TOP > MakMaxプラス > テント倉庫 > ドローンのおすすめ練習場を紹介!練習場所が限られている背景や室内がおすすめの理由も分かる
テント倉庫/工場/作業場
記事公開日:2023/09/29 最終更新日:2023/09/29

ドローンのおすすめ練習場を紹介!練習場所が限られている背景や室内がおすすめの理由も分かる

ワンマーケティング
MakMaxプラス
ドローンの練習場をお探しの方へ、役立つ情報を解説します。日本国内では、都市部を中心にドローンの屋外飛行には規制があり、初心者は練習場所を見つけることすら難しいのが現状です。航空法改正に伴い免許を持つ者が増えつつも、都心部では技術維持の場所が不足しています。

こうした状況を考えると、ドローンの練習場所は屋内の練習場を利用することをおすすめしています。本記事では、ドローンの練習場の現状や課題から、おすすめの練習場について詳しく解説します。

​ドローンは飛行、練習できる場所が限られている

青空を背景に親指を立てる手

ドローンの飛行や練習は限られた場所で行わなければなりません。日本国内では、航空法や小型無人機等飛行禁止法による厳格に制限が課されています。これにより、飛行方法や場所に関して細かな規制があり、飛行を行う際には基本的に許可申請が必要です。

さらに、各都道府県や市区町村の条例によっても制限が設けられており、特に人口密集地ではほぼ飛行が不可能です。違反した場合、最高で50万円の罰金が科せられることもあり、周囲への影響も考慮されています。

都心部での飛行を検討する場合には、国交省への申請や必要な資格取得が必要です。申請手続きは複雑で時間と費用がかかることもあります。法律や規制を遵守して、安全かつ合法的な飛行を行いましょう。

ドローンを扱う企業が抱える悩み

ドローンは飛行、練習できる場所が限られていることから、ドローンを扱う企業が抱える悩みは多岐にわたります。個人だけでなく、企業にとっても大きな問題となっているのです。特に、ドローンを使用した業務やイベントを行う企業は、パイロットの育成や練習場所の確保に苦労しています。

郊外での適切な場所の確保には、移動や申請許可に時間とコストがかかり、会場探しや国交省への申請も手間がかかります。一方、都市部では飛行場所を見つけることが難しく、販促活動やイベントの開催が制限されることもあります。

特に、都内のドローン企業は交通アクセスが良い場所で安心して飛行や練習が行える場所を見つける難しさに直面しています。これらの課題に対する効果的な解決策が必要とされているのです。

ドローンの飛行練習は屋内がおすすめ

工場内で静置しているドローン

これらの課題を解決できるドローンの練習場所として、屋内施設がおすすめです。なぜなら、ドローンの飛行に関する規制は、主に屋外での使用に関する規制です。その一方で屋内での飛行には特に規制がないからです。初心者にとっては、屋内は最適な練習場所といえます。

屋内施設では、ドローンを制御することに失敗した場合や、故障による墜落が起きたとしても、建物や人に著しい影響を及ぼす可能性が低いと考えられます。許可申請などの手続きも不要で、「ドローン飛行の室内練習場」といった施設では、広々としたスペースで練習が可能です。

また、資格取得や高額なスクールに通う必要もなく、航空法を遵守した練習が行えるため、特に初心者にとっては屋内での飛行がおすすめです。これにより、安全かつ効果的にドローンの操作技術を向上させることができます。

おすすめのドローン練習場

未来的なドームの屋根の上に夕日

屋内の練習場の中でも、日本で体表的な室内練習場についてご紹介します。

モビナビドーム

三重県津市に位置するモビナビドームは、ドローン専用の屋内練習場として国内最大級を誇ります。この施設は三重トヨタのグループ会社、モビリティナビによって運営されています。運用の目的は幅広く、練習に限らず、ドローンに関連する人材の育成から、産業用ドローンの販売、メンテナンスまでトータルで対応しています。

