膜屋根

TOP > 建築分野 > 膜屋根

軽くて柔らかい膜材が、明るく快適な空間を創ります。

軽量で柔軟な膜材が創る建築には、独自の意匠性、ライティングの美しさ、開放的な空間の心地よさ、耐震性の高さや、環境への優しさなど多くのメリットがあります。厚さわずか、1mm程度の建材ながら、40年を超える耐久性を兼ね備えスタジアムクラスの大型建築から、身近な日除けシェルターまで世界各地にランドマークを創っています。

膜屋根

特長

自由で美しいデザイン

光膜構造ならではの軽快で美しいフォルム。柱の少ない自由なプランを実現します。

透光性に優れる

日中は室内の明るさを保ち、照明コストを低減。また、夜間はライティングによる幻想的な空間を演出します。

工期が短縮できる

大面積の膜パネルを、最新の工法で一気に取り付けることが可能です。同様に撤去作業も容易に行えます。

コストダウンに貢献

自重が軽いため構造材も含めてコストダウンに貢献します。また、光触媒膜材は自浄作用により定期クリーニング費用削減や、室内の温度上昇を抑え夏場の冷蔵負担低減に貢献します。

大空間建築物が可能

自重が軽く柱が少ないため、大スパンの建築物にを安全に、経済的に建設できます。

地震に強い

屋根重量が軽いので建物への負担が少なく、また膜材自体に伸縮性があるため、地震による影響を受けにくい特長があります。

膜 膜 膜
<金属屋根>
膜

破損による落下・崩落が起きやすい
落下物による2次被害が起きやすい

 
膜
<膜構造>
膜

破断しても即落下には繋がりにくい
落下物による2次被害が起きにくい

実績

クリックで拡大