仮設防護柵工 「MWG工法」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 道路・鉄道 > 仮設防護柵工 「MWG工法」

連続箱型鋼製枠(メッシュウォール)に土砂を充填し仮設落石防護柵の基礎とする工法で、路面への根入れ(杭打ち)を行わずに、工事中の落石対策を行うことを可能にします。

> WEBカタログを見る

仮設防護柵工
「MWG工法」

従来工法との違い

支柱の根入れ(杭打ち)が不要なため、地下埋設物の検査も不要となります。 騒音や振動も少なく、周辺環境へ配慮という観点からも優れた工法です。 また、道路を傷つけないため路面復旧が不要です。

仮設防護柵工
「MWG工法」

施工手順

STEP1 ベースプレート設置


支柱を立て込むためベースプレートを設置し、ベースプレート同士を連結プレートで接続します。

仮設防護柵工
「MWG工法」

STEP2 メッシュウォール設置


ベースプレート上にメッシュウォールを展開します。メッシュウォールは重さ約60㎏/基のため3,4人でスムーズに小運搬・展開・設置が出来ます。

仮設防護柵工
「MWG工法」

STEP3 支柱建込


ベースプレートに支柱を建て込み、ボルトナットで固定します。

仮設防護柵工
「MWG工法」

STEP4 中詰材の充填


メッシュウォール内に中詰材を充填します。中詰材には現場発生土・残土が利用できます。

仮設防護柵工
「MWG工法」

STEP5 横矢板の設置


支柱同士を横繋材で接続し、支柱に横矢板を設置し完成です。

仮設防護柵工
「MWG工法」

種類・規格

種類 高さ(m) 幅(m) セル数 全長(m) 重量(kg) 適用
T-1.6 1.0 1.6 5.0 5.0 67H=5.0m用
T-1.3 1.0 1.3 5.0 5.062 H=4.0m用
T-1.0 1.0 1.0 5.0 5.057 H=3.0m用


クリックで拡大

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。