その他、モビナビドームの特徴としては、その圧倒的な広さが挙げられます。総面積は約800平方メートル、高さは11メートルもあり、4つの練習区画が設置されています。無人航空機操縦士資格取得に必要なコースも用意されています。近日中には一等資格対応の講習も開始される予定です。

購入できる製品ラインナップも魅力的で、国内2社と米国1社の製品が扱われています。販売だけではなく、レンタルサービスも行われているため、ドローンを所有していない方でも手軽に練習ができることが他の練習場との違いです。

さらに、この施設では「ドローンベースカー」の製作も行っています。これは燃料電池や有線給電を用いて、長時間の飛行や車内でのデータ収集・解析が可能になる革新的なシステムです。

このように、施設の目的はただ練習場を提供するだけではありません。モビナビドームは、ドローンの普及によって社会変革を促し、三重県自体の活性化も見据えているのです。モビナビドームは、飛行練習したい方からは始まり、ビジネスでドローンを活用したい方まで、多くの方にとっての、まさに理想的な環境を提供しています。

モビナビ・ドローンスクール|株式会社モビリティナビ


D-WOLF

下関市に位置するD-WOLFは、国交省にも登録されている講習機関です。ドローンの産業実装に特化した教育と人材育成が行われています。常駐するインストラクターによるサポートと、講習専用ドローンの無料貸し出しのおかげで、初心者でも安心して技術を学ぶことができます。講習では非GPS操作の講習専用機体を使用しますので、商業利用で求められる複雑な操作もスムーズに学習できます。

施設も充実しています。10m×10m×天井高6mの練習コートが2面あり、冷暖房も完備しているので天候に影響されません。さらに特筆すべきは、10m×5m×深さ1.6mの大型プールを備えていて水中ドローンの練習もできる点です。

その他にも、D-WOLFでCPDS認定講習を受けることで、団体発行の「ライセンス」取得と「CPDSユニット」の両方を獲得できます。これにより、技術向上と合わせて、信頼性が一段と高まります。

D-WOLFは実用的なビジネス面にも力を入れています。空撮や農薬散布、高所点検、水中調査など、さまざまな業務受託を通じて地域社会に貢献しています。この施設はドローン業界で活躍する方々にとって、教育から商業利用まで網羅した理想的な環境です。

D-WOLF[ディーウルフ]ドローンショップ

まとめ

工場内にあるドローン

ドローンの練習場にはさまざまな選択肢がありますが、特に初心者には屋内練習場の利用が初有益であると言えるでしょう。日本国内の法律により屋外での使用は制限・制約が多くありますが、屋内であれば規制を気にすることなく安全に練習できます。

その中でも国内最大級のドローン専用屋内練習施設である「モビナビドーム」は、優れた特性から注目を浴びています。この施設のもう1つの特徴として、「モビナビドーム」は「テント倉庫」という形態でコストを抑えて建設されています。

「テント倉庫」は、ドローンの練習場に限らず、先進的なメーカーや物流業などでも多数導入されており、その実績は信頼性の証と言えます。近くに室内の練習施設がない方や、企業としてドローンの練習場を構えたいと方には、低コストで建築できる可能性があり、経済的なメリットも大きい「テント倉庫」がおすすめです。

コスト面の優位性だけではなく、短期工事で建築できることや室内の明るさなど、多くのメリットがある「テント倉庫」はドローンの練習場として最適です。「テント倉庫」に興味を持たれた方は、ぜひ一度、創業100周年&国内シェアNo.1のメーカー「太陽工業株式会社」へお問合わせください。

テント倉庫の無料見積もり・お問い合わせはコチラ!

倉庫建設の基本ガイド
2024年問題解決の糸口

倉庫建設時に知っておくべきこと
すべて詰め込みました。

こんな方におすすめ

  • 倉庫建設で何から着手すべきかわからない
  • 経済的に倉庫を建設したい
  • どの種類の倉庫を建設すればいいのか
  • とにかく、倉庫建設の基礎知識を付けたい
  • 2024年問題が気になるが、 何をすればよいかわからない

資料ダウンロードはこちら

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井