分野などにも製品を展開しています。特に近年では、各地で多発する災害時の緊急対応や、新型コロナ対策の医療用テントでも社会の注目を集めつつあります。

公式HP:https://www.taiyokogyo.co.jp/

 


報道用写真は、こちらよりダウンロード頂けます。

 

この件に関するお問合わせ先

太陽工業株式会社 広報部 電話:06-6306-3033
高谷(080-4017-4670)/蔭島(090-2147-4572)

 

ご参考

太陽工業では、街中から河川沿い、いざという時のために幅広い水害対策器材を開発、製造、販売しています。「ハイウェイデルタ」は、土のうに代わる水防ツール「デルタチューブ(下写真)」を応用して開発した道路災害対策の新製品です。

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井