TOP > MakMaxプラス > テント倉庫 > 仮設屋根のレンタル・リースで汚染土壌対応工事の現場を効率化できる理由
テント倉庫/工場/作業場
2020/06/26

仮設屋根のレンタル・リースで汚染土壌対応工事の現場を効率化できる理由

高谷裕美
MakMaxプラス

汚染土壌対応工事の現場では、汚染土壌の処理方法等によって屋根が必要となるケースがあります。 購入すれば高価になる仮設屋根も、レンタル・リースで安くて手軽に設置することができ、工事の現場を効率化することが可能です。 この記事では、仮設屋根をレンタル・リースするメリットや豊富なバリエーションについてご紹介します。

是非一度ご覧いただき、仮設屋根のレンタル・リースの検討にお役立てください。

 

 

仮設屋根を必要とする汚染土壌対応工事現場

汚染土壌とは、特定有害物質の基準値を超えた含有量を有する土壌(土)のことであり、工場からの有害な物質を不適切に取り扱った結果汚染したり、自然由来で汚染されたりするものがあります。

汚染土壌を直接摂取してしまったり、汚染土壌が溶出した地下水等を飲用したりすると、健康を害する可能性があります。
そのため、土壌汚染の状況の把握や土壌汚染による人の健康被害の防止を目的として、土壌汚染対策法という法が策定されています。

この法律では、土壌汚染調査の義務がかかる土地や、対象となる特定有害物質及び基準値が定められています。 また、土壌には、塩素を含む物質の不完全燃焼等で生じるダイオキシン類が蓄積されている場合があります。

ダイオキシン特措法において、このダイオキシン類に関する基準や規制を定め、汚染土壌に関する措置が定められています。

このような汚染土壌に対応する土木関連工事現場においては、汚染土壌の処理方法等によってテントや屋根を必要とする場合があります。


VOC(揮発性有機塩素系化合物)汚染土壌で掘削除去工法で行い、雨除け、粉じん対策としてテントが必要な場合や、ダイオキシン、PCB、水銀、POPsの場合は、原則として前室テント付きの負圧管理できるテントが必要となります。

 

仮設屋根と仮設建築物の違い

まず「建築物」とは、屋根・柱・基礎を有する工作物の総称です。
この建築物全般のうち、1年以内の期間を限定して設置される建築物を「仮設建築物」と一般的に呼んでいます。

これに対して、工事現場内に設置される、工事期間中のみに使用される施設・設備のうち、屋根(日除け・雨避け等)として機能する物を「仮設屋根」と呼んでいます。
仮設屋根は、簡易的なブルーシート等の養生とは異なり、粉塵飛散等による第三者とのトラブル軽減に貢献し、風雨や雪を防ぐことで工事現場の作業環境を向上させます。

 

仮設屋根をレンタル・リースするメリット

仮設屋根は、工事期間中のみ必要な施設を建築物の申請不要で建てられる経済的で効率的なものです。 「工事現場の仮設仮囲い」の範疇にて提供しております。
仮設建築物が仮設許可申請を要するのに対して、仮設屋根は申請不要で設置することが可能であり、作業に必要な手間を省略することができ、時間短縮できるメリットがあります。

また、設置や撤去にかかる日数も短く、作業現場を効率化することができます。 一時的な施設である仮設屋根を購入して都度設置、撤去することは効率的ではありません。

レンタル・リースで利用することにより、最低限のコストで最大限の高価を得ることができます。

レンタル・リース可能な仮設屋根の豊富なバリエーションで様々な汚染土壌工事現場に対応

仮設屋根には、大きく分けて伸縮式と固定式の2種類があります。
仮設屋根自体が蛇腹式に伸縮する「伸縮式」と、大空間の保管スペースを確保できる「固定式」で、それぞれにもバリエーションが存在します。

仮設屋根で数多くの実績がある、太陽工業株式会社のバリエーションをご紹介します。

伸縮式

伸縮式仮設屋根は、仮設屋根自体が伸縮するタイプで、長尺や重量物を直接クレーンで入出庫できます。
上屋の伸縮は人手で動かすことができるため機械は不要です。
間口サイズは5種から選択可能です。 設置工事は1棟あたり通常1〜2日で完了し、撤去も通常1日で現状復旧します。

 

伸縮式 新型

新型伸縮式仮設屋根は、スパン毎にテントを差し込んでいく構造の伸縮式の屋根です。 必要な面積の分だけレンタルすることができます。 スパン毎にテントを差し込んでいく構造なので、桁行方向の寸法は1スパン(1.5m)毎に自由に設定できます。

開口部はカーテン式で、スライドするだけでフルオープンにできることで、スピーディーな出し入れが可能で作業効率が向上します。 取り付けはガイドファスナーに沿って分割膜を差し込みスライドさせるだけあり、旧型と比較して施工性と安全性が向上しています。

 

固定式

固定式仮設屋根は、大空間の保管スペースを手軽に確保することができます。 機能的な保管倉庫を短期間で構築できることがメリットです。 中間支柱のない大規模なスペースと、7.5mもの軒高で、十分な格納スペースを確保できます。

建築基準法に対応しているため、建築確認申請が可能です。

 

固定式 大型

固定式大型仮設屋根は、W40m×軒H10m程度までに対応可能な仮設屋根です。 中間支柱のない大空間で、有効範囲内では、1.8mピッチ程度で自由な近似寸法で施工できます。
ニーズに応じて、60m〜80mの大スパンでも対応可能です。

 

まとめ

仮設屋根のレンタル・リースは、申請不要で短期間の設置・撤去が可能なため、作業現場を効率化できることが分かりました。

太陽工業株式会社では、仮設屋根のレンタル・リースを数多く手掛けています。 様々な課題やニーズに応えてきた実績と、高い対応力を誇ります。

この記事に記載されていない詳細な情報をご希望の方は、ぜひ太陽工業株式会社にお問合せください。以下のウェブサイトからご連絡いただけます。

公式ウェブサイト:太陽工業株式会社

 

関連記事