ふわふわドーム

TOP > 建築分野 > ふわふわドーム

とんだり、跳ねたり、滑ったり。子どもに人気の膜状トランポリン。

ふわふわドームは、自然の中でのびのびと遊べる膜のトランポリン。1人でぴょんぴょん跳ねたり、みんなでかけっこや鬼ごっこをしたりと、子供が工夫しながら遊び、楽しみながら、体力・脚力を養えます。高い集客力で、全国各地の公園で人気の遊具です。
(日本公園施設業協会のSPマーク認定製品)

ふわふわドーム

ふわふわドームの基本構造

内膜(饅頭型)を配置した上から外膜を覆い、送風機から地中配管を通して内膜に空気を送ることで、地中で布基盤に固定されたドーム全体を膨らませています。送風機は常に送風し、上に人が乗って荷重が加わると排気口から排気され、ドーム内圧を一定に保つ構造になっています。

バリアフリー&セイフティ

ふわふわドーム本体

以下の項目において、社内基準の設定を行っています。

  • 高さと安全勾配バランス
  • ウレタン緩衝剤の広い範囲での敷設と、周辺安全領域の確保
  • 安全ネットの敷設
  • 内圧設定の指導による反発力の管理
  • 理想内圧設定、配管経路、基礎ボリュームまで連動した膜構造計算に基づく設計など

付帯設備・環境整備

以下の設備の設置を推奨しています。

  • 子供が親しみやすく、分かりやすいサイン
  • 保護者の居場所確保(ベンチ・日除けなど)
  • アナウンスや、監視カメラなどによる危機状況の回避など
 
サインはふわふわドームの周辺に掲示。また、大人の目が届くようにベンチ・日除けを近くに配置することをおすすめします。 (一社)日本公園施設業協会

保証制度について

(一社)日本公園施設業協会の「団体賠償責任保険」に加入しています。

加入者:太陽工業株式会社
金額:対人= 3億円/1事故 対物 = 1000万円/1事故
免責:対人/対物共に5万円/1事故
種類:生産物賠償責任保険と請負業者賠償責任保険。または会社単独でも、一般工事組立保険・工事組立保険の他に、生産物賠償責任に加入しています。


 

事例

クリックで拡大

  • わくわくドーム

カタログダウンロード


(PDF形式:2.83MB)