TOP > MakMaxプラス > テント倉庫 > 倉庫作業が効率化する【12の手法】を解説|レイアウトや作業動線の改善方法がわかる
テント倉庫/工場/作業場
記事公開日:2024/01/15 最終更新日:2024/01/15

倉庫作業が効率化する【12の手法】を解説|レイアウトや作業動線の改善方法がわかる

ワンマーケティング
MakMaxプラス

 

倉庫作業では効率的な業務運営が求められていますが、作業の煩雑さに頭を悩ませていることでしょう。効率化は、生産性を高め、コストを削減する鍵です。本記事では、倉庫作業を効率的に行うための12の手法について詳しく解説します。業務の効率化によって、作業員の負担も軽減し、全体の生産性を向上させることができるでしょう。


倉庫の効率化1.整理整頓する

産業貯蔵工場の巨大な流通倉庫に商品箱を持つ棚の列


倉庫内の整理整頓は、効率化への大切な第一歩です。商品を適切に収納し、仮置きスペースを確保することは、スムーズな商品管理に不可欠です。特に、「5S活動」の導入は、作業効率の向上に大きく貢献します。この活動は品質とコストの改善にも効果的です。


「5S活動」は、整理、整頓、清掃、清潔、そしてしつけの5つの「S」から成り立っています。これらは、元々製造業で用いられていた手法ですが、倉庫作業の効率化にも大いに役立ちます。各「S」は、次のような意味を持っています。整理(Seiri)では、必要な物と不要な物を分けます。整頓(Seiton)では、物を適切な場所に配置します。清掃(Seisou)は、作業環境を常に清潔に保つことを指します。清潔(Seiketsu)は、清掃を習慣化し、標準を設けることです。最後に、しつけ(Shitsuke)は、これらの活動を継続的に行うための規律を確立することを意味します。

倉庫で「5S活動」をルールとして根付かせることができれば、効率と品質の両面での改善が期待できます。日々の作業がスムーズになるだけでなく、長期的にはコスト削減や生産性の向上にもつながるでしょう。


倉庫の効率化2.業務を標準化する

建築会議を開く労働者


倉庫内では多様な作業が行われており、それぞれの作業に独自の方法を採用すると、品質にムラが生じるリスクがあります。この問題を解決するために、効率的な作業方法のマニュアル化による標準化が推奨されます。


マニュアルの存在とその遵守は、業務の標準化を促します。特に、スタッフの入れ替わりが多い場合や新人の教育時に、マニュアルは大いに役立ちます。これにより、熟練者でも新人でも同等の作業品質を維持できるようになり、業務の安定性が高まる効果も期待できます。

標準化された業務プロセスは、効率的な運営の基盤です。これにより、倉庫内での作業は一貫性を持ち、各スタッフが予測可能な環境で作業を行えるようになります。結果として、業務全体の生産性が向上し、品質の安定を保つことが可能になるのです。


倉庫の効率化3.倉庫レイアウトを最適化する

倉庫内を整理するイメージ

倉庫のレイアウト最適化は、作業効率と保管量を向上させます。主なレイアウトは「I型」と「U型」です。「I型」は直線的な動線を持ち、空間の限られた場所での効率化に適しています。「U型」は、入荷と出荷エリアが同じで、作業員がスムーズに動けるレイアウトです。


効率的な動線のためには、歩行を減らし、出荷頻度に合わせた商品の配置が重要です。例えば、出荷が多い商品は近くに、少ない商品は遠くに置くと良いでしょう。これにより、生産性が向上し、労力を削減できます。


倉庫の効率化4.ロケーションを適切に管理する

倉庫での製品管理のための棚の商品の在庫をチェックするビジネスワーキングウーマン


倉庫作業を効率よく行うためのレイアウトを考える際、ロケーション管理は重要な要素です。これは、商品の保管場所に住所を付けて管理する方法です。主な方法には、固定ロケーションとフリーロケーションがあります。固定ロケーションは、商品を決まった場所に保管します。フリーロケーションでは、空きスペースに順次商品を保管します。

商品の配置は、品番やカテゴリーに加えて、出荷頻度や商品の動きを基に考えるべきです。例えば、出荷が多い商品は出口近くに、少ない商品は奥に置くと効率的です。レイアウト設計では、日常業務だけでなく、ピーク時の作業効率も考慮することが求められます。これにより、倉庫の全体的な効率が向上します。



