TOP > MakMaxプラス > テント倉庫 > 【倉庫のカビ対策】カビの発生原因と有効な湿気対策の紹介
テント倉庫/工場/作業場
2019/10/01

【倉庫のカビ対策】カビの発生原因と有効な湿気対策の紹介

高谷裕美
MakMaxプラス

倉庫でのお仕事に携わる方であれば、一度は倉庫内の湿気に悩まされたことがあるのではないでしょうか。

湿気は不快なだけでなく、結露やカビの原因となって保管物を傷めたり、中で作業する方の健康を損ねたりします。

この記事では、なぜ湿気が発生するのか、どんな影響があるのか、そしてどのように対策すべきか簡潔にまとめます。

 

 

倉庫に湿気が溜まりやすいワケとは

倉庫内に湿気が溜まりやすい理由は、複数あります。

①倉庫は一般的に間仕切りが少なく天井も高いため、空調効率が悪くなりがちです。

②さらに窓が少なかったり開けられなかったりするため、換気しづらく、湿気を外に逃がしにくい構造になっています。特に夏季は倉庫内が高温になりやすいため、空気が水蒸気を多く含み、それがそのまま溜まり、湿気が発生しやすくなります。

③壁や床がコンクリートであることが多く、それが水分を吸って溜め込み、吐き出されることによっても湿気が溜まってしまいます。

 

湿気が溜まると結露が発生。カビの原因にも

湿気は、そのまま結露の原因になります。

暖かく湿った空気が冷やされると、飽和水蒸気量(空間に存在できる水蒸気の量の上限)が下がって、余分な水蒸気が水滴になります。これが結露です。

湿気というと夏に高まるイメージがありますが、結露は湿度の高い梅雨や、気温の低い冬に起こりやすい傾向があります。

結露はカビの原因にもなります。さらには金属の錆びの原因にもなる他、悪臭を発生させたりすることがあります。

保管物を損傷したり、従業員の健康にも影響があったりするため、倉庫の結露対策、湿気対策は必須です。

 

倉庫の湿気、結露の対策

倉庫内の湿気と結露への対策をご紹介します。発生の原因を考えると、ロジックとしては「空気が滞留しよう、換気し、空気が流れる仕組みを作ること」が必要です。

Flex Ceiling Fans(低速大風量シーリングファン・HVLSファン)の設置

きわめて大きな効果が確認できている方法です。数年前よりアメリカで大規模倉庫やショッピングセンターなどに導入されだしたシーリングファンで、大きな羽をゆっくりと回転させ、内部の空気全体を大きく対流させるのが特徴です。

日本でも少し前から導入事例が増えています。本来は、夏場における作業時の体感温度を下げて快適な作業環境をつくったり、室内での熱中症予防を目的とした設備ですが、湿った空気を対流させることで、結露発生の機会を大幅に抑制する効果が確認されています。

関連資料:倉庫建築を5分で比較できる資料をダウンロード

  

テント倉庫+シーリングファンで快適な倉庫内環境をつくる

倉庫の構造自体が湿気を溜めやすいものであることを考えると、根本的な見直しを図ることが最大の対策になります。

倉庫の新設や改修をご検討の場合、膜構造のテント倉庫を強くお勧めします。

テント倉庫は下記のとおり、多くのメリットがあります。

■ 夏は涼しさを保てる。
■ 建築コスト、改修コストが抑えられる。
■ 工期が短い。
■ 採光性が高く、倉庫内が明るくなるため節電にもつながる。
■ 壁や屋根に錆が発生しない。
■ 柔軟で地震に強く、万一落下があった際も被害を最小限に抑えられる。

一方、膜材は1mmに満たない薄い材料であるため、外空間と内空間を隔てている膜自体は、外気温の影響を受けやすく、結露が発生しやすいという特徴があります。ここに上記のシーリングファンを導入することで、その弱点もカバーし、快適かつ湿気対策もなされた倉庫を実現することができます。

庫内の温度が均一となり、設定温度も大きく下げる必要がなくなる

例えば、弊社の膜構造ショールームであるFlex Experience Centerでは、建設してから数年が経ちますが、シーリングファンの設置によって、未だに結露の発生は確認されていません。

この方法であれば、膜構造のメリットを享受しながら、湿度に悩まされることのない環境をつくることができます。膜構造を活用したテント倉庫については「低コスト・短工期で済むテント倉庫のメリットとは」の記事で確認ができます。

倉庫内の湿度にお悩みの方は、シーリングファンの設置や、テント倉庫への改修をご検討されることをお薦めします。

関連資料:倉庫建築を5分で比較できる資料をダウンロード

WEBカタログはこちらから

テント倉庫、テント工場/作業場についてはお問合せはこちらから

オンライン展示場

▼『テント倉庫』や『コンクリートキャンバス』の360°CGやオンライン商談、購入などの各種サポート

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井