TOP > MakMaxプラス > コンテナーバッグ > 事故軽減!手荷役作業を省力化し事故を減らす方法とは?
コンテナーバッグ
2021/09/24

事故軽減!手荷役作業を省力化し事故を減らす方法とは?

高谷裕美
MakMaxプラス

日本国内の物流は様々な課題を抱えています。その中でも「物流の2024年問題」と呼ばれているのは、2024年4月1日以降、働き方改革関連法によって、ドライバーの人々の労働時間にも制限がかかることが注目されています。その中でも注目されているのは、荷役作業です。従来ドライバーの方が行っていた手荷役作業を荷主側で実施することが世の中的に求められてきています。

この記事では荷役作業の安全面と、荷役作業を削減する方法をご紹介します。

 

ドライバーの拘束時間を長くしている荷役作業

物流の不効率と重労働を生んでいる主な原因は「荷役作業」です。 荷役作業とは物流の過程における荷の取り扱い作業の全般を指します。トラックからの荷物を降ろすことに始まり、出庫するまでの一連の業務が荷役作業です。

国土交通省が2015年に公表したデータによると、トラックドライバーの1運行(手持ちがある場合)あたりの平均拘束時間は約13.5時間であり、そのうち約33%に当たるおよそ4.5時間は「手持ち」、「荷役作業」が占めています。

(出所:国土交通省「トラック輸送状況の実態調査結果(全体版)」

 

荷役作業は死傷災害が多く安全の確保が急務

荷役作業は拘束時間が長かったり、重労働だったりするだけが課題ではありません。 きわめて事故が多い、非常に危険な作業でもあるのです。 陸上貨物運送事業労働災害防止協会の発表によると、全産業における死亡災害・死傷病災害のうち、実に13%超が陸上貨物運送事業において発生しています。 そして厚生労働省によれば、陸上貨物運送事業の労働災害のうち約70%が荷役作業の際に発生しているのです。

(出所:陸上貨物運送事業労働災害防止協会「令和3年における労働災害発生状況(速報)」

(出所:厚生労働省「荷役作業安全ガイドラインの解説」

また最近では、バラ貨物をコンテナに出し入れする作業は「密」になるとして、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からも荷役作業は危険であるとされています。

荷役作業を省力化する方法とは‐荷役効率化マテハン「スリットコンテナ」

荷役作業を省力化し、ドライバーの安全を守る新しいマテハンが「スリットコンテナ」です。

スリットコンテナは膜素材で作られたコンテナーバッグで、フォークリフトによる荷物の移動や積み降ろしをパレットを用いずに行える荷役作業効率化マテハンです。特許出願中の特殊仕様により中の荷に触れることなく移動・保管・積み替えが行えて、さらに使用後はコンパクトに折り畳んですぐに回収できます。

パレットなしで積卸を可能にする荷役効率化マテハン「スリットコンテナ」

詳しいご案内は以下より差し上げます。お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

スリットコンテナに関するお問合せ

物流事業統括本部
〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-33-16

〒532-0012
大阪市淀川区木川東4-8-4

お電話でのお問合せ
東京:03-3714-3133
大阪:06-6306-3084

Webでのお問合せ
コンテナバッグ・車内環境改善|太陽工業株式会社-太陽工業グループ (taiyokogyo.co.jp)

関連記事

2021/01/14

見て体感!AR機能も搭載のECサイトが誕生

作成者 :
高谷裕美

コロナ禍でも必要な「防災・減災・感染症対策」製品をオンラインで理解~商談~購入までサポート 2021年1月14日 <報道用資料> 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物)や各種災害対応製品などを扱う太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、コロナ禍でも緊急性や社会ニーズの高い「防災・減災・感染症対策」製品を取り揃え、AR(拡張現実)やオ...


もっと読む
2020/09/04

土嚢の中身は砂20kg!?素人でもできる土嚢の正しい作り方・積み方

作成者 :
高谷裕美

日本は、三日に一度雨が降る多雨の国です。台風もあります。 最近ではゲリラ豪雨が頻発し、いつどこで浸水などの水害が発生するかわかりません。 浸水対策は他人事ではなく、あなたも一定の知識を持って備える必要があります。 一般的な浸水対策としてまず思い浮かぶのが、「土嚢」を使った止水でしょう。 ニュース映像などでもよく見かける土嚢ですが、あなたは土嚢についてどれくらい知っているでしょうか?緊急時に、十分な...


もっと読む
2020/04/28

避難所や病院でのスペース対策!屋内の空間を区切り、安心・安全を実現する「屋内制御マク」

作成者 :
ミライ工事

新型コロナウイルスなどの感染症に対応するため、動線分離する「エアーテント」の設置や、それに陰圧設備を付与した陰圧テントの設置など、病棟外に簡単に素早く設置できる様々なテントが注目されています。 一方で、今後、経済活動を再開していくにあたり、医療施設に加えて、 工場など大きな空間内を、より簡単に仕切ることによって 働く人の安全・安心を守る場を確保することも重要です。 そこで活用いただきたいのが、空間...


もっと読む
2019/12/04

法面保護工の種類と新しい手法│重機・専門技能不要の低コスト工法とは

作成者 :
高谷裕美

「法面」とは切土または盛土によってつくられた人工的傾斜面のことです。山がちで雨の多い日本において常に不安定かつ脆弱性を持ちます。 法面は崩壊リスクと隣り合わせで、その表面の浸食や、崩壊を抑止するために法面の保護工事や補強工事が必要です。しかし、その工法はそれぞれ一長一短があります。 今回はさまざまな法面保護工事の施工方法と、新しい解決策についてご紹介します。 【目次】 1 法面保護工とは 2 法面...


もっと読む
2019/08/09

和室天井を含む様々な天井構造の仕組・種類の紹介と耐震性の考え方

作成者 :
高谷裕美

「天井」について深く考える機会はあまりないかと思いますが、その奥は深く、様々な構造や機能などがあります。 特定天井、耐震天井、吊り天井、直天井───湿度・温度調整、防音、明るさの確保、ホコリの落下防止───。天井の構造について全体を理解し、安全で機能的な天井を実現できるよう、必要な知識を簡潔にまとめました。 【目次】 1 おもな天井の構造:直天井と吊り天井 2 天井構造の種類 3 気を付けたい耐震...


もっと読む
カテゴリ :
天井
タグ :
人気のある記事 膜天井