倉庫の効率化5.作業動線を短縮する

スマート倉庫管理システム
作業動線の短縮も重要な要素です。作業者の移動、例えばピッキングや入庫などの効率は、動線の長さに大きく影響されます。動線は、できるだけ短くすることが望ましいです。

倉庫内の動線は、最短でスムーズな流れを目指し、各場所の配置を適切に整えることが必要です。これにより、作業者の移動距離が短縮され、時間の節約につながります。また、短い動線は作業者の疲労を減らし、効率の向上だけでなく、作業の安全性も向上させることができます。効率的な動線の設計は、倉庫の全体的な生産性を高めるために不可欠です。

 


倉庫の効率化6.必要最小限の在庫数を保つ

出荷倉庫ロジスティクス
倉庫の効率化において、在庫の管理は重要な要素です。過剰な在庫は、必要以上のスペースや作業を発生させてしまいます。一方、不足は追加の発注や手間を増やします。バランスの良い、必要最小限の在庫を維持することで、効率化とコスト削減が期待できます。


保管スペースを効率的に利用することで、物流の総体的な効率が向上します。また、在庫の定期的な見直しと適正数の維持は、倉庫運営の効率化に不可欠です。これにより、不要な在庫の削減、必要な在庫の確保が可能となり、全体的な業務のスムーズな運営に寄与します。



倉庫の効率化7.保管設備を見直す

セキュリティを備えた建物内の空のストレージラック

倉庫の効率化には、保管設備の適切な選択と配置が鍵です。平置きスペースを保管棚に変えることで、スペースを効率的に利用できます。固定棚だけでなく、移動ラックなどさまざまな保管設備があり、荷物の特性に合わせて選ぶ必要があります。

ラックや棚は、小さな商品の保管に適しています。中量・軽量棚や多段ラックは、さまざまなサイズの商品を効率的に保管するのに役立ちます。また、移動棚を使うと、通路のスペースを節約し、商品を効率的に配置できます。

季節や需要の変動に対応するために、設備のレンタルも有効です。これにより、必要に応じて保管スペースを柔軟に拡張または縮小できます。適切な保管設備を選ぶことで、倉庫のスペース利用率が向上し、作業効率が大きく改善されます。効率的な保管設備の選択は、倉庫運営において重要な戦略の一つです。


倉庫の効率化8.適切なピッキング手法を選ぶ

従業員が倉庫内の商品をチェック



倉庫作業の中で、ピッキングは効率に大きく影響を与える重要な作業です。ピッキングには二つの主要な方法、オーダーピッキングとトータルピッキングがあります。

オーダーピッキングは、オーダーごとに商品を取り出す方法です。この方法は、商品の種類が多い場合に適しています。オーダーピッキングでは、ピッキング後に直接出荷が可能となり、手間を削減できます。

一方で、トータルピッキングは、複数のオーダーを一括で取り出す方法です。この方法は、商品の種類が少なく、出荷先が多い場合に有効です。作業動線を短縮できる一方で、出荷時の仕分け作業が増加することがあります。

どちらのピッキング手法を採用するかは、商品の種類、出荷先の数、運用状況によって異なります。自社に合った方法を選ぶことで、ピッキングの効率を高め、全体的な倉庫の生産性を向上させることができます。適切なピッキング手法を選ぶことは、倉庫作業の効率化において重要な戦略の一つです。



倉庫の効率化9.十分な作業スタッフを確保する

物流倉庫で腕を組んで並んでいる倉庫作業員のグルー


倉庫作業の効率は、作業スタッフの確保に大きく依存しています。特に入出荷のタイミングで十分な人手がなければ、作業の速度に影響が出ます。また、配送業者との連携も欠かせません。物流業界では人手不足が問題とされており、適切なスタッフの確保が業務の効率に直結します。

十分な人数の作業スタッフを確保することは、倉庫の効率向上に不可欠です。多様な人材を確保し、良好な労働環境を提供することで、作業の効率を高めることができます。スタッフの確保とその維持は、倉庫運営における重要な要素であり、効率的な倉庫作業には欠かせない戦略です。



