箱膜タイプ

TOP > 事業内容 > 事務所/店舗 > 箱膜タイプ

HAKO×MAK (箱膜)

FLEX HOUSE HYBRID SYSTEM

建物を巨大なキャンバスに見立て、自由自在に表現する魅力!そして可能性。
HAKO×MAK(箱膜)は、システム建築の機能的な空間(ハコ)を、色彩豊かな「印刷膜材」でラッピングする新しい発想の工法です。アイキャッチ効果を活かした宣伝広告機能から、地域との調和を追求した景観統一まで、個々の目的を「膜」を通じてかたちにします。

 

Concept 1

もっと新しい表現を

Concept 2

着せ替えできる建物

Concept 3

Lighter  Quicker    Cheaper




HAKO×MAK (箱膜)のメリット

グラフィックの感性を建築スケールに展開します

高耐候で色彩の再現性にも優れた特殊印刷技術によって、多彩なデザインイメージを再現。 唯一無二な建築を可能にします。

定期的な「イメージ刷新」が手軽に行えます

膜材の交換のみで外装デザインを変更でき、施設イメージの刷新を図る上で大きな役割を果たします。

機能のHAKOと意匠のMAKの融合で効果を最大化

「システム建築」の機能に「膜」の意匠を掛け合わせる事で、施工性や安全性にも優れた建築空間を実現。これにより、お客様へのローコスト提案も可能となります。
※システム建築は㈱内藤ハウス製です。

 導入イメージ
事例画像
事例画像
事例画像
事例画像
事例画像
>>皆様からのご要望をお待ちしております。
 

太陽工業オンライン展示会