吸出し防止対策 「フィルターシートTSF」

TOP > 製品・サービスから探す > 土木資材 > 道路・鉄道 > 剛壁面盛土補強土壁工法 「RRR-B工法」

港湾、海岸、河川、埋立、道路、造成等の土木工事用の吸出し防止対策として幅広くご使用頂ける土木シート。

吸出し防止シートとして使用されるポリエステル繊維を交織させた土木シートです。引張強度は低強度から高強度まであり、フィルター機能を生かした分離効果が期待できます。

吸出し防止対策
「フィルターシートTSF」

特長

耐候性

ポリエステル繊維で耐候性に優れている。

柔軟性

柔軟性に富み地盤になじみやすい仕様です。

透水性

優れたフィルター機能を有しています。

高強度

ポリエステル糸を使用しているので、強度特性が良い。

主な部材・施工手順

荷重分散

軟弱地盤の表面に土木シートを敷設し、良質土砂の撒き出しを行う際、上載荷重をシートの引張力によって均等に分散します。地盤安定とトラフィカビリティの確保が同時図れます。(ハンモック効果)

吸出し防止対策
「フィルターシートTSF」

不同沈下防止

土木シートを敷設して、軟弱地盤と盛土の間にできる拘束層によって、上載荷重の拡がりや不同沈下が制約を受けます。また、ヘドロ等の側方流動も抑制できます。(押え盛土効果)

吸出し防止対策
「フィルターシートTSF」

分離

拘束層が造られた後、土砂などの盛土材料が軟弱地盤にめり込むのを防ぎます。

吸出し防止対策
「フィルターシートTSF」

事例

物性値

物性値

用途

港湾、海岸、河川、埋立、道路、造成など

製品に関するメールでのお問い合わせは、こちらまでご連絡願います。