倉庫の効率化10.システムを導入する

スマート拡張現実、AR倉庫管理システム


倉庫作業の効率化には、適切なシステムの導入が欠かせません。特に「倉庫管理システム(WMS)」は、作業効率を大きく向上させるツールです。WMSでは、バーコード技術を活用し、情報を即時に取得し、人的ミスを減らすことが可能です。

また、在庫管理システムは倉庫内の在庫状況を迅速に把握するのに役立ちます。ハンディターミナルやバーコード技術の利用により、作業はより迅速かつ正確に行われます。これらの技術は、作業者の効率を高め、業務の品質を向上させる重要な要素です。

システムの導入は、作業の時短だけでなく、品質の向上にも大いに貢献します。これにより、倉庫作業全体の生産性が向上し、ビジネスの競争力を高めることができます。適切なシステムの選択と導入は、効率化と品質向上の鍵となる、倉庫運営の重要な戦略です。


倉庫の効率化11.マテハン機器を活用する

ハンドパレットトラックと貨物パレットで作業する従業員


マテハン機器は、物流や倉庫作業の効率を飛躍的に向上させる重要な機器です。代表的なものにフォークリフトやコンベアがあります。近年では、自動搬送ロボットのような先進的な技術も導入され、作業の自動化が進んでいます。


これらの機器は、特に手間や時間のかかる作業の省力化に大きな効果を発揮します。例えば、段ボールの組み立てや封入作業では、マテハン機器を使うことで作業効率が大幅に向上します。

しかし、中小企業にとっては、高価な機器の導入が難しい場合もあります。そのため、ローラーコンベアやハンドフォークのような比較的安価な機器が役立ちます。これら低コスト機器は、人の操作が必要でも、労力軽減の効果は大きく、特定の状況下では大型機器よりも適していることもあります。

マテハン機器の選択に際しては、扱う商品や業務内容を考慮することが重要です。適切な機器を選ぶことで、倉庫作業の効率を大きく向上させることができるのです。これらの機器の活用は、時間と労力の節約に貢献し、物流業務全体の生産性向上に繋がります。


倉庫の効率化12.外部リソースを活用する

握手するビジネスマン


倉庫の効率化には多方面からのアプローチが必要ですが、すべてを自社で行うのは難しい場合もあります。そんなときには、外部リソースの活用が有効です。例えば、物流のアウトソーシングが考えられます。これにより、入荷から出荷までの一部の業務、またはすべての業務を委託することが可能です。

外部リソースを利用することで、自社ですべてを行う場合に比べ、物流全体のコストを削減できることがあります。これにより、効率化だけでなくコスト削減も実現することができます。外部リソースの活用は、倉庫作業の効率化を進める上で、有効な選択肢の一つです。これにより、企業は自社のリソースをより効果的に活用し、物流の効率化を図ることができます。


まとめ

AIを活用した自動倉庫のイメージ


倉庫作業を効率化するには、多角的なアプローチが必要です。本記事で解説しただけでも整理整頓、業務標準化、ピッキング手法の選択、システム導入、マテハン機器の活用など多くの手法があります。自社で行えていない手法はないかを見直し、導入できる手法から取り入れていきましょう。

また、倉庫自体を変えることも効果的な手法の一つです。「テント倉庫」は、この新しい選択肢の一つとして注目されています。テント倉庫は、鉄骨を組み立ててシート膜を張った建築物で、低コストかつ短工期で建築が可能です。耐久性や耐候性に優れており、日中は照明が不要なほど明るいため、作業効率が向上します。

先進的なメーカーや物流業界では、多数の企業がテント倉庫を導入しています。効率的な倉庫作業を実現するための手段として、テント倉庫を検討してみてはいかがでしょうか。「テント倉庫」に興味を持たれた方は、ぜひ一度、創業100周年&国内シェアNo.1のメーカー「太陽工業株式会社」へお問合わせください。

テント倉庫・テントハウスの太陽工業株式会社【創業100周年】 (tentsouko.com)

倉庫建設の基本ガイド
2024年問題解決の糸口

倉庫建設時に知っておくべきこと
すべて詰め込みました。

こんな方におすすめ

  • 倉庫建設で何から着手すべきかわからない
  • 経済的に倉庫を建設したい
  • どの種類の倉庫を建設すればいいのか
  • とにかく、倉庫建設の基礎知識を付けたい
  • 2024年問題が気になるが、 何をすればよいかわからない

資料ダウンロードはこちら

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井