MakMaxプラス

「テント倉庫」でも対応ができる危険物保管、実績豊富なプロのサポート力│某石油製品製造企業様・導入インタビュー

【目次】
1.石油製品製造N社 生産管理部
2.課題
– 危険物を保管するための倉庫。低コストで新設するための知見がなく…
– 課題のポイント
3.解決
– 解決のポイント
– 法律・条例にのっとった「テント倉庫」 行政とのやり取りまでワンストップサポート

石油製品製造N社 生産管理部

取り扱い製品の増加に伴い、危険物の保管場所確保が急務に

近年、多様化する顧客のニーズを受けて、多品種小ロット生産への対応が求められるようになった。その影響を受けて、N社では取り扱い製品が増加し、保管する原材料が増えたため、保管場所の蓄積が急がれた。なかでも石油類などは危険物に分類されるため、消防法で定められた方法で保管することが必要だった。

課題

危険物を保管するための倉庫。低コストで新設するための知見がなく…

石油製品の製造を手掛けるN社では、原材料として第三石油類、第四石油類に分類される資材を取り扱っていました。今後もさらに取り扱う製品が増加する傾向にあったため、保管場所の確保が急務でした。

ただ、第三石油類及び第四石油類は、消防法で第四類の危険物に定められており、企業はそれらを危険物倉庫に保管する義務があります。消防法にのっとって、これまでと同様に危険物倉庫を新たに建設するには、時間とコストがかかることが想定されました。

倉庫建設のミッションを負った生産管理部のA氏は。この難題に頭を抱えていました。
「多品種小ロット生産への移行は避けられないため、私たちは倉庫建設のコストを抑えたうえで、早急に危険物の保管場所を確保しなければなりませんでした」(A氏)

生産管理部のメンバーは、新たな手段を模索しはじめます。しかし、危険物倉庫は消防法だけではなく、各自治体が定める条例によってさらに細かい要件が指定されているものです。ところがN社には、それに対応できるだけの知見がありませんでした。

苦肉の策として、外部の危険物倉庫の利用も検討しましたが、他社との争奪戦が激しく、どの倉庫業者に相談しても、空きがない状態でした。

やがて本社から、原材料の保管場所確保を急いでほしいという催促が何度も寄せられるようになります。生産管理部では解決法が見つからず、メンバーは途方に暮れるばかりでした。

課題のポイント

  1. 危険物第四類に定められている第三石油類、第四石油類を保管する場所の確保が必要だった
  2. 消防法にのっとって危険物倉庫を新たに建設するには、時間とコストがかかる
  3. 法律や各自治体の条例に対応するための知見がなかった

解決

解決のポイント

  1. 危険物の保管物や数量によっては、テント倉庫での保管でも法的な要件をクリアできる
  2. テント倉庫は構造がシンプルなため、低コスト・短工期で施工できる
  3. 行政や消防署との交渉の経験をもとに、信頼性の高いサポートが可能

法律・条例にのっとった「テント倉庫」 行政とのやり取りまでワンストップサポート

生産管理部のメンバーは、引き続き情報収集を続けました。そんな時一人のメンバーがWeb検索で「テント倉庫」を危険物倉庫として利用している事例を見つけます。興味を持ったA氏は、早速販売元の太陽工業に問い合わせることにしました。

太陽工業で開発していたのは、膜構造を用いたフレックスシステムでした。それを利用した「テント倉庫」は、構造が非常にシンプルなため、低コスト・短工期で施工できるのが特徴です。

「私たちは当初、危険物の保管は堅牢な耐火建築でないと厳しいと考えていました。しかし太陽工業の担当者から話を聞くと、保管物や数量によっては、テント倉庫でも法的なハードルをクリアできることがわかったのです」(A氏)

生産管理部は、太陽工業の担当者に具体的に相談を持ち掛けます。担当者からは現在、N社が保有している危険物として保管が必要な中身を、改めて仕分けすることを勧められました。

早速、N社内で保管している危険物について詳しく調査したところ、太陽工業の「テント倉庫」でも保管できる種類の危険物が複数見つかりました。
「テント倉庫でこと足りるなら、高い費用をかけて今までと同じ危険物倉庫を建設する必要がなくなります。実際にコストを試算してみたところ、従来と同時の危険物倉庫を建設する費用と比べ、大幅なコストカットができることがわかりました」(A氏)

太陽工業の「テント倉庫」はすでに危険物倉庫としての導入数も多く、行政に対する実績も豊富でした。N社には知見がなかった消防署とのやり取りも、ワンストップでサポートしてもらえるとのことでした。
N社は早速、危険物倉庫として利用するための「テント倉庫」の建設に着手することにします。現在、太陽工業からのサポートを受けながら、危険物の保管場所の確保を進めています。

危険物倉庫実績
実績:日本特殊コーティング 様

製品概要
>>テント倉庫

太陽工業株式会社へのお問い合わせは
>>テント倉庫に関するお問い合わせ

テント倉庫への
お問い合わせはこちら

倉庫建設時に知っておくべきこと
すべて詰め込みました。

2024年問題解決の糸口

こんな方におすすめ
倉庫建設で何から着手すべきかわからない
・経済的に倉庫を建設したい
・どの種類の倉庫を建設すればいいのか
・とにかく、倉庫建設の基礎知識を付けたい
・2024年問題が気になるが、 何をすればよいかわからない

資料ダウンロードはこちらから

  • TOP>
  • MakMaxプラス>
  • 「テント倉庫」でも対応ができる危険物保管、実績豊富なプロのサポート力│某石油製品製造企業様・導入インタビュー