剛壁面盛土補強土壁工法 「RRR-B工法」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 湾岸・河川 > 汚濁防止膜 「シルトプロテクター」

ジオテキスタイルと剛な鉛直壁面を用いて、鉄道や道路盛土を構築する工法。

面状補強材(ジオテキスタイル)を用いて構築された補強盛土の前面に、ジオテキスタイルと一体化する剛な壁面(RC壁面)を構築することで、盛土のり面を鉛直、または急勾配に構築する補強盛土工法です。一体壁面工を併用することにより、盛土の安定性を高めることが可能となります。

剛壁面盛土補強土壁工法
「RRR-B工法」

特長

高い信頼性
優れた安全性

盛土拘束力が高く、完成後の変形が少ない。

施工性・経済性

短い敷設長で充分な安定性が図れまれます。

幅広い盛土材の適用

建設残土など幅広い盛土材料が適用可能です。

主な部材・施工手順

面状補強材「KJV」

形状・寸法
1巻き 2.0m(W)×50.0m(L)

剛壁面盛土補強土壁工法
「RRR-B工法」

溶接金網

壁面工構築までの仮抑えとして使用。

剛壁面盛土補強土壁工法
「RRR-B工法」

こぼれ出し防止シート

形状・寸法
1巻き 0.5m(W)×100.0m(L)
仮抑え部の砕石がこぼれ出さないようにするシート。

剛壁面盛土補強土壁工法
「RRR-B工法」

事例

用途

鉄道・道路・造成盛土

関連リンク

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。