「クライムタコム」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 道路・鉄道 > 剛壁面盛土補強土壁工法 「RRR-B工法」

ため池の安全対策に、脱出用のロープまたは鎖や樹脂ネットを取り付けられる布製型枠 クライムタコム

法面保護とため池内に転落した際、脱出しやすい施設構造(ロープや鎖、樹脂ネット)を取付けることのできる布製型枠(クライムタコム)です。

「クライムタコム」

特長

特徴

1.クライムタコムは、必要な位置に脱出用ロープが用意に取付けられます。
2.通常の布製型枠と同じ施工方法です。固定には後施工アンカーなどを取付ける必要はありません。
3.脱出用ロープを法面全面に渡り取付けることで、どこからでも脱出が可能になります。
4.脱出用ロープを鎖や樹脂製ネットにすることで、交換回数を減らすことが可能です。

「クライムタコム」

脱出用ロープ取付ピッチ

クライムタコム標準仕様は、縦ロープの脱出用ロープのみになります。横ロープは追加取付けする必要があります。

「クライムタコム」

主な部材・施工手順

その他
脱出用施設

鎖(チェーン)

「クライムタコム」

その他
脱出用施設

樹脂製ネット

「クライムタコム」

事例

規格寸法

項目 タイプ
CL-50H CL-100H CL-150H CL-200H
平均厚み(cm) 5 10 15 200
注入材料 モルタル モルタル モルタル コンクリート
注入量(m3) 6.0 12.0 18.0 22.9

用途

ため池法面保護工・調整池、貯水池法面保護工・河川護岸法面保護工・その他、法面保護工

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。