会社概要・沿革

TOP > 企業情報 > 会社概要・沿革

会社概要

社名

太陽工業株式会社

創業

1922年(能村テント商会)

設立

1947年10月2日

代表者

代表取締役社長 荒木秀文

本社所在地

【東京本社】〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-16
【大阪本社】〒532-0012 大阪府大阪市淀川区木川東4-8-4

資本金

25億7059万3千円

支店

名古屋、仙台、広島、福岡

営業所

千葉、さいたま、浜松、北九州、那覇

工場

大阪、京都、福井

研究所

技術研究所/大阪

お問い合わせ

広報部門 06-6306-3033
製品・地域別のお問い合わせはこちら

アクセスマップ

沿革

1922(大正11)年 能村テント商会として能村金茂が創業、その後、戦時下の企業整備法により廃業。
1946(昭和21)年 太陽工業株式会社を創立。
1947(昭和22)年 太陽工業株式会社を設立。
1955(昭和30)年 貸テント・室内装飾部門を分離独立、太陽テント株式会社を設立。
1964(昭和39)年 太陽工業・東京太陽・太陽化学の3社が合併、新太陽工業を設立。
1967(昭和42)年 米国駐在員事務所をニューヨークに設立。
1970(昭和45)年 大阪万博開催(大型膜面構造物の概念を変えた)。
1971(昭和46)年 米・ホルコム社の株式取得、本格対米進出開始。
1983(昭和58)年 本社事務所ビル完成。
1988(昭和63)年 東京ドーム完成(弊社にて屋根膜製造・現場取付け、元請は竹中工務店)。
1992(平成4)年 財団法人能村膜構造技術振興財団を設立。
米・バードエアー社の株式100%を取得。
1993(平成5)年 能村龍太郎、勲三等瑞宝章を受章。
1997(平成9)年 バードエアー社がドイツ大手のテントメーカー、ストロマイヤー・アンド・ワーグナー社の株式100%を取得。
2000(平成12)年 タイに太陽工業タイランド株式会社を設立。
2001(平成13)年 枚方工場、「ISO9002」品質システムの認証(審査登録)取得。
2002(平成14)年 瑞穂工場、「ISO9002」品質システムの認証(審査登録)取得。
中国、上海に「上海太陽工業膜結構有限公司」を設立。
2003(平成15)年 タイ国に「THAI TAIYO TENT CO.,LTD」を設立。
太陽工業がオーストラリアの「SHDE STRUCTURES BIRDAIR Pty.LTD」の株式を100%取得、「TAIYO MEMBRANE CORPORATION, INC」に社名変更。
米国に「TAIYO BIRDAIR CORPORATION」を設立。
2004(平成16)年 テント倉庫の設計・製造および施工で「ISO9001」品質システムの認証(審査登録)取得。
「TAIYO MEMBRANE CORPORATION, INC」がドバイに「TAIYO MEMBRANE CORPORATION-MIDDLE EAST LLC」を設立。
ドイツに「TAIYO EUROPE GmbH 」を設立。
2005(平成17)年 シンガポールに「INTERNATIONAL TAIYO TRADING PTE. LTD.」を設立。
2006(平成18)年 米国に「MakMax HD, LLC」を設立。
2008(平成20)年 株式会社太陽エネシスを設立。
2013(平成25)年 カンボジアに「Taiyo Kogyo (Cambodia) Co.,LTD. 」を設立。
インドネシアに「PT.Taiyo Kogyo Indonesia」を設立。
大阪日本万国博

大阪日本万国博

マッシュバルーン

東京ドーム

東京ドーム

上海国際サーキット場(中国)

上海国際サーキット場(中国)